12
1
2
4
10
13
17
20
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泳ぎ納め

 昨日書いたGo!ポイントですが、「今年最大の気づき」って書いたの、取り消し。

 たしかに、最大加速するのはブレでは掻き込み、バタではフィニッシュですけど、
 モーションが始動するのは、やっぱ掻き始めだわね。

 そりゃ、フリー、バックも同じなわけで。掻き始めからビュイーンと、少なくともリカバリーの中盤までは、一筆書き。動きが途切れることはにゃい。

 ただ、フリー、バックも、リリース直前に最大加速するように、
 ブレとバタも、アクセントは、掻き込みとフィニッシュにある。

 掻き始めにガッと力を入れるのが一番よろしくない。

 ブレストは、アウトスウィープで力を入れ、水の抵抗を受けると、よほど力がある人でない限り、掻き込みの加速ができなくなる。
 掻き始めから、掻き込みまで、一定の速さで、まあるく掻いても進むことは進みますが、それでは体は持ち上がらず、また、その掻き方で、体を持ち上げようとすると、胸にもろに水が当たります(大ブレーキ)。
 なので、私の場合、選択肢は二つ。(1)まあるく掻いて、顎を出して呼吸し、体を持ち上げずに泳ぐか、(2)掻き込みで加速して、体を持ち上げるか。
 わたす、とりあえず、(2)のほうがブレストっぽいし、見栄えもよいので、(2)をチョイスすることにしますん。それにより、右足が水面に出る問題も解決すると思うしね。
 掻き込みの加速ができたら、そのあと、リカバリーで抵抗を受けないようにしないとですが、
 まずは掻き込みの加速。そこだけ重点的に練習してみまする。

 バタフライは、掻き始めからリカバリーの中盤、あるいは前に戻すまで、一気にぐるんと回す意識でよいですが、掻き始めにガッて力を入れたら、いきなり抵抗を受けますからね。
 一気にサーッでも、一気にぐるんでもいいけど、力まないこと。
 投球動作みたいに、すぽーんと抜ける感じというか、ビューンというか……ムチ動作ね。
 リラックスして加速するざます。

 だから、やはり、浮上時にぐうっと伸びて(脇を伸ばす、肋骨を持ち上げる)から、フッと力を抜いて掻くことだね。

 それと、私の筋力では、バタフライは、とにかく、フィニッシュに入る前には、なるべく腕に水圧を受けたくない。大コーチに一番初めに習ったように、「手のひらを下に向け、水を撫でるようにして引いて来る」ってやり方が、わたしゃ、一番いいと思う。「それじゃ、水が掻けないじゃん」って、みんな言うんだけどね。私、長年、バタフライと格闘してきてですね、すごく思うんだけど、男性はどうか知らんし、女性でも力がある人はどうかわからんけど、わたしはですね、フィニッシュに入るまでは、なるべく水が手に引っ掛からないようにしたいの。
 手が体の前のほうにあるとき(脇が締まる前に)水の抵抗を受けちゃうと、ほんと、困るのよ。

 なので、私の場合、スプリント用にフラットに泳ぐときは、手が頭の上(後ろ)にある状態にして、掻いたほうがよい。水面ギリギリの浅いところを掻けるからね。力まず、まっすぐサーッと引いて、そのまんまの勢いで戻しちゃう。これが、一番スムーズにテンポが上がり、抵抗が少ないかずんこのスプリントバタフライ。体は終始、ほとんどまっすぐ伸びた状態で、水面に浮いています。私、来年これで半バタに出るつもり。

 でも、この泳ぎは力をあまり使わないと言っても、このテンポで100とか200が泳げる気はしない。
 100、200は、もっとまったりグライドしたい。わたしは、あまり深く潜る泳ぎはしっくり来ないんだけど、スプリント用のバッタよりも、若干顎を下げて、若干潜って、グライド時間を長くしたいです。そのときは、上に向かって浮上しながら、ただ、自然に肘を曲げて、ぐるんと回してやればよろし。力まなければ、何も問題なし。

 今日は新木場のBumbで泳ぎましたが、野村英司コーチが3コース貸切りでジュニアの練習会をやっていた。
 野村コーチが子どもたちに混じって、アップでバッタを25mずつ何本か泳ぐのと、飛び込んで半バタのタイムどりをやるのを見てたけど、
 当然ながら、アップのバッタと、レースペースのバッタは、まったく別ものでした。
 アップのときは、真ん中くらい(それより手前だったかも)まで、軽く潜水キックのあと、4掻き。
 ぐだぐだに力を抜いて、どぶーん、みたいな感じ。顎を出して、のんびり呼吸。
 飛び込んで泳いだときは、帰りの25mが11掻きか、そんくらいでした。テンポが全然違う。形も違う。体の上がる方向が違う。どぶーんのときは、やや斜め上だけど、ダッシュでは、ほぼまっすぐ前に飛びだす感じ。

 やっぱ、スプリントのバタフライと、楽に長く泳ぐバタフライは、完全に使い分けたほうがいいと思いました。自分の体感でも、野村さんの泳ぎを見てた感じでもネ。

 私、50mに向けては、ちょびっとだけど自信が出てきた。タイムはそんな速くないと思うけどね(1分は切れるくらい)。でも、タイムは置いといて、自分の納得のできる泳ぎができそうな気がしてきた。

 だけど、100、200は、まだまだ練習が必要だわ。
 泳ぎそのものは今ののんびり泳ぎで行けると思うけど、問題は途中で力み始めることで、そうならないようにするには、量を泳いで慣れるしかない。
 短い距離で、力まず、たくさん泳ぐ練習をしばらくは続けて、ちょびちょびずつ、練習距離を伸ばしていきたいです。
 


 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。