08
1
4
6
7
12
13
18
21
24
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人魚キック

 今日ね、腰を意識してフライを泳いでみたら、なんと、なんと、人魚キックがでけた!

 カンチョーのイメージで、第一キックで腰を上げてみたの。上体は犯人姿勢ではなく、平らに、前に滑っていくようにした(あっ、猫背になるのを忘れていた)
 明日は、入水時に猫背になったら、さらに良いかどうか試してみようっと。

 ともかく、カンチョーを意識したら、腰の使い方が何となくわかって、ウエストから下がなびくようなキックになっただすよ。
 
 腕回しもだいぶスムーズになってきた。
 といっても、15mずつの練習ですが。それ以上反復すると、へんな癖が出そうで。ちょっとずつ、反復回数を増やしていく作戦。

 腕回しは、ともすると、呼吸付きのときは早めに抜いてしまいがちなので、しっかりと脇を締めるように注意している。

 今日は、何掻きかだけど、ゆっくり掻いて、ゆっくり戻す、余裕のストロークもできた!

 これが、できるようになりたかったの。余裕がもてて、掻きの速さや力の入れ加減をコントロールできるようになりたかった。

 クロールと背泳ぎは、ゆぅーっくり泳げる。入水直前やてっぺんで動きをピタッと止めることもできる。
 こうなったらしめたもので、これから日々、泳ぎながら、気づいたことを少しずつ修正していけば、長い年月の間に、もっと上手に、もっと速く泳げるようになると思うのね。

 でも、バタフライは、ガッと掻いて、ぴゃっと戻すだけで、何一つコントロールできなかった。わたしの体は今、どないなことになっておるのか、足が沈んでおるようだ、頼りない、ああああああ、みたいな感じでした。

 タイムなんか、今はどうでもいいの。
 とにかく余裕とコントロールが欲しい。そこまで行けば、たくさん泳いで、工夫して、泳ぎを磨いて、やがてはとても上手な人になれるんだから。

 まだ、ちょこっと「できたかな」程度だけど、今日の余裕が完全に板についてくれば、私は強気で生きていけるよ。

 私の今の平泳ぎは昔風のアメンボ泳ぎかなと思ってたけど、肩はしっかり出ているから、完全に平べったいわけではなさそうだ。後ろから見たら、背中が水上に出ている模様。
 そんなにカッコ悪くないかもしれんよ、西郷どん。

 ま、かずんこがカッコいい平泳ぎを泳げるなんて言ったら、大コーチがお口あんぐりで、顎がはずれちゃうでしょうけど。

 以前はプルで「引っ掛けたらすぐ戻せ」と言われていたから、それをやろうとして苦戦していた。プルで全然進んでいない私を見かねた大コーチに「肘を後ろまで引いていい」と言われて、いきなり泳ぎやすくなった。

 噂によると、ソニは脇を開いたまま戻しているそうですが、
 私は今、しっかりと脇を締めています。上腕を体にぴたっとくっつけて手先を合わせている。
 私はこの形が好き。これだと落ち着いて掻いて、落ち着いて蹴れる。

 私の場合、平泳ぎは「慌てる乞食にもらいは少ない」なの。一回一回の掻き、蹴りを落ち着いてやったら、やっと(少し)進む。
 決して上手とか速いとかいうレベルではないけど、平泳ぎも、余裕をもって泳げるようになった。それがとてもとても(×1億)うれしい。

 バタフライも、せめてマイ平泳ぎくらい、余裕があるようになれば、毎日の練習もぐっと楽しくなるんだけど。

 でも、その日は遠くないよ。あと何カ月かかるかわかんないけど、余裕の兆しは見えてきた。

*今日は久しぶりに、試しに「どんぶらこ」バタフライも泳いでみた。ラクに泳げるけど、やっぱりあまりこの泳ぎ方は好きになれない。どんぶらこは、浮上して水面に出る直前に掻くので、掻くときにはすでに腰は沈んで、体が立っている。腕をまっすぐ下に引くような感じにすれば、ラクに回せます。
 私が採用するバタフライは、腰が高い位置にある状態で、掻き始めて、掻き終わりに腰が一番沈む感じ。腰の動きとストロークが連動しているかどうかは、実感としてはよくわからない。体の動きを使って掻けているのかも知れないけど、クロールみたいに、自分ではっきりそう感じるわけではないです。今のところはね。



 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。