07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師匠の泳ぎ

 昨日のレッスンで、コーチと一緒に泳いでみて、やっぱコーチのクロールはいいなぁーと思った。ラクそうーにスィースィーと進む。その泳ぎは、コーチのレース用の泳ぎじゃないんですけど。お手本用泳ぎかな?

 とりあえず、わたすは、あのクロールをめざしておる。

 プールで1人で練習してると、「あーら、いい感じじゃん、いいじゃん、いいじゃん、近頃わたし、ちょっと上手になったかもぉ、ほーれ、このクロール、きれいでしょー」なんて思うんだけど、

 コーチの泳ぎを間近に見たら……

 雲泥の差でした、ハイ。
 
 顔洗って、出直しだ。


 競泳選手は、ベビーか幼児から始めて、10代後半か20代でピークを迎えるよね。

 わたすは50の手習いで始めて、80代90代で世界と勝負するレベルになろうと思っている。
 技術の上達と、体の発達があいまって成長していくちびっ子たちと違って、わたすは、これから体力は衰える一方でしょ。

 椎間板の耐用年数は40年だと言っている学者さんもいる(ホンマカイナ、トックニスギタヨ)
 心肺機能も、筋肉も骨も、腱や靭帯も、免疫力も、なにもかもが下り坂。

 でね、わたし、55歳区分までは、ベスト出そう、次の大会で出そう、だめだったけど、この次出そうって目の色変えてたけど、

 もう、それはやめたの。

 もしかしたら、半フリのちょびベストは、65歳区分で出るかもだし、バタフライは(今までの記録が記録だけに)たぶんまだベストは出るだろうし、平泳ぎと背泳ぎも出るかも。まだベストが出る可能性はないわけじゃない。

 でも、狙わないことにしたの。
 もしも、出たら、水泳の神様のご褒美と思って、ありがたくちょうだいするけど。

 それよりも、80代で、今のタイム+5秒くらいで泳げたらいい。そこをめざして、じっくりじっくり練習していこうと思うようになりました。

 だから、パワー系で、ガツガツ、がむしゃらに泳ぐことは考えず、ひたすら効率重視でいこうと思う。

 今のわたしが、10の力を使って1進んでいるところを、1の力で10進む技術が身についたら、80代で今と同じくらいのスピードを出せるでしょ。そこをめざそうと思うの。

 師匠と同じくらいクロールが上手になったら、80代90代で世界と勝負できる。
 免許皆伝は、そう簡単にはいかないよ。

 うちの師匠は、レースではパワー系ですが、わたしらにお手本見せるときは、ほんと力抜いて、らくーに泳ぎはるんよ。
 そうか、これだよね、と思った。身近にお手本があるじゃん。これをめざせばいいんだ、と。
 コーチの泳ぎをわたし流にアレンジすればいいのよね。

 大コーチ式脱力泳ぎをマスターして、世界と勝負するわよ。
 
 20年後にな。



 
 
 
 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。