07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お試し三昧

 今日はいろんなお試しをしました。

 最近の重大発見ですが、

 結局のところ、わたしは、胸のあたりで、肘を曲げて、肘を固定する癖が、すべてに祟っていたのだと、気づきました。

 クロールは、そのために、フィニッシュがうまくできず、
 バタフライにいたっては、そのために、大変な苦労をしていた。

 すんなり肘を引いて、脇を締めればいい。

 脇をぐうっと広げて、脇を締める。
 
 脇を広げたら、肘が落ちることはない。

 脇を広げて、バランスボールを抱え込むようにして、体を前に出しながら、脇を締めて、バランスボールを後ろに送り出せばいいんじゃないか。

 ハイエルボーキャッチって、実はそういうことじゃないの?

 これなら、わたしにもできるさ、と思って、今日試してみました。いい感じだった。
 ただ、ダッシュでできるかは大いに疑問。

 それと、今日は、練習の終わり頃は、バテちゃったのか、バランスボールを抱え込めなくなった。慣れてないせいか、疲れる動作なのかはまだわからん。

 あと、背泳ぎでも同じイメージを試してみたけど、背泳ぎは、いいのかどうか、まだよくわからなかった。
 
 バタフライでは、バランスボールを抱え込む意識はもたなかったけど、
 脇をぐうっと広げて、脇を締めるっていう動作は、クロールと同じだと気づいた。

 結局、わたしがバタフライで、ボディドルフィンはできているのに(腕がなければラクに呼吸ができるのに)、腕回しとシーソーが同期せず、苦労してきたのは、
 クロールの癖で、胸のあたりで肘を曲げて、そのままの形で押すように、水を掻く意識が強すぎたからだと思う。コーチにはそう教わったわけじゃないのに、なぜか潜在意識にそういうイメージが刷り込まれていた。

 肘を張り出したほうが掻きやすいかも。
 ただ、張り出すのは、体の前のほうでなくて、腰の横あたりで肘を曲げ、肘を張り出すイメージをもつといいかも。
 肘を伸ばしたまま引いてきて、腰の横くらいで肘が曲がって、肘を張り出して、胸を開いてハの字。

 クロールもバタフライも、そして、たぶんバックも、体の前のほうで肘を曲げるイメージがあると、しかもそこで力んじゃうと、効率的な掻き方ができない。

 腰の横くらいで、アンカーかけるイメージがよろしい。

 そうすると、ラクで、よく進む。

 バタフライは、わたしが今練習中のゆったり泳ぎは、キックもプルも、とくに力を使いません。

 第一キックで、前にグライドして、肘を引き切ってから、しっかりと胸を開き、飛び出し時に、しっかりとお尻を締める(おまたキュッ)

 伸びてゆったりと泳ぐんだけど、潜っていかないで、前に滑っていく。

 それでですね、
 シーソーの角度が大きい(うねりが大きい)泳ぎは、かずんこ式楽々フライとは、タイミングが違うことに気づきました。
 おへそをのぞきこむようにして、深く潜って、斜めに上に向かって浮上するような泳ぎの場合は、掻く直前に、脚を振り下ろすと、ちょうど飛び出しに合わせて腕を回せる。
 フィニッシュ時ではなく、掻き始め、もしくは、掻く前に、第二キックを入れる感じ(あまり膝を曲げず、振り下ろす)

 この泳ぎの場合は、水中で、潜って浮上するときに進むので、プルは、呼吸して、腕を回すだけです。
 これは、これでラクな泳ぎ方ですが、わたしは体型的に潜水は不向きらしく、あまり好きじゃない。

 わたしの楽々バッタは、沈み込むと言っても、頭を下げて斜め下に潜っていかないので、
 第一キック後のグライドと、プルのフィニッシュで胸で水面を滑るように進むのと、2段階で進む。
 水中で斜め下から斜め上に進むのではなく、沈み込み時にまっすぐ前、飛び出し時にまっすぐ前に進む。
(こっちは、第二キックは、フィニッシュ時に入ります)

 フィニッシュでの進みは、呼吸を入れると、若干少なくなる。できたら1/2呼吸のほうがいいかも。毎回呼吸するなら、グライド時にしっかり進むこと。

 この楽々フライは、スプリントのフライにもつながると思います。

 この泳ぎ方で、ゆったり泳ぐ練習をすれば
●(角度の浅い)シーソーの動きを体で覚えられる
●力まないストロークを習慣づけられる
●アップキックで、しっかりと膝の裏側を伸ばす習慣がつく
●グライド時と飛び出し時に美しい姿勢をとる習慣がつく
●胸の開き/すぼめを使った、やわらかいストロークが身につく

 たぶん、この泳ぎを土台にして、キックを強く入れる意識をもてば、スピードアップできると思う。
 さらに、力まないストロークが身についたら、次の段階として、上手に力を使ったストロークでも推進力アップが可能になる。




 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。