07
2
4
7
8
9
14
16
23
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング

 今日は昼間プライベートレッスンを受けてきました。
 8月下旬からパラリンピックが始まるので、大コーチはいよいよ多忙になりますが、その間を縫って、今日と、来週、再来週、3週連続でレッスンを受ける予定。その代わり、その後は9月後半まで、まったくレッスンがなくなるので、3回のレッスンでちゃんと宿題をもらっておかねば。

 今日はまず一発目の大きな宿題をもらいました。
 それはタイミング。

 バタフライは最近、プルの修正が課題。
 なんで私は脇が締まらないまま戻してしまうのか。肘を落として、肘から引くようにしないと、ちょっとでも肘を張ったら、脇が締まらない。なんでなの? ううう、なんででしょうかぁ。

 てなことを話しながら、陸上でシャドウスイムをやったら、「そうじゃないですよ」と直され、

 こうですか? はい、じゃあ、それで泳いでみましょう。

 体幹を少し大袈裟なくらい意識して大きく動かした。伸びている間は背中を伸ばし、脇が締まって、フィニッシュするときに胸を張る。

 私は、バタフライの体幹の動きとプルの連動が、以前からどうもよくわからなかった。
 いつ肩甲骨の間を広げ、いつ肩甲骨を寄せるのか。その動きとプル、キックはどう連動するのか。

 犯人姿勢を意識すると、掻き始めに胸を張ることになるでしょ? そこから、脱力して、胸をすぼめてから掻くのかな?

 いずれにせよ、今日私がコーチに教えてもらったやり方は、腕が前にあるときは、肩甲骨の間を広げていて(背中を伸ばして、まるめている)、肩をぐーっと前に出した状態から、肩を下げながら引っ張ってきて、脇を締めてフィニッシュするときに、腰を入れて、一瞬胸を張る。

 これだと、腰を入れたときに、うまい具合に第二キックが入る。
 打つ意識ゼロなのに、すごくいい感じで第二キックが入っちゃうの(もちろん、ばらけたりしませぬよ)

 胸を張った瞬間に呼吸することになるので、猫背呼吸ではないです。
 抜いたらすぐ、肩を前に出しながら、胸をすぼめる感じ。

 胸を張るのは一瞬よ。胸を張った姿勢が長く続くとよろしくない。体が立っちゃう。
 
 私はこれまで胸を張るタイミングが早すぎたから、脇が締まらなかったのかも。
 
 まず肩を下げて、脇を締めてから、胸を張る。腕が体の後ろにまっすぐ伸びたときに胸を張る感じ。

 意識としては、抜き上げる直前に一瞬胸を張る(腰を入れる)ような感じかな。

 まだ、手のひらが力んでいるために、抜き上げ時に手がカップ型になる癖があって、フィニッシュがうまくできていませんが、体の動きはつかめたぞい。

 脇を締めてフィニッシュができる。
 腰を入れて、第二キックが自然と入る。
 以上、二つができたら、わたくしのバタフライはかんなり良い感じになると思う。

 レッスンのたびに、コーチには「バタフライは成長めざましい」と言われるの。(かずんこにしては)意外とうまくできているところもあるらしい。何かがカチッとはまれば、すごく良くなる感じがずっとしている。あと、もうちょっと。今日のレッスンは、大きなヒントになったと思います。

 次にクロール。

 これも、フィニッシュで足下にぽーんとボールが行かないのが悩み。
 足下へと流れる水流を感じない。掻きが外に流れている。

 掻きが外に流れるのは、体が早く開いてしまうから。おへそあたりから、ぽーんとボールをついて、払ってやるまで、腰を傾けないようにしていないと、力が外に逃げちゃう。

 これを修正する手段として、リカバリーの練習をしていた段階に戻って、
 リカバリー側の手が着水してから、リカバリー側に体重を乗せ返すようにする。

 体重の切り返しが早いから、腰が早く開いて、掻きが外に流れるざんすよ。
 切り返しのタイミング。これ、とても重要。

 着水した手が前に伸びるときに、掻いている側はフィニッシュ。
 このタイミングが合えば、ビューンと進む。
「僕がまともに練習するなら、ゆっくり泳いで、このタイミング合わせばっかりやりますよ。そしてその感覚のまま、ちょっとダッシュをする」と、コーチ。

 私もそうするわよ。

 フィニッシュでビューンと進む泳ぎにしたい。
 掻きが外に流れて、力ばっかり使って、DPSが短い泳ぎはイヤでござる。

 最後にちょっと背泳ぎを見てもらった。
 これも、腰を回すタイミングをもっと後ろにずらしたらどうかと提案されました。
 私は、腰を回す勢いを使って掻いているんだけど、掻き終わってから、腰を回すようにしたらどうかと。

 これ、以前にもコーチはおっしゃってた。一番推進力が出るときは、体がフラットなほうがいいんじゃないかと。
「粘り腰」って、前にも言われたのだった。
 難しいかもだけど、ちょっと意識してやってみようかと思います。


 いずれにせよ、水を上手に掻くには、手が固くなってちゃだめあるよ。手は柔らかく、しならないと。
 力で押すのではなく、流したい方向にうまく水を流すコツがある。
 押し続けているだけではだめで、最後に水門を開けるように、後ろについてきた水を通してやることも、その一つ。
 腕の力ではなく、腹筋を使うこと。
 決まりきったスカーリングではなく、プールに立って(お風呂でもいい)遊び感覚で、水流を誰かに当てたり、壁に当てたり、自分のお腹に当てたりとか、いろいろやってみるといいです。今日はコーチと水流当てっこを延々とやりました(傍から見たら、孝行息子がボケたお母さんと遊んであげている光景か)。
 わたすもコーチの名人芸をものにしたい。

 泳ぐばっかりが練習じゃないよん。

 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。