04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前重心の作り方

 先日、かぴきちさんも月例報告の中で書いてくださって、
 先ほど、rockyさんもコメントしてくださったことですが、

 私もこのところ、ずっと考えていて、とても重要だと思っていること

 腕が前にある(胸よりも前にある)時間が長いほど、前に重心が乗りやすい、ということです。

 腕が前にある、というのは、何も「水中でまっすぐ前に伸ばしていなさい」ということではないです(TIやフロントクワドラントではそう言いますけど)

 入水後に手を止めずに下げていってもいいです、肘を曲げて、キャッチに入ろうとしている状態でもいい、
 あるいは、まだ入水せずに、肘が一番高いポイントにあって、これから指先から差し込みますよ、という状態でもいい

 とにかく、胸よりも前に手があるときは、ゆっくり、おもむろに動作する。

 それに比べ、手がミゾオチから下に向かって、水を掻いて、そのままの勢いで振り抜いて、少なくとも肘が一番高くなる所まで戻してくるときは、できるだけ速く!!!

 手(腕)が体の後ろに(下に)ある時間は、できるだけ短くする。それによって、重心が前掛かりになります。

 このとき、二つ問題があります。

 一つは、クロールも、バタフライも、この「できるだけ速く」プッシュして振り抜く間に、呼吸が入る、ということ。
 呼吸のためにまったりしがちだ、ということです。だから、TIでは、前に腕を伸ばしておくんだと思う。まったり息をしても、少なくとも一本の腕は前に伸びているように。

 テンポを上げて泳ぐ場合、またコンティニュアスのタイミングで泳ぐ場合は、
 呼吸をできるだけ低く、すばやく行う必要があると思います。すばやい振り抜きの邪魔にならないように。

 もう一つは、プッシュ時には、水圧を受けるので、どうしたって、動作がスローになりがちだということ。
 どうやったら、すばやくプッシュして振り抜けるの?

 体を使う——これが大コーチに教わった答えです。
 腕力ですばやく振り抜くことはムリ。手のひらを立てて、水を切ってしまいがちです。あるいは力任せで水を上にはね上げてしまうこともある。

 体を使ったストロークによって、ものすごく速く振り抜くことが可能になる。

 クロールでは腰の回転を使います。しかし、腰を回すタイミングが重要で、早く回ると、水をしっかり押し込めません。バタフライでは胸、背中のうねりを使うと思います(キックがそれを誘発するにせよ)

 この体の使い方については、タイミングが微妙なので、ワタクシも、まだよくわかっておりまへん(わかっておれば、もっと速く泳いでおりますがな)

●プッシュして振り抜く瞬間の、手のひらの向きによる、水流の方向付け
●体を使ってすばやくプッシュして振り抜く動作
 
 この二つは、大コーチもあの手この手で伝えようとしておられるようですが、ワタクシ、なかなかつかめない現状でございます。理屈がわかっても、体でつかめん。

 これがつかめたら、50M自由形のベストが出る。

 ともあれ、腕が前にある時間を長くすること。これを意識しているだけでも、状況は違ってくるはず。
 前に重心があれば、何もせずとも水の中を滑っていけますからな。

スポンサーサイト

No title

かずんこさん、おはようございます。

子供の頃からのスイマーなら当たり前に出来るの調整なのでしょうが、バランスが変化したときの身のこなしを自分は磨いていかなければ、と思っています。掻き、リカバリー、平泳ぎの足、呼吸動作・・・、前後のバランスの変化を引き起こすシチュエーションがいろいろあります。
その変動量を小さくする、変動時間を短縮する、そして変動に対処する身のこなし・・・・、いろいろ発展途上なだけに研究していきたいです。

姿勢

 かずんこさん、おはようございます。

前重心の作り方、頭ではわかっているつもりですが、身体が
うまく使えません。
 前重心を作るには、体幹を使った姿勢が大前提ですよね。

 私の場合、まず姿勢を作ることを意識して半年。
プールでは何はともあれ正しくストリームラインを作ることを心がけて練習してきました。

 ようやく泳ぐための姿勢ができるようになってきました。

 泳いでいる間ずっと、「ししゃも姿勢」を保つことが難しいことも実感しています。

 疲れてくると、胸郭がだんだん下がってきて、腰が落ち気味になってきます。そのたびにまたグッと持ち上げるという繰り返しで、
いつでもどんな時でもししゃも姿勢を保つということができません。

 それでも、姿勢があってこそ抵抗がない泳ぎができ、前重心も作ることができるということもわかってきました。

 水泳を始めたころ、「コーチからふし浮きは大事です」と言われていましたが、その本当に意味を理解できず、泳ぎの技術みたいな事ばかりに先走っていた自分が恥ずかしい...

