08
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッキーさんもだっちゅうの?

 クロールは「アイーンのち、だっちゅうの」の掻きを練習中。
 アイーンまでは、小指が下になっているので、だっちゅうのに入るときに、親指が下になるように手のひらを傾けてやって、脇をぴたっと締める。

 バタフライも同じじゃないかと思う。ビッキーさんの掻き終わりは、軽くだっちゅうのになっている(脇がぴたっと締まっている)。
 伸びて、目線を前に向けたら、力まずに、両手でアイーンをして、だっちゅうのをすればいいんじゃないかな(研究中)
 脇がぴたっと締まると、顔がいい塩梅に水上に出るので、それまで待っていて(自分から顔を上げずに)、呼吸できたときは、腕をラクに回せる。バタフライは「慌てず、力まず」が完全に身につけば、ビッキーさんになれる気がする。

 ブレストは、肘を固定して、腕を開いたら、今度は肘をすばやく動かして、手を合わせて戻すのがコツなんだと、思い出した。肘を固定して引っ掛けたら、肘から動かす。

 バックは、今日またプルブイをつけて、この間「誰スキ」でやったプッシュに合わせて対抗側のサイドキックってやつをやってみたけど、今日はあまりうまく行きませんでした。タイミングが合わなかったのかな。
 何本か今まで通りの小指入水で泳いでから、親指入水にしてみた。右は親指から入れていると思うけど、左はできているかどうか、わからない。
 でも、大コーチのおおせの通り、わたしには親指入水のほうがいいかもしれない。


 ところで、今日思ったんだけど、
 陸上でやるシャドウスイムの動きと、水に入って実際のスイムでやる動きが一致するには、時間がかかる。水中では、水の抵抗があるから、陸上のようにスムーズに動かせないってこともあるし、陸上で立った状態と、水中で寝た状態とでは、感覚が違う。
 わたしは、とくに空間認識がだめな人(方向音痴で、いつも通っている道でも違う方向から入ると、「ここはどこ?」状態になって迷子になる。立体を回転させたらどうなるか、というIQテストの問題が苦手。ボールと自分の位置関係をうまく把握できず、球技が苦手)。
 なので、陸上で立った姿勢のときと水中で寝た姿勢のときの自分の状態を感覚的に重ねることが、うまくできない。

 それでも、あきらめずに日々シャドウスイムをやっていると、水に入って泳いでいるときに、陸上での動きと水中での動きが体感的に一致することがある。「あっ、いつも陸上でやってる動きができた!」って。
 
 シャドウスイムはやったほうがいいと思う。効果が現れるには時間がかかるけど。
 なんにせよ時間がかかるだすよ、水泳は。
 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。