07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付け足し

 私が書いているようなシーソーをしたら、
 第二キックの振り下ろし時の足先の位置は、第一キックの振り下ろし時の足先の位置と同じになる。
 それより深くなることは絶対にない(物理的メカニズムとして、あり得ない)

 第二キックの振り下ろし時の足先の位置が、それよりも深くなると、バタフライは、すんごく泳ぎづらくなります(人体実験済み)そういうときは、シーソーがうまく使えてないってこと。

 左右に体重を乗せ替えていくクロール、背泳ぎと違い、

 平泳ぎ、バタフライでは、重心が下がる瞬間があります。一瞬、重心が下がった反動で、体が前に乗り込んでいく。そこが、この二つの泳ぎの難しいところ。

 どの泳法でも、基本的に、泳いでいる時は、体重がしっかりと前に乗っていると、体が安定し、動作をコントロールしやすくなる。

 おもむろに、ゆっくり引いてきて、すばやくフィニッシュするという掻きの緩急(めりはり)をコントロールできるためには、ゆっくり引いてくるときに、重心が前に乗って、体が安定している必要がある。
 体が不安定では、コントロールもへちまもない。腰が先に沈み始めちゃったら、慌てふためいて掻くしかなくなる。

 第一キックのアップキックで膝を伸ばして、足先をしっかりと浮かしてあげれば、余裕が生まれると思う。
 そのあたり、引き続き、水中で実証研究を深めてみます。


 

 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。