04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワタクシの名は

 みなしゃん
 わたすを「執念のバタフライ研究家」と呼んでくだされい。

 誰でもできるラクで優雅なかずんこ式バタフライ、もう一つ決定的なコツがわかって、完成いたしましたるっ。

 この間から、騒ぎまくっているように、
 入水後の第一キックで、股関節を折り、お尻を突き出したカンチョー姿勢になること。まず、これがすんごく大事ね。
 このとき、背中をまるめない。背中はまっすぐ(少し反り気味くらい)
 手を水面近くにキープすれば、犯人姿勢になるし、肩の柔軟性に合わせて、手を下げてもいい。
 ともかく、必ず体がへの字になる。
 そこから、脚が浮いてきて、体全体がまっすぐになり、腰が沈み、第二キックが入り、頭/肩が水面に出るわけですが、

 手が水面近くまで、浮上したら、手を後ろに引いて、上体を起こします。
 深めに潜った場合は、浮上するまでのんびりお休みしてね(切り返しを自然にして、勢いが死なないようにして、お休みするんよ)。犯人姿勢で、手を高い位置にキープした場合は、あまり間を置かずに掻けましゅ。

 で、今日の発見は、上体を起こすときの注意点

 手が水面近くまで来たら、肩の力を抜いて、まず、ラクに肘を引いてきて(力を入れない、軽く引いてくるだけ)
 肘を引き切ってから、
 つまり、脇が締まって、ハの字に抜く段階で初めて、胸を開いて、上体を起こすの(この瞬間に、腰がいちばん沈む)
 おわかりかな?

 繰り返すよ。
 掻き始めから、すぐに上体を起こす意識ではなく、
 掻きの中盤、
 脇が締まってから、胸を開いて顔を出すの!!

 陸上でシャドウスイムをするときは、股関節を折って、出っ尻で上体を前に倒し(背中をまるめないよ!!)、胸を開いて、腕を広めのバンザイにしたら、
 そこから、まず肘を引いて、脇を締めてから(ここまでは胸はすぼめ気味)、再び胸を開いて手をハの字に払い、上体を起こすの。

 このタイミングだと、体が立たずに、余裕で呼吸できるよ。

 これね、今日昼間、映像を見て、鏡の前でシャドウスイムして、じっくり考えて気づいたの。
 そして、さっきプールで試したら、思った通りだった。
 前腕が体側にくっつくくらい、脇を締めるといいよ。そうすると、じぇんじぇん力を使ってないのに、胸で水面を滑っていくような感じになります。
 胸で滑る感覚は、予想していなかったので、ビックラこいた。
 あらぁー、滑るわぁー、きゃーっ、すてきー!!

 このストロークは、数年前から大コーチに教わっていたものです。前腕を体側にぴたっとつけるようにして(汽車、汽車、しゅっぽ、しゅっぽ、みたいにして)から、ハの字に払えば、フィニッシュで(力を使わず)推進力を得られるって教わった。

 それがやっとできるようになったよ!! シーソーの重心移動&体の使い方(胸の開き/すぼめ)とマッチしたから、できるようになったんだね。

 落ち着いて、慌てずに、力まずに、肘を引いて、脇をしっかり締めるといいです。そこからハの字に払うと、イヤでも顔が出る。滑りながら呼吸できて、余裕のよっちゃん。

 これで、ゆったり、きれいにスムーズに泳ぐバタフライはでけたぞ。
 あとは、この泳ぎを体にしっかり覚え込ませることと、
 それと同時に、この泳ぎをベースに、テンポを上げ、パワーもうまく使って、スプリントの泳ぎをつくっていくこと。

 どの泳法もそうだけど、きれいにスムーズに、ラクに泳ぐことは、重心移動、体の使い方を研究して、練習することで、誰でもできる。

 わたす、グライドするクロールは目下、かなりいい感じでできあがっている。千葉マスの200M、暇な人は、見てね。後半はぐじゃぐじゃになるかもだけど、前半は、あらま、かずんこさんのクロール、素敵!って言っていただける自信ありこ。

 でも、ダッシュすると、キックが止まっちゃう癖とか、気になる問題がある。
 それがまた、これからの楽しみです。

 キリなく、次々課題が出てきてくれるので、ありがたいっす。
 死ぬまで、上達をめざしたい!!



