08
3
5
6
7
9
12
14
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かずこの遺言

 人は弱い生き物で、一人では生きていけない。オオカミやチンパンジーのように、群れをつくって生きてきた。
 
 心理学ではよく知られていますが、集団をつくると、他の集団に偏見をもち、敵対的になる。

 また、村八分にされると生きていけないので、同じ集団の仲間に気に入られようとし、みんなに合わせ、みんなと同じように振る舞い、仲間に認められようとする。

 こうした心理はたぶん、本能的なものでしょう。

 ただ、本質に立ち返って考えれば、集団とは、弱い人間が助け合って生きていくための仕組みです。

 人間はみんな自分がいちばんかわいい。誰もがエゴイストです。子供を守る母親は、自分の子供だから守る。母性愛などと美化しても、結局は自分がかわいいんです。みんな自分と自分の身の周りのことしか考えていない。

 だけど、一人ひとりが勝手なことをしたら、全員が困る結果になる。
 だから、集団の中でルールをつくって、みんなが生きられるようにしてきた。
 魚を獲りすぎたら、魚がいなくなるから、これくらいでやめましょう、とか。飢饉のときは、少ない食料を分け合って、みんなで空腹に耐えようよ、と。
 そうしないと、殺し合いになったら、生き残った人も負傷して死ぬ確率が高い。だから、みんなでつらいときも一緒に耐えよう、病気の人がいたら、みんなで支えよう。
 そういうルールをつくって、生き延びてきた。
 頑健な人は、みんなのために働く。それができない人は、みんなで支える。
 それが、みんなが生きていくための最も賢い仕組み。

 集団そのものが大事なのではない。あなたであり、私であり、一人ひとりの人間が生きていくことが大事なんです。だから、集団のために、個人が犠牲になるのはおかしい。
 みんなのために頑張る、というレベル以上に、みんなのために身を削り、命を投げ出すということを、誰かに強いるのは、おかしい。
 その場合はたいがい、集団内の誰か、権力をもったメンバーが、弱い立場の人を犠牲にして、自分の身を守り、メリットを得ている。
 本当は、権力者が得をするだけなのに、「みんなのために犠牲になってくれ」と、神話をつくって、若い人をだます。そんな神話にだまされてはいけない。

 集団(社会)のルールを守ること、みんなが支え合い、助け合って生きていくこと、その能力(体力)があるならば、みんなのために貢献すること。
 これは、人間が生きていくために必要なことです。

 最も大切なのは、一人ひとりの命。一人ひとりが生きていくこと。つらいことも悲しいこともあるけど、喜びもある。その一人ひとりの生が大切。

 今まで地球上にどれだけの人間が生まれて死んでいったと思いますか。
 宮内勝典という作家が作品の中で、そう問うている。
 もちろん、膨大な数です。
 私は宮内さんのこの文章を読んで以来、ときどき、その膨大な数の生に思いを馳せるようになった。私もまた、そこに連なる一人となる。
 おそらく、大多数の人がむごたらしい死を迎えただろう。誰かに抱かれることもなく、微笑むことも知らず、暴力的な死を遂げた人たち、それこそ虫けらのように死んだ人たちがたくさんいた。

 そうやって人間は生きてきて、大量破壊兵器という悪夢のような技術までもってしまった。
 でも、右の頬を打たれたら、左の頬を差し出しなさいという教えや、仏陀の慈愛を語り継いできたのも人間です。美しい洞窟画を描き、美しい音楽も奏でてきた。

 私たちは大量殺戮兵器がある時代に生きている。核抑止力なる奇妙な論理までもちださなければいけないような時代に。

 私は、軍備を減らして、戦争を回避することにしか希望はないと思っている。
 人々が慈愛の心や理性を奮い起こすことにしか希望はない。

 ロボット兵器を使えば、当方の人的被害は最小にできるなどという、狂った論理で、軍備拡大に突き進む人たちがいる。たとえ、ハイテク戦争でも、破壊行為を行えば、傷つき苦しむ人がいることに、なぜ思い至らないのか。軍備拡大は途方もない資源の無駄遣いです。軍拡競争はキリがない。論理矛盾。すでにほころびている。ちょっと飛ばすのにものすごくお金がかかるステルス戦闘機など、愚の骨頂。あんなけったいなものを開発して、誰が得をするのか。

 原子力村がそうであったように、閉ざされた集団は、本質を見失う危険性がある。

 私たちの身のまわりでも、集団の仲間の顔色をうかがい、みんなに合わせる生き方は、不必要な不幸を招きます。
 支え合って生きていくことと、世間に合せることとは違う。
 みなで決めたルールを守り、助け合いには参加しても、世間の価値観に合せる必要はない。わが道を行けばよろしい。

 集団内では、ときに奇妙なものが流行ったり、奇妙な価値観が幅を利かせて、みんなそれに巻き込まれてしまう。集団心理というやつです。
 卒業式で猫も杓子も袴をはいたり、大学3年から学生が就活に奔走したりといった愚かで異常なこと。それをみんな異常と感じなくなる。
 昼ご飯を一人で食べると、友達がないみたいで、恥ずかしいとか、学校のトイレではウン○はできないとか。異常です。

 企業でも、会社人間になると、社内で無難に振る舞い、ミスをせず、そこそこの評価を得ることがすべてになり、顧客が喜ぶかどうか、ひいては社会に貢献できるかどうか、という視点はすっぽり抜け落ちてしまう。

 集団内にいると、集団内で幅を利かせている価値観がすべてとなり、「それ、おかしいんじゃないの」と疑うことを忘れてしまう。「自分が本当にやりたいことは何なのか」と問うことを忘れてしまう。

 そういう集団は怖いです。暴走しかねない。集団心理で目を眩まされると、人間は思ってもみないような残虐行為ですら、平気でやるようになる。
 しかも、人間はエゴイストだから、ものすごい残虐行為をやってしまっても、自分を正当化する。都合のいい理屈をもちだして、自分の罪を認めない。

 集団が暴走し始めたら、「それは違う」と声を上げること、「ちょっと待った」とブレーキをかけること。誰かがそうしないと、破滅に突き進む。それは歴史が証明している。
 一人ひとりの力は小さいけれど、ちゃんと物事を考える人が一人でも増えたら——有権者の六割、いや四割が、自分の頭で、自分のこととして日本の行く末を考えたら、そうそう大きな間違いをしないですむ。

 自分が骨の髄までエゴイストであること、集団内の価値観に無批判に巻き込まれると、みんなで大変な過ちをおかしてしまいがちなこと。自分の欲と愚かさ。それを自覚して、みんなで知恵を出し合って、助け合って生きていかなければ、希望はありません。



スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。