04
2
5
8
12
18
22
25
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざ上

 「めざ上」に出てきました。今日はクロールの最終回。
  今まで取り組んできたことのおさらい/総集編。
●姿勢(肋骨をもちあげる)
●お尻を締めて、振り幅の小さい、しなやかなキック(お尻が緩んだ状態でキックを打っても進まない。私の感覚では、お尻の筋肉を締める意識よりも、骨盤底をきゅっと締めると、お尻も締まる)
●上半身と下半身の動きが自然に噛み合うこと(プルとキックのタイミング合わせを意識するよりも、リズムをとることで、勝手に動きが噛み合うようにするほうが、やりやすい)
●掻きのメリハリ 掻きの加速(最初から最後まで同じ速さで水を押しても進まない。ビュンと加速してやる)。水をとらえる面の向き(寝かせちゃったら、進みません)。掻く方向(外側に払ったり、水をはね上げてしまっては進みまへん) 手のひらにしっかりと水圧を感じること。

 これらのポイントを意識して練習したあと、飛び込んでタイムどり。
 今日は手タッチで計測してもらった。
 1本目 骨盤底の締めを意識して 19秒5
「キックは入っているけど、もっと幅狭く打つように」とコーチ。
 2本目 小幅なキックに集中 19秒0
 惜しい! あとちょいで18秒台だすがな!!
 3本目 浮き上がりドルフィンキックなしで、バタ足のみ(1掻き目のリカバリーでちょっと水が引っ掛かった) 19秒2
 コーチは、やはり右手の入水後にほんの一瞬、動きが止まることが気になるようだった。
 4本目 右手が止まらないよう、スムーズに回す 19秒2だったかな?

 コーチ総評:「19秒前半でタイムが安定しているし、ていねいに泳げている。その泳ぎができていれば、あとはもうちょっとがむしゃらに泳げば、18秒台は出る」

 全体的に今日のフリーの泳ぎは(かずことしては)悪くないようでした。力んでいなかったからかな。

 もう1本、見てもらう時間があった。最後はクロールでなくてもいいと言われたので、バタフライのタイムをとってもらうことにしやした。
 私なりに少し飛ばしてみた。24秒6
 慣れていないので、タッチが合わず。「今のは、伸びてタッチしないと」
 最後の1掻きが余分ですた。
 前半はキックがばらけていて、コーチにあららぁーと思われたみたい。
「後半で足がそろったので安心しました。前半はあれはイップスですか?」

 少し飛ばそうと思って力んじゃったかな。てへっ。
 自分でも、途中からは落ち着いてスムーズに泳げた感じあり。今度は、最初から慌てずに行きましょう。

 6月コナミマスターズの長水路で半バタに出るつもり。
 そのとき、前半は(私なりに)ちょい飛ばして、25秒台で入ってみようと思っている。
 この前の日曜は、毎回呼吸してまったり泳いだ。そうしないと、もたない気がして……。
 でも、失敗してもいいから、次は前半、呼吸回数も減らして、ちょびっとだけテンポを上げてみたい。
 以前、練習で長水路で58秒台を出したときは、やはり前半25秒台で入っていた。
 近ごろ、試合では怖くてそれができずにいるけど、次回の長水路で試してみたい(私はバタフライでは、長水路のほうがリスキーなお試しができそうな気がする。短水路だと、帰ってこれるだろーかと不安になるけど、長水路は、途中でどうなろうと、とにかく泳ぎ続けるしかないからね。長水路で自信がついたら、短水路でもやってみたし)



 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。