 色々失敗してきたから、色々なことが分かってきたんですけどね。
 一見地味な姿勢の練習、実は基本。
これからも、まず姿勢。これを習得していきます。

 

Re: No title

かぴきちさん、おはようございます。

そうですね。泳いでいる時には、重心の位置が絶えず変わりますね。

クロールと背泳ぎは、最初に前重心のポジションに入れてしまえば、掻き終わりに手が止まらなければ、手を伸ばしているほうの側に体重が乗るので、重心が後ろにずり落ちることはないですね。左右に切り替わるだけで。

私が苦手な両手もの(平、バタ)は、重心が下がる瞬間があり、それを利用して進みます。左右ではなく、前後に切り替わる。私のように両手ものの苦手な人は、前後の重心移動を利用して進む感覚がつかみにくいんだと思います。

平泳ぎでは、私は体がフラットなままだと、逆にキックで水が当たらないです。お尻が若干下がってくれたほうが、キックが入りやすい。なので、ノーブレスの平泳ぎ(こっちのほうがよく進むと言う人が多い)はしっくり来ません。

バタフライでは、前後の重心の移動で進む感覚がわからず、とても苦労してきましたが、最近ちょっとわかってきた感じです。

平泳ぎはお尻が沈んでも、手は常に前にあるから、重心が後ろにずり下がることはないですよね。
ただ、平泳ぎで重心移動がうまく行ってない人は、呼吸後に斜め前に乗れずに、そのまま真下に落下しています。そういう人は非常に多く、私もそうです。私が見て、平泳ぎがうまいなぁと思う人は、ここができている。

バタフライは、呼吸時に重心がずり下がって、重心を完全に前に戻すことができなくなりがち。
体が“持ち上がる”のではく、“飛び出す”ようになると、シーソーのシー(見る)の瞬間が一瞬となり、ソー(見た)が長くなって、完全に重心が前に乗りますね。

片手ものの左右の切り返しももっとうまくなりたいし、両手ものの前後の切り返しを完全に自分のものにしたいと練習に励む今日この頃です。

Re: 姿勢

まゆりんさん、おそうようございます。

姿勢、大事ですねー。胸郭をもちあげる意識とともに、骨盤底をキュッと締める。私もこれをいつも意識するようにしています。最近は、練習の半分くらいは、ストリームラインベルトを締めているので、意識しやすいです。
ストリームラインベルトは姿勢作りにおすすめです(アマゾンで買えます)

平泳ぎのグライドで、姿勢を意識しやすいですよね。私は平泳ぎのプルはへただし、キックも大したことないんですけど、何しろ推進力ゼロでも足が沈まずに浮いていられる特技があるので、遅くてよければ、かなり掻き数少なく泳げます。
この特技は、ししゃも姿勢を意識するようになってから身につきました。なので、普段歩くときも、胸郭をもちあげ、骨盤底を締めることを意識しています。意識してないと、すぐ忘れちゃいますからねー。

肺(浮き袋)の位置が、水中で前に重心を乗せるのに重要なんでしょうね。

あと、私たちの長い腕。こいつが重心移動に果たす大きな役割に、最近気づきました。腕に引っ張られて体も付いていきますしね。頭も重いから、ボディバランスに大きな影響を与えますが、腕の役割はそれ以上に大きいかも。しかも、リカバリー時には重力もかかりますから。

クロール、背泳ぎ、バタフライで、掻き終わりに手を止めてはいかんと、なぜうるさく言われるのか、
手が後ろに残って、もたもたしていると、重心が後ろに下がるからなんですね。

クロール、背泳ぎで、掻き終わりに手が止まっている人は非常に多いですよね。クロールは呼吸をすると同時に、手が止まったりする。私は癖で呼吸のタイミングが早めなんですけど、もっと遅めにして、腕が三角に吊り上がったくらいで、吸気するタイミングがいいのかもと思う今日この頃です。

背泳ぎでは、掻き終わりでピタッピタッと手が止まっている人をよく見掛けます。力んで掻いているんですね。

わずか一秒間の何分の一ですけど、体の後ろ(下)で、手がもたもたしていると、それだけで重心がずり下がる。前後バランスは微妙です。初心者でものすごく足が沈んでいるのは論外ですが、速い人と、普通の人の前後バランスの違いは、よく見ないとわからない。ほんのわずかな角度の違いが、大きな違いを生む。スピードのみならず、安定感、コントロール(余裕)も違ってくる。水中では、前のめりだと余裕が生まれる。

ただ単に手先を下げて、お尻を上げればいいとか、そういう単純な話ではないんですね。初心者には、そういう指導も有効でしょうが(私も最初の頃は、大コーチにそう教わりました)

ししゃも姿勢が第一。
それができたら、体の前(ミゾオチから上)に手があるときはゆっくり、体の後ろ(ミゾオチから下)に手があるときはすばやく(目にも止まらぬ早業で)

このメリハリ(緩急)が、前重心作りに非常に重要だと思う今日この頃です。


Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。