05
1
4
15
26
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイ4泳法

 4泳法とも、自分のスタイルはできてきた。
 クロールは中心線を掻く泳ぎは、まだパーソナルでは見てもらっていませんが、「めざ上」のラストに200mの入りの泳ぎ(このときは、中心線上を掻いた。これが私のクロールの基本スタイル)を見てもらったら、○だったので、これでよし。

 短期的には、「呼吸時の腰の粘り」が課題で、秋の2フリでそれができたら合格だ。
 常に心掛けることは、ししゃも姿勢(骨盤底を締める)、体側をしっかり伸ばしたリカバリー、前で(キャッチで)力まない

 長期的には
(1)フィニッシュの手首の使い方がうまくなって、つま先に水流が流れるのを感じられるようになること。
(2)ダッシュではキックで腰を安定させてテンポを上げますが、このとき、呼吸を入れてもバランスが崩れないようになること。
 (2)は、大コーチも、最近まで呼吸後はバランスが崩れていたくらいなので、かなり難度が高いです。
 わたすが今の段階でできないからと言って、そう嘆くようなことではない(むしろ、呼吸が入るまでは、イメージ通りのダッシュができるようになったことが練習の成果でござる)

 このブログを始めた頃は、足首をゴムで固定して、クロールを泳ぐドリルで、たいへん難儀しておった。
 今でも、余裕のよっちゃんではないですが、だいぶ普通に泳げるようになった。ししゃも姿勢に気づいたことが大きい。

 背泳ぎは、体を傾けるべきか、フラットで行くかで、ずっと悩んできたけど、
 浅くワイドなプルが、シンプルでよい、と気づいて、必然的に体の傾きは抑えられた。
 この泳ぎ方は、テンポを上げやすいので、 ダッシュではめいっぱいテンポを上げたいです。テンコちゃんで1.45でも泳げるので、テンポを落とすことも可能。
 課題は、やはりフィニッシュで、水流をうまく後ろの壁に当てること。

 平泳ぎは、このブログを始めた当初は、プルもキックもちんぶんかんぷん、どーしてよいやら、まったくわからなかった。
 ダッシュができまへん(=伸びを入れないと、かえって遅くなる)という悩みは解決されていませんが、私なりの平泳ぎはできてきたので、これから試合にも(ビリになることは気にせず)どんどん出たいです。

 バタフライは、このブログを始めた頃は、自分の体がどうなっているかよくわかりません、体の状態をコントロールできまっしぇ〜ん状態でしたが、紆余曲折、苦心惨憺、暗中模索、試行錯誤の末、体を使って泳ぐ感覚がやっとわかってきますた。
 まだ不安ゼロではないけど、トンネルの向こうはもう見えてきた(試合ではまだイップスが出る可能性大。けど、気にしないで、どしどし出る)

 慣れてきたら、脇をぴたっと締めることが課題。
 ゆったり泳ぎで脇を締められるようになったら、短距離で飛ばすことも可能になる。

 テンポを上げて回すことは現状でもできますが、テンポを上げても、今いちスピードが出ないこと(せいぜい23、4秒)と、テンポを上げると呼吸が入れにくいことが悩みです。
 これは、脇を締めたプルができれば、二つとも解決すると思う。25m22、3秒台にもっていければ十分じゃないでしょうか(高望みはしません)

 4泳法とも、それぞれの課題のために、どんな練習をしたらよいかも、見えております。

 悩みつつも、着実に成長の手応えを感じる今日この頃のかずんこでした。



 
 
スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。