01
1
7
12
16
21
25
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざ上&バッタのプル研究

 今日の「めざ上」背泳ぎも、引き続き「伸び」を意識して練習した。

 大人のスイマーはたいがい、入水後、一伸びせずに、すぐ掻いていますね。私も今まで、入れてすぐ掻いていた。そうすると、左右のストロークタイミングが合わなくなる。
 やたら掻き数が多く、無駄掻き、無駄蹴りの多い、忙しない背泳ぎになる。

 伸びるけれど、体は深く傾けない(ストロークに伴って、自然に傾くだけ)。

 私が背泳ぎで、あまり傾きたくないと考えているのは、ワイドに浅く掻いたほうが楽に進むんじゃないかと思うから。
ローイングの動画はいろいろありますが、これは真上からのショットもあるので、ちょっと見てください。

 

 このイメージ。こんな掻き方で進んで行きたい。

 伸びができて(伸ばすのは腕だけじゃないです。お腹から、脇まで、お腹がひきちぎれるくらいに伸ばす)、キックを無駄に打たなくても、よく浮く姿勢がつくれたら、土台はできたということ。それができたら、左右のストロークを連動させる。

 腕で掻くのではなく(お腹で軸をキープして)、腰の回転を使って、オールが勝手についてくるような意識で掻く。
 立った姿勢でイヤイヤをすると、腕が勝手に振れる(でんでん太鼓のように)。それがだんだん大きな動きになって、背泳ぎになる。

 この間のパーソナルレッスンで、私は水中に立ってイヤイヤをして、前腕に引っ掛かった水を前に押しやる練習をした。前腕の力で押すのではなく、お腹で踏ん張って、腰の回転を使って、前腕が勝手についてくる感じで、水を押しやる(お腹の力を使って掻いている感じがする)。

 コーチによれば、バスケットボールで、シュートをするときに、
 まず体幹のバネを使って(膝を曲げて、お腹と腰を使って)、ボールを高く飛ばすこと。
 まずは十分な高さまで飛ばせないと話になりません。
 それができたら、次はゴールに入るよう、方向付けしてやる必要がある(手首を柔らかく、うまく使う)。
 背泳ぎの掻きもそれと同じ。まずはコアの力を使って、水をサァーッと飛ばす(押す)。
 それができたら、あとは、フィニッシュのときに、水のボールが真後ろに飛んでいくように、手首でコントロールして方向付けしてやる。


 今日、タイム取りで注意されたこと。
 右は伸びようとうすると(腰も回しているので)、傾きが深くなる。ワイドに遠くに伸びる意識で。
 左の掻きは◎ 
 右手は(脱力を意識していると)、指が曲がってしまう。注意されて、指を伸ばすように意識したら、今度は指が開いて、パーになっていると言われた。
 左の掻きだけで進んでいる感じだ。
 今日も25mのタイムはパッとせず。
 1本目、伸びて泳いだら29秒後半。2~4本目は50mの入りのつもりでダッシュしたけれど、24秒3 25秒3 25秒1

 掻きを意識すると、力んでしまって体がブレる。かといって、水圧をしっかり感じていないと、進まない。
 お腹と腰を使って(=左右の切り返しを使って)、コアから力を発揮する意識で、パドル(手)にしっかりと水をあて、左右が連動して回っていく泳ぎをめざして練習中。

 *中心線に入水しても、手のひらで水を押さえるようにして、手を深く下げて、そこからえぐるような感じで(腕相撲するように)肘を曲げてキャッチすれば(これは、大コーチ式ではなく、体の近くを掻くオーソドックスな背泳ぎのプルです)問題ないのですが、
 へたっぴぃは、得てして、中心線に入水すると、そこからすぐ掻いていしまうので、外側に向かって掻いてしまい、水を横に押しやることになって、体がブレる。この間の水中映像で、私は右手がそうなっていた。これは私だけではなく、多くの人にありがちな現象です。
 ならば、最初からワイドに、Yの字のイメージで入水し、そこから真っ直ぐ後ろに掻くと、ボート競技のオールのような軌道になって無駄がない。
 腕相撲するプルは難しい。背泳ぎは自分では手が見えないから、複雑な動きはうまくコントロールできまひぇん。

 大コーチも、以前は、私に「いったん沈めなさい」って教えておられました。でも、それは私には難度が高すぎた。
 
 新しい大コーチ式プルは、シンプルで、私にもできそうだ。まだ、右手があほだけど、右手がお利口さんになったら、タイムも良くなると思う。

 背泳ぎで、コアを使って掻くことが感覚的にわかってきたので、バタフライも、コアを使いたいと考えている。お腹を使いたい。伸びの姿勢だけでなく、掻くときにも。
 今日は、「めざ上」のあと、ランチ休憩をたっぷりとって、仲間と水泳談義をしてから、バタフライのプル研究をした。
 しっかりと伸びて、脇をぐうっと広げてから、息を吐きながら、お腹で引っ張ってきたい。
 お腹が緩みっぱなしのバタフライって、溺れているみたいで、カッコ悪い。
 お腹を使う意識をもつと、第二キックが自然に入ることに気づいた。
 でも、まだこれぞっ!ていう楽なプルがつかめていない。
 力んで強張りがちだった肩と肘を自然に動かすようにしたら、だいぶまともに掻けるようになってきたけど、腕が疲れる。なるべく浅めに掻くようにしているんだけど。
 少なくとも100mはもつ泳ぎにしたいので、いろいろ探ってみます。
 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。