06
2
4
10
15
17
18
20
21
23
25
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿漏れ防止には水泳よ!

 わたし、いーち、にーいいとか、トーン、トンと書いておきながら、まだ自分では泳いでいる時、そういうふうにリズムをとることはできておりませぬ。

 ただ、「にー」で、脱力して膝を曲げることで、自然と手が下がり、「いい」で、おまたをキュッと締めることで、膝が伸びてキックが入り、腕は前に戻る——この一連の動作はできて、やっとこさ、バタフライ泳げるようになったよん!!

 みなさん、騙されたと思って、その場でやってみてね。
 立った姿勢で、肋骨をもちあげて、胸をぐうっとストレッチする感じで、バンザイして(腰は反らない。膝は伸ばしている)
 そこから、ふうっと脱力したら、腕は自然に下がって、膝が曲がるでしょ。
 肘が下がりきったあたりで、おまたをキュッと締めて、つま先立ちしてみて。その勢いのまま、手を上に戻して。

 この動作は、陸上だから、立った姿勢だからできるわけではないです。重力はとくに使ってない。骨格の構造上、自然な動きです。

 これね、そっくりそのまま、水中に浮かんだ状態でもできます。そしたら、バタフライが楽に泳げます。
 インディアンもかずんこも、ウソつかない。やってみるべしよ。

 キックはね、腰から打つわけでも、太腿から打つわけでも、足の甲で打つわけでもないよっ!!

(できればつま先をつけて)膝を曲げてから、おまたをキュッと締めると、キックが入るんよ。
 キックは、おまたで打つざんすっ!!

 わたしね、これに気づいてから、クロールとバックでも、フィニッシュに合わせて、おまたをキュッと締めているの。そうしたら、腹筋でフィニッシュができるし、フィニッシュとアクセントキックが自然と合うんじゃないかと思ってるの。合ってるかどうかわかんないけど、たいへん泳ぎやすい感じがしております。

 平泳ぎでは、肘を立ててから、肘と肘をちょっと寄せてやるときに、おまたキュッ! キックの蹴り終わり、またおまたキュッ!

 泳ぎは、おまたぢから(ひいては、腹ぢから)だけ使えばいいんじゃない? ポイントで、おまたキュッ! あとはリラックス。

 瞬間的なキュッだけで、リラックスして、リズミカルに動いていけばよいと思います。歩く/走ると同じ、反復移動動作だもん。ガッとか、ガーッとか、力を入れたら、おかしくないですか? 軽く瞬間的にアクセントを入れるだけでいいんちゃう?


 

スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。