07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイお手本

 ブログにコメントをいただくと、いろいろ考えるので、それがまた、勉強になってます。
 山田さんからいただいたコメントで、かずんこバタフライをだいぶ整理できた。

 出っ尻でグライド(胸を開きながら浮上)、胸をすぼめて肘引き、肘を引いたら胸を開く(第二キック入る、フィニッシュできる。呼吸と抜き上げできちゃう)、手のひらを水面に向け、胸をすぼめてリカバリー

 背骨と骨盤の一連の動き。重心移動。浮力の利用。バタフライって、それがつかめたら、力なんか使わずに泳げる。ワタシ、カナリイイトコマデ、キテルヨ。

 今日は、平泳ぎで、脇を締める感覚がちょいわかった。これ、バタフライにも応用が利きそう。これができたら、マイバタフライ、完成だよ(胸を開く前に、もうちょいしっかり脇を締めたいアルヨ)

 蛍さんがコメントに書いてくださったけど、
 肘の調子が悪くて、肘をかばって水を逃して泳いだら、ラクでよく進むストロークを発見されたとのこと。
 文字通り、怪我の巧妙だね。

 蛍さんへの返信にも書いたけど、
「肘を引いたら、手で水を撫でるだけになって、推進力があまり生まれない」というのは観察でわかる事実。
「肘引きプルでは、上手に泳げない」というのは、ただの思い込み、固定観念だよ。
 時と場合に応じて、肘を引くというやり方もありです。

 DEEさんのコメントを頭に入れて、世界水泳の背泳ぎの映像を見たら、
「なるほどー、たしかに最新型の背泳ぎは、ローリングを使わない、まさしくカヌーを漕いでいるような泳ぎだわー」と思いました。水泳教室で教わった背泳ぎとは、まるで別物よ。

 泳ぎのスタイルって、こんなに変わるものなんだよねー。
 最新のファッションを追いかける必要はないけどね。
 背泳ぎひとつとっても、いろんなスタイルがある、いろんな泳ぎ方があるってこと。

 大コーチがわたしによくおっしゃるように、
「××してはいけない」という意識はもたないほうがいい。
 固定観念にがんじがらめになると、にっちもさっちも行かなくなる。
 がんじがらめになりがちなワタクシだから、コーチは何度もおっしゃるんだと思う。
 普通は指導者が「××してはいけまっしぇん!」と、泳ぎのアラに目くじらを立てて、生徒を金縛りにあわせるんだけどねー。

「アラを見つけるのは簡単だ。水泳教室のマダムたちでもできる」ってコーチはよくおっしゃる。
 たしかに、おばちゃんたち(かずこを含む)は、「○○さん、入水位置が中に入っているワ、軸がぶれているワ、頭が動いているワ」と、みなさんいっぱしの評論家。

 コーチは目の付けどころが違う。
 目立つアラにはむしろ意識的に目をつぶっているような感じさえある。
 コーチが見るところは、その人の体の使い方の特徴、それに合った泳ぎ、どうすればもっとラクに、もっと進むか……

 自主練で、わたしが、わたしにコーチングするときも、そういう視点をもったほうがいい。

 いつかわたしが、クロールの右の掻きの軌道を直そうと思うとブログに書いたら、フリースタイルさんが、「フェルプスだって左右のプルの軌道は違うんだから、泳ぎやすいように泳いだらいいんじゃないですか」というようなコメントをくださった。
 そのときは、反論しましたが、「泳ぎやすいように泳げばいい」という考えは、ある意味、正解だと思います。

 わたしは、泳ぎを改良し続けて、水泳仙人になろうと思っているんだけど、

 それは、より自分の体にフィットした、よりラクで、スムーズで、なおかつ速い泳ぎを見つけるプロセス。

 トップ選手の泳ぎは、「あー、なるほど、こんなんもありかー」って参考にするのはいいけど、わたしのお手本にはならない。

 お手本がまったくないのも困るから、わたすは「ヤヒロダイの楽々スイスイ泳ぎ」をお手本にすることにした。
 バタフライは、ビッキーさんの映像がいいお手本になった。かずんこフライは、ビッキーさんの泳ぎとはちょっと違うけど、すごく参考になった。

 2010年暮れだったか、スタ1の記録会でコーチがゆったりと800M個人メドレーを泳いで見せてくださったことがある。そのとき、わたしは「ああ、これこそ、わたしの求める境地だ」と思った。
 でも、コーチもレースではその泳ぎを使わないし、マスターズスイマーの指導でも、大会でベストを出したいという人には、そういう泳ぎを教えない。

 わたしの中でも、混乱があったと思う。自分が求めているもの、自分がめざすものが何か。
 次の大会でベストを出したいとか、次の大会で何が何でも200Mバタフライを泳ぎ切りたいと言えば、コーチもそのための助言をされるわけです。

 でも、結局のところ、わたしは、水泳が上手になりたい一心なんだよね。
 水と仲良しなら(=水中で完全にリラックスできれば)、誰でもできる4泳法。
 日常生活が送れるだけの筋力と柔軟性があれば、100歳の人でもできる、重力/浮力をうまく利用した、骨格の構造上自然な、究極の省エネ泳ぎ。
 その習得法を突き止めて、マスターしたい。

 コーチの8個メは、わたしがイメージしている理想の泳ぎだった。 
 あれをかずんこ式にアレンジした泳ぎを身につけたいと思います。



スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。