04
2
4
6
9
11
16
18
20
22
25
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後どど

 今日は本当は辰巳短水路大会の日でしたが、辰巳国際水泳場は地震で可動式の床が壊れるなどで、今年いっぱい閉館になり、大会も中止。

 代わりに今日は、3時からスプリント練習会「どどんぱっ!」がありました。
 満員御礼。試合がなくなり、時間ができた人々が参集したのでしょうか。

 場所はいつもの東京体育館ではなく、日本橋小学校プール。
 学校プールといっても、立派な温水プールで、一般公開もされている。

 いつも、どどでは、変わったドリルのアップの後、水中筋トレ+水遊びタイムがあるけど、今日は、その時間帯にもっぱらターン練習。目が回るくらいたくさんやった。
 横の壁を使ってやれば、人数が多くても、全員が一斉に練習できる。壁を蹴っちゃうと、隣のコースに突入するので、壁に足がつくところまでを練習する。
 まずは、すばやいタッチターン。
 今日わかったコツ。
 膝を抱えて小さくなって、右から左に方向転換するとき(右手タッチの場合)、頭だけが先に行くのではなく、背骨に頭がまっすぐ乗っかっている状態で、体も一緒に右から左に振れます。メトロノームが右から左に振れる感じ(振り子の逆さバージョン)。背骨と頭がメトロノームの棒みたいにまっすぐになっていて、起き上がりこぼしみたいに、右から左に振れる。

 このとき、左手は、後ろにまっすぐ、体側に沿って伸ばしている。右手が戻ってきて合わさるときに、この左手は肘を曲げて、水を上にあおるようにします。
 視線は、壁に近づくとき(顔は水中)は壁を見ているけど、首が水面に出たときは、右手斜め奥の壁が見える感じ。
 水上を通す右手の軌道も、低く斜めにするといいかも(バッタ~バックのときは仰向けに出るので、右手は真上を通す)。

 試合ではタッチターンはバック~ブレを除けば、両手タッチでのターンです。
 両手タッチしたら、すぐさま、すばやく左手(利き手が右の場合)を肘から真っすぐ引いて、体が壁に対して斜めになった状態にする。体が真正面を向いていると、うまく方向転換できないし、それまで泳いで引きずってきた波がもろに背中にあたってしまう。

 次にクィックターンの練習。
 壁に足をつかず、まっすぐ回る練習(回転したあと床に足をついて立つ)。
 浮いた状態から、まっすぐ回り、脇を締めて、立つときに、手のひらが下向きに肩に乗っている(右手は右肩の上、左手は左肩の上)になるようにする。
 小さなビート板を手の下にあてがって、腕を後ろに伸ばした状態で、浮いて、回転して、立ち上がったときに、ビート板が肩に乗っかっている状態にする練習が有効。

 このビート板を使った練習の映像を大コーチのYouTube動画集から拾ってこようと思ったけど、コーチのお手本映像がなくて、誰か知らないけど、失敗したへたっぴぃ映像しかなかったので、代わりにまっすぐ回転して、仰向けに出てくるお手本映像を紹介します。今度コーチに言って、ちゃんとした映像をアップしてもらおう。

http://www.youtube.com/DAIBLAST?gl=JP&hl=ja#p/u/42/F3aVqAvs6vw

 この映像のように、まっすぐ回るのが基本。クロールからクロールのターンでは、体をひねって、壁についた足が平行に並ぶのではなく、右足が上、その下に左足がくるよう上下に足をついて、体が横を向いた状態で蹴って出て、蹴伸びで進みながら、スムーズにうつ伏せになります。

 私は、ビート板を使ったターンドリルはいっぱい練習したのでちょっと得意(コーチの動画集に入っている選手よりも上手にできるぞ、エヘン!)。
 大コーチにクィックターンを教わる以前、スクールでターンを習っただけのときは、回転するときに腕が外側に広がって、腕でバランスをとろうとするんだけど、腕が抵抗になって、回転がスムーズにいかなかったりした。
 大コーチにこのビート板を使った練習法を教わって、回転中に手が遊ばなくなった。腕を後ろに伸ばした状態で脇を締めて回り、肘を曲げて、肩の後ろに水を捨てるようにしてストリームラインを組めるようになった。

 なので、地元のプールでターンをしながら泳いでいると、「きれいなクィックターンですねぇ」なんて言われる。
 だども、実はへたっぴぃなの。
「すばやく足を壁につける」ってところができていまへん。何かが間違っている。

 今日も、ターンイン5mとターンアウト5mのタイムどりを何回もやったけど、私はターンインがめっさ遅い。今日は5.8とか5.7秒かかっていた。
 回ってから、足がつくまでに、自分の中で「うーーーーーん、とん」みたいな間があるの。これがたぶん、「うんっ、とん」にならないとダメなんだと思う。
 何が間違っているのか、どうすれば、すぐに足がつくのか、研究&練習しないと。
 今日は、ターンアウトは悪くなかった。ベストは2.7秒。3秒切れたのが2回。でも、3.2とかもあった。私はちんまいから、毎回安定して3秒切れるようになったら合格かな。ターンインはせめて5秒にしたい。

 このターンイン、ターンアウトのタイムどりでわかったこと。
 壁に足がついたら、タメをつくらず、そのまますぐに蹴る。ピョン、ピョン、ピョンと連続してジャンプをするときは、つま先が地面についたら、その勢いのまますぐ跳びますよね。そんな感じで、壁に足の指がついたら、そのまま蹴っちゃったほうが速い。私はここでも、いったん、タメをつくっちゃうんだけどね。



 そのあとは、12.5mから12.5mまでダッシュ。遅かったけど、先週よりちょいましだった。ターンアウトがよかったのかな。
 そのあと、フルアイテムダッシュ。今日のプールは一方の側が深くて、反対側が極端に浅い。浅い側から泳ぎだすと、スピードに乗れていいタイムが出ますよと、コーチがおっしゃっていたので、14秒台続出かな、と期待していたんだけど、3本とも15秒台。ラスト1本が一番よくて15秒1。「すばやく振り抜く」を意識して泳いだ。パドルをはめて、すばやく振り抜けるか心配だったけど、自分的にはいい感じだった。でも、タイムがいつもとあんまり変わらないから、どうなんだろう。



 ともかく、当分は、ターンインの改善、ストロークの大改造、二種類のバッタの習得、ブレの改善をテーマに、水中研究&練習をしよう!
 またしばらく、レッスンがないけど、来週見てもらうまでにちびっとは進歩しておかないとね! 
「おおっ!」って、コーチを驚かせたいんだけど、なかなか驚いてもらえない(=自分で思っているほど、進歩してない)でごんす。
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。