07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の使い方

 バタフライは、
 頭が下がって、腰が上がったヘの字から、脚が浮き上がって、股関節が伸びて体がまっすぐになり、脚が沈んで、腰が沈み、頭が上がる——

 以上のシーソーの動き(重心移動)を使って進みます。

 グライド(浮上)時と、抜き上げ時に胸を開き、リカバリー時と、掻きの前半は背中が広がる。

 わたしは少し前から、余裕のよっちゃんでスムーズに泳げる時と、慌ててぴゃっと掻いてしまって、まったくコントロールできない時があると感じていて、どうしたら、毎回余裕のよっちゃになれるだろうか、と思っていました。

 まず、余裕のよっちゃんとは、どんな状態かと言うと、
 浮上したら、おもむろに、ゆっくりとリラックスして、肘を引いてくることができるとき。

 そういうときは、肘を引き切ってから、脇を締めて、胸を開く、という動作を意識的にコントロールできる。
 これが、わたしの一番いい時の泳ぎ。このままの泳ぎ方で、掻くスピードを速くしてやれば、テンポが上がり、速く泳げる。

 従って、余裕のよっちゃんバタフライをしっかりと練習することが、ラクに速く泳ぐことにつながると、確信しています。

 余裕のよっちゃんフライは、キックもそんなに強く打っていない、プルは、おもむろにソフトに引いてきて、胸を開くだけ。
 頑張るところは、まったくない。
 強いて挙げるなら、第一キックかな。それと、抜き上げ時の胸の開きでしょうか。そこでアクセントをつける感じ。決して力を使って頑張る感じではない。

 姿勢が大事だと思う。きれいに伸びること。「見て見て、ほれ、わたし、きれいでしょう」というくらい、美しい伸びの姿勢をとることで、スムーズに泳げる。

 ミソは、アップキックの膝の伸びだと思うんです。

 ピャッと慌てて掻いちゃう、または、ガッと力んで掻いちゃうのは、そうせざる得ない態勢になっているからでしょ。

 第一キックのアップキックで、膝を曲げずに、脚がしっかりと浮き上がれば、前にしっかりと体重がかかる。
 その状態で、水上に浮いた脚が自然に下がってくるのに合わせて、おもむろにゆっくり手を引いてくれば、フィニッシュ時に、ちょうといい位置で(水中で)第二キックが入ります。

 このタイミングがちゃんと合えば、力を使わず、スムーズに泳げるようなんです。

 最初は、スローテンポで、落ち着いて自分の体の態勢を確認しながら、やってみるといいと思います。

 バタフライでは、おもむろにゆっくり肘を引いてくる余裕さえあれば、フィニッシュは難しくないです。
 肘を引ききってから(このとき、たぶん肘は水上に顔を出している。背中の後ろに肘があります)
 手のひらを後ろに向けた状態で(肋骨の一番下のすぐ横あたりに手首がくる感じ)、胸を開いてやれば、勝手にうまく水を掻けてしまいます。

 だから、バタフライは掻きの動作そのものは難しくないんです。
 バタフライで、難しいのは、シーソーの動きを妨げないよう、アップキックで膝を伸ばして、腕回しとシーソーが同調するよう、タイミングをちゃんと合わせてやること。
 体全体でタイミングをとる。これがうまく行ってないと、もがいたり、慌てたり、力んだりする。

 でも、体がタイミングを感じてくれるから、じっくり練習を重ねて、余計な無駄な動きを入れなくなれば、そして美しい姿勢をキープできるようになれば、誰でもできる。
 決して高度な特殊な動作をしているわけじゃないんです。力もいらない。柔軟性もいらない。


 私は、クロールのフィニッシュのほうが難しいと思う。私、教わってから、体の感覚でわかるまでに6年かかったもん。理屈はわかっていたんだけどね。何回も何回も教わったから。

 昨日、一番感動したのは、手のひらでぽんと水のボールを後ろについたら、その反動でリカバリーができる感覚がわかったこと。フィニッシュして、気づいたら、次の瞬間はもう入水直前まで腕が勝手に戻っている。

 クロールのフィニッシュは、よく「右手と左手の引っ張り合いっこ」っていうでしょ?
 この表現は必ずしも間違いじゃないけど、誤解を招くと思う。引っ張り合うような形になるのは、百分の一秒くらいというか、瞬時なんだよね。
 フィニッシュで推進力が生まれ、グライドするときには、腕は両方とも前にある。
 一方の腕は水中に伸び、掻いたほうの腕は、戻ってきて入水直前の状態。この形でグライドすると、体重が完全に前にかかっているから、前にスーッと滑っていける。

 だから、クロールは、ゆっくり泳ぐと、かぎりなくキャッチアップに近づく。
 フロントクワドラントがクロールの基本型だと、私は思う。
 入水後に、手を前で待たずに、どんどん掻いていく泳法もありだけど、その泳法を試みるにしても、まずは基本型のフロントクワドラントがちゃんとできていないと。

 マスターズスイマーは、すぐに結果を出す必要はないんだから、じっくり基本をつくるほうがいいと、私は思う。

 いい加減な泳ぎで、それなりに泳げている状態では、必ず頭打ちになり、じり貧になるよ。
 
 でも、ほとんどの人が、フロントクワドラントのクロールができていないままに、なんとなく泳げているクロールでずっと行っちゃう。コーチに、細かいことをあれこれ指摘されて、直そうと思っても、元の木阿弥になって、ずっと中途半端な泳ぎで泳いでいる。

 それで、あなたが満足なら、私は何も言いません。無駄が多い泳ぎでも、それなりに進むしね。

 だけど私は、いくらでも年月をかけられるんだから、じっくりじっくり、いい泳ぎをつくっていこうと思うよ。

 力を使わずに泳げるバタフライと、クロールのフィニッシュ
 せっかく体でつかめたんだから、この感覚を、大事に、大事にして、完全に自分のものにしたい。

 無駄のない上手な泳ぎは、決して難しくないと私は思うんです。
 不器用でも、運動が苦手でも、体の使い方がわかって、練習すれば、必ずできるようになる。
 だけど、違う体の使い方をしていたら、どんなに運動能力が高い人も、一生できないよ。

 なまじ器用な人は、中途半端にできちゃうから、中途半端で終わっちゃうんだよ。

 バタフライで、もがいて疲れてしまうのは、なんでなんだ!! クロールで、スーッと滑っていけないのは、なんでなんだ!!って、不器用な私は日々、気が狂ったように考えている。もっと上手に、スムーズに泳ぎたいよ、なんで、できないんだって。

 考えに考えたら、わかることがあるよ。不器用な人間は、徹底的に考えて、練習するのが、回り道のように見えて、一番の近道だと、私は思う。

 あっ、頭で考えているだけじゃだめだよ。水の中に入って、体で感じて、練習しなきゃ。

 時間はかかるよ。ちゃんとしたコーチについていても、フィニッシュの感覚がわかるのに6年かかったのよ。

 すぐに、どうこうできるようなもんじゃない。だけど、中途半端泳ぎで、ただ泳いでいたら、どう頑張っても、ずっとそのまんまだよ。



 

 
 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。