09
4
5
9
12
15
17
18
19
28
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ補足

 Deeさんのコメントの返信に書いたこと、あとで考えたら、ちょっと言葉が足りなかったので、補足します。

 バタフライですが、いったん絞ってから、ハの字に抜くのはよろしです。
 つまり、大きく開いて、おへそまでもってきて、ハの字に抜く、キーホールプル、あるいは砂時計型プルはよいと思います。脇が締まればok。

 ペケなのは、掻き始めから、脇が開きっぱなしのまま、大きなハの字になるプル。これは、力が分散してしまって、体が飛び出しません。

 でも、どんぶらこフライ(深く潜って反動の大きな浮力を使うバタフライ)では、胸のあたりで抜き上げてもいいです。後ろまで掻く意識はいらない。むしろ邪魔。

 この部品にはこの部品が合う、というように、泳ぎ方によって、プルもいろいろです。
 大コーチが平泳ぎについておっしゃったように、重心移動の仕方によって、フィットするプルはいろいろ、ということです。

 それと、水泳では、このやり方はいいこと尽くめ、ということは皆無と言っていい。コーチがよく「バグが出てくる」とおっしゃるんですが、あるやり方には利点もあれば、必ず難点もついてまわる。なにしろ水が相手ですからネ。
 たとえば、平泳ぎで、深く掻けば進むけど、戻しで抵抗も大きくなる、というように。
 クロールのストレートアームリカバリーは、遠心力が働いて、肩甲骨が前に出て、体幹筋群を駆動しやすいメリットがあるけれど、軸ブレを起こしやすいデメリットもある。

 メリットには必ずデメリットがついてきます。そこが難しいところ。
 
 大コーチは、最初の頃、私に「体の外側の浅いところをまっすぐ掻くプル」を教えてくださいました。
 このプルは簡単で、誰でもすぐできるし、抜き上げが楽というメリットがある。手が引っ掛かって抜けましぇ〜んということにはならない。
 でも、問題がある。まっすぐ後ろまで掻いちゃえばいいんだけど、呼吸をしようとして、早く顔を上げ、胸を張ると、必ず脇が開きっぱなしのまま、ハの字に抜くことになります。これが、このプルの落とし穴。



 ともあれ、私は今、水面近くを縫うように泳ぎたいと思っています。
 それも家庭科の先生に怒られるような大きな縫い目で運針するバタフライをイメージしています。

 私はシンプルにまっすぐ掻くことしかできません。なので、キーホールや砂時計型プルは却下。
 キックは軽く打ちたい。なので、どんぶらこは却下。

 で、フラットな運針フライを選んだわけですが、
 運針フライは高度な技術が要求されると、コーチがおっしゃった。
 私が思うに、運針フライが難しい理由は二つある。

 第一に呼吸。
 前のほうで頭を上げ、胸を張って、腰を反ったら、絶対に後ろまで掻けません。呼吸のタイミングを我慢する必要がある。

 クロールでも、ストリームラインをキープしたまま、フィニッシュの加速を使って、ちょっと横を向いて息継ぎができている人は、プールを見渡しても、ほとんどいない。
 自己流の人は、ほとんどが水を押さえて頭を上げている。呼吸時に前に伸ばした手を残せない。

 ストリームライン姿勢で横を向く動作そのものは、難しくないです。陸上では誰でもすぐできる。
 なぜ泳いでいるときにできないか。頭を上げて呼吸したいという本能があるからです。
 この本能を克服するには、「腕を伸ばしたまま息ができる」ということを、体が覚えてくれないといけない。

 頭でわかっていてもダメ。体が覚えないと。
 体が覚えるには練習が必要です。

 クロールの息継ぎに練習が必要なように、バタフライの息継ぎも、練習が必要。
 前のほうで、腰を反って、頭を上げて息をしたくなる本能を克服しないと。

 これがフラットな運針バタフライの難しさの一つです。エラさえあれば、動作そのものはそんなに難しくない。

 そして、運針バタフライに必要なもう一つの技術は、骨盤が動くキックです。
 振り幅が狭くても、ムチのようにピシッとしなるキック。

 ほとんどの人が膝からキックを打っている。しなるキックを体得するには、これまた練習が必要です。

 私のキックは自分で採点すると45点、「いいときには、まあまあ合格のキックが打てる」という程度。

 惚れ惚れするようないいキックが打てたら、軽やかにリラックスして運針フライを泳いで、50m50秒を切れる。

 私はそこまで望めない。けど、練習すれば、まあまあ合格のキックがいつも打てるようになると思う。そうすれば、50m55秒くらいで泳げるポテンシャルはある。

 骨盤を動かすキックを体得するには、水面バサロが有効だと、私は考えています。
 水面バサロをやっているとき、プールサイドでコーチがよく「かずんこさん、お腹が動いていません、もっとお腹から動かして」とおっしゃる。コーチが見て、「おおっ、かすんこさん、水面バサロがうまくなったなぁ」と思われる頃には、私はリラックスしてスムーズに運針バタフライを泳げるようになっているはず。

 運針バタフライは、以上の二つの理由で高度と言えば、高度ですが、
 求められるのは運動能力ではない。

 練習です。

 わたしゃコツコツやります。
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。