FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍さん情報

 蛍さん情報で、久々にTIのヨッシーコーチのブログをのぞいてみました。

 http://blog.goo.ne.jp/yappaumihaiiyone

 気をつけ個メキック

 この練習、すごくいいと思う。

 キックの練習というより、重心移動の練習として。

 わたし、この中で一番得意なのは、気をつけバタフライ。ヨッシーさんの説明も体の感覚でよくわかる。
 微妙かつ、丁寧、適切な説明は、地道にずっと取り組んできた人で、非常にうまくできる人ならではのもの。凄い!

 あとの3泳法にもトライしてみたいです。

 練習の中にとりいれる価値、大あり。

 蛍さん、ありがとね^^

*クロールは一時期やってた気をつけローリングキックドリルで、もっと体幹を柔らかく使う感じにすればいいのよね。焼き鳥回転じゃなく、気をつけでも、肩甲骨をちゃんと前に出して、胴体を使って重心移動する。背泳ぎもそうだね。この二つはできそうな気がする。
 難関はブレストだな。




スポンサーサイト

基本ですね

基本だと言いながら、基本も出来ないようでしたら落第ですね

本気でこの体感の使い方を身につける必要を感じました

第1にズーマー使用で練習、書き込み有難う御座いました

スピード練習だけが練習ではないですね  基礎ができてこそ

その後が上手く練習できるのですから

Re: 基本ですね

考えてみたら、「めざ上」のアップで、クロールとバックは、気をつけキックで進みながら、肩甲骨を動かして肩回しをして、肩甲骨周りをほぐすドリルをいつもやっています。このときに、スイムと同じような感覚で、重心の切り換えを意識して、クロールは横呼吸を入れたら、もっと有効なドリルになるということに気づきました。
背泳ぎで、手が自然にふわっと浮き上がる(リカバリーにつながる)感覚はよくわかります。
クロールの横呼吸がスムーズに両サイドでできるかどうか。慌てなければできると思いますが。

ブレストは、やったことがないですが、キックを下向きに蹴れば、たぶん顔が出る。

バタフライは、わたしは、気をつけで腕なしのほうが泳ぎやすいです、ハイ。
その体の動きと腕回しの同期が、やっとつかめてきたところ。。。

ホットいたしました。

こんにちは かずんこさん。

大きなお世話かな、すでにご存じの事かしら
と思いつつ、読者の方々で知りたい人もいる
のでは、と紹介させていただきました。

「常に工夫し、1年以上かけて体にしみこま
せさらに分析を重ね、やっと説明」できるよう
になられたことを、こんな馬の骨に簡単に教
えてくださり…。しかもプロなのに・・・。

「3年ぶりに復帰した時、タイムが落ちていな
かった」「気をつけキックでなく、気をつけスイ
ム」   ああああv-237です。

yossyさんの昔の記事に「手の動きが体幹部
から来る事が良く分かる」とありました。

かずんこさんがおっしゃる「手掻き・足蹴りの
泳ぎにはしたくない」に通じますよね。

「そんなことはいいから泳げよ」という声が
どこかから聞こえてきそうですv-12
でも私は自分のカラダと相談しながら楽しく
上手になっていきます。

Re: ホットいたしました。

蛍さん、yossyさんの記事、わたし、つらつら考えるに付け、ますます良いヒントになりました。
ありがとね!!!

ただし、よく考えたら、平泳ぎは、実際の泳ぎにつながりにくいかな、と。やってみれば、キックで呼吸することもできると思いますが、平泳ぎは実際のスイムでは、呼吸してからキックですから、重心移動の仕方が実際のスイムと、気をつけスイムでは違うよね。ま、ドリルとしてはいいと思うけど。

でも、あとの3泳法では、気をつけスイムは、すごくいい練習になると思います。

クロールと背泳ぎは、アップの時に、まず気をつけで泳ぎだしたらいいと思うんです。
腕は脱力して、後ろに浮かしておけば、フィニッシュ、抜き上げにつながる動きが自然に出てくるから、だんだん腕の動きを大きくして、普通のスイムにつなげていく。

そうすれば、体幹を使ったストロークの感覚がすごくよくわかると思うんです。

わたし、これについて考えていて、ハッと気づいたんだけど、

わたしが腕なしバタフライは得意なのに、腕がつくと、無残なことになって苦戦していたのは、

手で水を掻く意識が、ものすごーくじゃましていたんだな、と。

普通、誰だって、手を動かして水を掻くものだと思うじゃないですか。そうすると、水車回しにならないかぎり、前のほうで肘を曲げることになるんですよね。そこで水の抵抗を受けるので、クロールでは、女性はそこから無意識に肘を引く人が多い。それが「進まない肘引き」の掻き。抵抗を受けたまま(アンカーをかけた形で)引っ張って来るのはすごく力がいる。
けど、クロールもバタフライも腰のあたりで肘を曲げれば、少ない力でよく進む。

で、それはどういうことかと、よくよく考えてみると、胴体(背泳ぎとクロールでは上体の右半分か左半分)を動かして、それに腕が勝手についてくるようにすると、自然と腰の横でアンカーをかけて、フィニッシュするような形になる。この場合も、すんなり肘を引いてくることになるんだけど、さっき書いた「進まない肘引き」の形とは違いますよね。

脇をぐうっと伸ばして(広げて)、脇を締める(縮める)
この胴体部分の動きに伴って、腕がついてくれば、とてもラクに、うまく水をとらえて、上手なストロークができる!!!