スポンサーサイト

バタフライ研究家

お早うございます かずんこさん

上手く泳げたようで あめでとうございます

もうこれで終わりという事はありません 何時までも研究ですね

酸素が必要なくなるまで研究しましょう!!

Re: バタフライ研究家

rockyさん、ありがとうございます^^

脇を締めてから、ハの字に払うフィニッシュだけで進むプルは、だいぶ前から教わっていましたが、やっとできるようになりました!!

脇が締まるまで(肘を引ききるまで)は、上体が前に倒れたまま(体重が前にかかったまま)で、ハの字に払う段階で初めて、胸を開いて、飛び出すイメージをもつと、うまくできるんですね。

掻きの前半で顔を出そうとしてしまうと、足が深く沈み、膝が曲がり、大きな前面抵抗を受ける。
何掻きも反復しているうちに、足が沈んだりして、力むのは、顔上げのタイミングが早いせいだとわかりました。
脇が締まらず、体の前のほうで、大きなハの字に掻いて戻してしまうストロークでは、姿勢が不安定になり、体が立ちやすい。

脇を締めて、フィニッシュをちゃんと利かせられると、胸で水面を滑っていくような感じになって、体は寝ているのに、顔が水上に出ている時間が長くなり、余裕たっぷりで呼吸/リカバリーができます。

第一、腕力を使っている感じがまったくなく、力づくで泳いでいる感じはゼロです。それなのに、トビウオのように体が水上に出る!!

ずっとできなかったことが、できるようになって、とても嬉しいですが、クロールも背泳ぎも、どうにかイメージ通りの泳ぎができるようになったな、と思うと、また、次の課題が出てくるので、バタフライも、テンポを上げる練習を始めたら、またいろいろ悩みが出てきて、修正/調整が必要になると思います。

できたことは、体にしっかり染み込ませる/と同時に、さらなる進化を求めて、追求し続ける。
天国のプールでも、練習を続けるくらいの気持ちで、上達をめざしたいです^^

執念のバタフライ研究家様

へ~!ほ~!とぶつぶつ言いながら読みました(^◇^)

試してみたい!
けどしばらくプールに行けない・・・v-356
シャドースイムしながら、心の中に温めておこうっと。

惜しみない研究成果をどうもありがとう!

Re: 執念のバタフライ研究家様

kemoさん

わたしみたいなぽんぽこぴーのへぼこの書いていること、興味をもって読んでくださってありがとう!!

kemoさんの高速バタフライには、あまり役立たないと思うけど、
今度プールに行ったとき、お遊び感覚で、かずんこバタフライをちょっと試してみてください。

こんなんでも泳げるんだぁーという発見があると思う。

〈レシピ〉
股関節を折って、腰を上げて、グライドします。
ゆったり滑って、手先が水面近くに来るまで浮上したら、
前腕を水面と平行に滑らせるように、肘を引いてきて(ここまでは水をとらえない)、前腕が体側にくっつくぐらい脇が締まったら、肘から抜き上げる感じで、ハの字に水を払います。このとき胸を開きます。

脇が締まってから、胸を開いて、ハの字に払うところで、水がうまく掻けるし、第二キックも入るし、うまくすると、胸で水面を滑っていくような感じになって、すんごくラクに呼吸/リカバリーができます。

掻きの前半では、肩の力を抜き、リラックスして、前腕を水平に滑らすように肘を引いてくるのがコツ。
肘を引くという動作は、水泳ではやっちゃいけないと言われているので、最初は抵抗があって、なかなかできません。つい肘を立ててしまう。
でも、だまされたと思って、試しに、前腕で水を撫でるように、肘を引いて、肘を引いてからハの字ってやってみると、面白いように、ちゃーんと前に進みます。

これができたから、どうだってことはないけど、実験としてやってみると、面白いと思うし、慣れたら、いっくらでも泳げちゃう感じがする。見た目は、きれいな楽そうなバタフライになります。

わたしは、ラクに泳ぐために、掻きの前半では、わざと水をとらえないようにしているけど、速く泳ぐには、前でも水をとらえるほうがいいと思います。

ただ、掻きの前半、脇が締まるまでは、胸はすぼめ気味で、体重はしっかり前に掛かっている、ということは、速く泳ぐ場合も共通だと思う。その感覚をつかむドリルとして、わざと、前腕を水平に引いてきて、ハの字に払うところだけで推進力を生む、というかずんこ泳ぎをやってみるのもいいかも。

今度、プールに行ったら、試してみてね^^
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。