06
4
6
8
10
21
23
25
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肘が先行/その2

 バタフライのプルは、昨日書いたように、
 第一キック後、下を向いて(顎は引かない)、犯人姿勢をとり(胸で滑っていき)ながら目線を上げ、
 肘を緩め、
 肘を引いて、脇を締め、
 脇が締まったら、ハの字に払って(第二キック&呼吸)、前に戻す。

 以上のお作法でよろしです。

 これは私がずっとやりたかったプル。前で力まず、脇を締めてフィニッシュをする掻き方をしたかった。
 しかし、できなかった。
 前で(掻き始めから)力んでしまう。
 肘をロックしてしまう。
 これが二大原因でした。

 脇が締まったところをストロークの起点とイメージすることにしました。
 フィニッシュから始まるイメージ。シャドウスイムもこれでやっています。

 なぜかと言うと、人間(少なくとも私は)、動作の初め(動きだすとき)に最も力を入れてしまうからです。

 掻き始めにぐっと力を入れるのではなく、投球動作のように、後半に向かって加ソクし、水のボールが手から離れる瞬間に最も加ソクする。(*なぜか、今私のブログは、はやいという文字が出なくなっております)

 これはどの泳法にも共通だと思いますが、頭でわかっていても、私には水泳でここが一番難しかった。
 肘引きはダメと教えられたことで、縛りがかかっていた面もある。
 これは「キャッチの瞬間をつくりましょう」ということなんですね。
 けれども、力がない人は、キャッチなしで、水を撫でてもいい。
 脇を締めてフィニッシュをすることのほうが大事です。

 私はこれまでクロールでも「脇を締めてフィニッシュ」できてなかった。
 クロールはそれでも泳げるから、そこが問題(一掻きの進みが悪い原因)だと気づかなかった。
 
 でも、バタフライは、そこができていないと、呼吸がやりづらい。前に飛び出せないから、重心が前に乗りにくい。

 平泳ぎも、掻き込みの瞬間は、肘をすばやく回す。平泳ぎで、肘がロックされていると、脇が締まらず、掻き込みができません。平泳ぎはそれでも呼吸できますが、重心は前に乗らない。

 クロールと背泳ぎでは、肘の動きが悪く、脇が締まらず、掻きの前半でぐっと力を入れて、後半が抜けてしまう掻き方でもそれなりに泳げるけど、平泳ぎとバタフライは、そういう掻き方では端的に不具合が出る。

 前はゆっくり、後ろはすばやく。ストロークの全体を通して、どこも力まない。加ソクするだけ。

 バタフライがまともに泳げるようになった暁には、クロールも背泳ぎも平泳ぎも今より一段階よくなっているはずです。

*フィニッシュで、肘が先行することは、選手の映像を見れば、はっきりわかります。
 肘が先に行き、前腕と手は遅れてついてきます。

 

 

 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。