わたしは最近、平泳ぎのプルが進むようになってきたんですけど、考えてみればそれも、手の存在を忘れて、胸を開いて、すばやくすぼめるようにしたら、あんなに苦戦していた掻き込みができるようになった。

体幹の動きに伴って、腕が勝手についてくるストロークをすれば、バタフライの長年の悩みも完全に解消できると思います。

クロールと背泳ぎも、何度言われてもうまくできなかったフィニッシュが、自然とできるようになって、確実に一段階ステップアップすると思います。

なんか、すごーく嬉しいです。
それもこれも、蛍さんがyossyさんに質問し、yossyさんがきちんと答えてくれて、さらに蛍さんが、わたしに教えてくださったおかげだね。ありがとうございます!!!

*お返しにはならないけど、蛍さんはできてると思うけど、他の人には役立つかもだから、気をつけバタフライのミニヒント
 自然に浮上するまで、静かに待っていると、ラクに呼吸できます。自分から呼吸しようと思って、のけぞったりすると苦しくてしょうがないものとなる。流れに身を任せれば、フィンなしでも、キックをそんなに強く打たなくても、ラクにできるよね^^b

蛍さんへ、追加

あと、気をつけバタフライで、第二キックを(膝を曲げずに)振り下ろしたあと、おまたをキュッと締めると、浮上がさらにスムーズになります。

バタフライの普通のスイムでも、この技は使うので、気をつけスイムで、ここを意識するのも、いい練習になると思う(腕なしだから、意識しやすい)

ミニヒントありがとうございます

できておりません。
キックと呼吸がかみ合っていません。
スイム時のがましです。
落ち着いて、待ってみます。
おまたも忘れずに(笑)

ジムがお盆休みなので脳内プールでお試し中。

ブレは混乱しそうだから、ちょっと置いておいて
私はバッタかなあ・・・。

スイムでは私、第2キックのが強いんですよ。 
ピシャン!と打ちやすいし、上半身上がるから。
第1はホント軽くポンてなもので・・・。
マイコーチに「第1を蹴りこんで」と言われだした
ところなので、直し時かな。
でも スイムネットの野村さんの動画でも
第2のがグイーン、第1がトンに見えるんですが
一緒にしてはいけませんが。

でも 第一は太ももで水を押さえている感が
あるから、自分で思うよりしっかりうてている
かも…。 


<手で水を掻く意識が、ものすごーくじゃまして
いたんだな、と。>

「腕 」 がお魚度を低くしてしまう。
お魚、、腕 ありませんものね(笑)
でも 水泳って普通「腕」ですもんね。

Re: ミニヒントありがとうございます

蛍さん

魚というかイルカも含めて(カメやペンギンはちょっと違うけど)
彼らは体と尾ひれで、進むよね(ま、基本的には流れに乗ってじっとしているんだけど)背びれや胸びれは、方向転換やバランス調整に使う。

クロール、背泳ぎ、平泳ぎは、やはり人間の泳ぎだと思うんです。魚の泳ぎとはかなり事情が違う。
それでも、クロールや背泳ぎも、肩関節とそこに付いている筋肉(団扇の柄、根っこの部分)を動かすことで、腕が勝手に水を掻いてくれる。

バタフライは、一番お魚っぽい泳ぎだと思います。体と尾ひれで進む感じ。

なので、わたしには、腕なしバタフライが一番しっくり来ます。腕がないほうが、都合がいいというか、動きやすい感じがする(でも、根っこからストロークすれば、じゃまだった腕がじゃまにならず、有効活用できることがわかりました)

わたしにすれば、バタフライが泳げて、気をつけバタフライが苦手ってことが理解できない。わたしは、バタフライはうまく泳げなくて困ってたけど、腕がなければ、何も困らないから。

でも、意外と、バタフライは得意でも、腕なしフライが苦手な人は多いですね。たぶん、流れに任せて、待つことができないからじゃないかと思う。

苦手な場合は、最初から、連続してやろうとせず、まず、1回やって、自然と顔が出ることを確認したほうがいいかもです。ああ、待っていたら、いいんだっていう感覚を体でつかむ。
それか、呼吸を入れずにうねってスムーズに進む練習をしているうちに、自然と顔が出るようになるか、どっちかですね。

第一キックを強めに打てば、第二はなしでも、浮上できます。
でも、第二を補助として使ってもいいです。
けども、第二は、膝を曲げてエイヤッと蹴り下ろす感じではないです。膝は曲がるんだけど、勝手に曲がる感じで、自分から曲げる意識はいらない。流れの中で、自然と、軽く振り下ろす感じで十分。

エイヤッと打つならば、第一のほう。一連の動きのきっかけをつくるのは、第一ですから。
でも、第一も鬼のようにバシャンッと打つよりも、きれいに打つことを心掛けたほうがいいと思う。

わたしは、きれいに丁寧に打って、スーッとグライドできるキックを研究してます。1回のキックでどのくらい進めるか試したりしてる。今のところ6mちょい。1回ずつ立って、ほぼ4回で25mに達するくらい。

泳ぎの中では、次から次と忙しいから、なかなかそういうキックは打てないんだけど、腕なしバタフライの時は、かなり意識して打てます。

この映像を参考にしてね。
http://www.youtube.com/watch?v=9QRElrG-NtQ

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。