03
1
5
9
11
12
15
24
29
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ研究開発室

 我が社の研究開発チームは目下、「脱・泳法違反泳ぎ」を目標に掲げ、バタフライ研究に取り組んでおります。

 今日、ダブルアームドリルをやって、確認してみましたが、軽くサーッと掻くと言っても、やはり胸の横あたりで、肘を立ててキャッチしていて、その瞬間は、ちょっとだけ踏ん張っています。そのあと、直線的にサーッと掻く(掻き終わりに手が水面にあるくらい浅く)
 この掻き方で、ぐぃーんと進む(腕力は使ってない)。
 しかも、前を向いていると、掻き終わりに、ぎりぎり口と鼻が水上に出ることがわかった。脚は伸ばしたままでキックは打っていないのに。プルだけで呼吸ができる(ブレーキはかからない)。
 呼吸でブレーキがかかるのは、体をもちあげようと、水を下に押さえるからで、掻き終わりのタイミングで口が水上に出るぶんには、ブレーキはほとんどかからないね。

 かずんこ研究員の発見
(1)キックだけでも呼吸はできるし、プルだけでも呼吸できる。
 じゃあ、なんも問題ないじゃん。
 ……と思うんだけど、これがスイムになると、どっかで力んじゃって、途中からへんなことになるのよね。

(2)肘を立てても、水が重くなったり、手が抜けなくなることはない。肘を曲げる角度も、楽な角度があるのかもですが、肘を曲げて、指先がプールの底を向いてれば、肘は立つでしょ? 意識的に肘を後ろに引かないかぎりね。
 肘を引かずに、ちゃんとキャッチしても、掻きの後半、手が浅い所を通れば、プルは重くない。クロールのプルと同じ感じ。クロールでは重心の切り返しを使って掻いている。バタフライでは何を使って掻いているのかよくわからん。けど、両腕同時に掻いても大変じゃないことがわかってきた。両腕で掻くと大変だって、思い込んでいただけみたいだ。

 ダブルアームドリルで確認したあと、片手、両手のスイムをやってみたけど、ちゃんとキャッチして掻いてもだいじょうぶなようでした(あのぅ、わたし、今までは、楽に掻こうとして、キャッチしないようにって考えてたの)。難しく考えないでも、クロールの両手同時型プルでいいんじゃないかな。

 今日は、仲間がいつもよりカッコよく泳いでいたので、何を意識しているのか聞いてみたら、第二キックにインパクトを置くように練習中とのこと。
 私も早速、第二キックをしっかり打って泳いでみた。短距離にはこっちがいい。よく進むし、リズムよく泳げる。
 今まで私は第一キックでしか進んでいない感じだったけど、今日は自分でも第二キックで進んでいる感覚があった。見てくれた仲間も、そう言ってました。

 かずんこ研究員、引き続き頑張らずに頑張ります。
 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。