04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッチで脇を開ける

 Magliscoさんは、クロールのストロークを
 ダウンスウィープ、キャッチ、インスウィープ、アップスウィープ、リカバリーって説明しているけど、
 そんなに分解したら、わけがわからん。

 早稲田の奥野コーチだったかは、キャッチ、フィニッシュ、リカバリーって、言っている。
 大コーチも、まあ、そんな感じかな。
 大コーチは、プッシュという言い方はあまりされない。「押す」感覚ではないからだと思う。

 私もめんどくさいので、細かく分解せず、キャッチ、フィニッシュという言い方をします。

 それで、今日バックで気づいたんだけど、脇を大きく開けてキャッチすると、胸のインナーマッスルかな、そのあたりがストレッチされる感覚があって、気持ちがよい。

 脇をどえらく、思いっきり開けて、キャッチすると、脇から胸がストレッチされるから、あとは、フッと力を抜けば、伸びた腱が縮んで、そのバネの力で、自然と水が掻けちゃうんじゃない?

 ピッチングでも、トップで構えたときが、力が入っていて(力んでいるのとは違うけど、しっかり筋肉が引き伸ばされていて)、ビュンと腕が振り出される時は、力は抜けてるでしょ?
 それと同じじゃないの? 力んで手で水を押すと、よろしくないんじゃない? 

 今日、バックでは何となくその感じがわかったけど、クロールではまだわからんかった。
 背中をすんごく伸ばして、脇をこれでもかってほど開けて、キャッチしたら、あとは、フッと力を抜けば、ビュンッて中心線を掻けちゃうんじゃないか。
 体を使って水を掻く感じを何とかつかみたい。

 大コーチは、リカバリーで伸びるっておっしゃるんだけど、リカバリーで伸びた背中は、キャッチまで伸びていて、そこから力を抜いてフィニッシュじゃないのかな。キャッチ時が伸びのピークじゃない?
 カジモドみたいなことになっていた背中(広背筋がすんごく引き伸ばされた猫背)が、普通の状態に戻れば、腕は自然と下がるでしょ? そのとき、手のひらの向きだけちょっと気をつけてやればいいのかも。

 大事なのは、フィニッシュ時に手のひらで水を押す意識ではなく、
 キャッチ時に、脇を思いっきり開けて、バックでは胸、クロールでは背中をもんのすごーく伸ばしてやることかも。キャッチで力む必要はなく、体幹の筋肉をぐわって伸ばしてやるだけ(腱が引き伸ばされる。腱を伸ばすために力を使うだけで、水に対しては力をかけない)
 それがポイントかもって気がしてきた。

 引き続き研究してみます。
スポンサーサイト

キャッチ時が伸びのピーク

こんばんわ かずんこさん。

<大コーチは、リカバリーで伸びるっておっしゃるんだけど、リカバリーで伸びた背中は、キャッチまで伸びていて、そこから力を抜いてフィニッシュじゃないのかな。キャッチ時が伸びのピークじゃない?>

私もキャッチ時が伸びのピークだと最近実感しました。反対側呼吸で伸ばしている方の腕が待っていられず下がり、結果身体を使えないヘンなチョイ掻きになっていて・・・。普通側はどうやっているのかと頭の中で観察したら、「グーっと伸びながら手のひらに体重をかけてキャッチしているv-237

水泳経験者の方からしたら当たり前のことなんでしょうが、私には
大発見でした。しかも勝手に体得していた・・・。 

掻きだけで進むのではない。リカバリーで泳ぐ・・・みたいな・・。

水泳って本当におもしろいですよね。

Re: キャッチ時が伸びのピーク

蛍さん

蛍さんと私の感覚は、若干違うかもです。泳ぎ方が違うかも、という気もします。蛍さんは、しっかりグライドするクロールなのかな?

私が言うキャッチは、肘が曲がって、手のひらは後ろを向いて、腕全体に水が当たっている状態です。アンカーをかけた状態というか。
(手のひらで水を下に押す段階をキャッチという人もいますが)

ぐうっと伸びるとき、伸びているのは、腕ではなく、背中です。脇から背中。体幹部分にストレッチ感覚があります。(背泳ぎなら、胸です)

私はこのとき、手のひらは後ろを向いて垂れ下がっているので、手のひらに体重を乗せる感覚はないです。背泳ぎなら、前腕がもう起き上がって、後ろの壁のほうを向いている状態(指先は横の壁に向いている)

クロールはまだ陸上でイメージしているだけで、水中では確認していませんが、なんて言うか、ショベルで掘るみたいに、グサッと掘った段階が、私の言うキャッチで、前腕は顔の前にぶら下がっている感じ。

て、まあ、何が何だか……、言葉で表現してもねー。
いずれにせよ、体幹のストレッチを使って掻くことができたら、それでいいのかなーと思いますが。

小さい頃から水泳をやってた人でも、すべてがわかっているわけじゃないと思います。体でいろんなことをつかんでいると思うけど、人によってつかんでいることはまちまちだし、意識化できてないこともあると思うし、
競泳経験者でも、大人になってから考えて練習することで、さらに技術を磨けると思います。

彼らよりも、水慣れができていない私たちはなおのこと、考えて、感覚を研ぎ澄まして、試行錯誤で、一つずつコツをつかんでいくしかないと思うんです。中途半端になんとなくわかって、できちゃったというよりも、徹底的に悩んで、考えに考えて、あーでもないこーでもないとやってみて、できたぁ!!というほうが、しっかりつかめると思います。

自分の感覚を大事にしていきましょう。時間がかかっても、必ず良い泳ぎができてくると、私は確信しています。

伸ばす~

こんばんは~
訪問ありがとうございました!

かずんこさんの変わらぬ水泳愛にホッとします(*^_^*)

わたしは、ふっと・・・なんでこんな頑張ってんでしょ??
って思いに囚われたりしちゃいます。
でも、かずんこさんのブログ読むと、難しいこと考えずに、
がんばろって思えちゃう感じです。

筋肉が伸ばされて、その反動?で縮む時に大きな力が出る。
これ、かずんこさんも前に言ってたと思うけど、
伸張反射ですねー!

わたしの担当理学療法士さんがよく言うのです。
これは脊椎反射だから、頭で考えたりするのではなく、
身体が勝手にそう反応するものって。

泳ぎで実際それが出来ているかどーか?
わたしはちょっとわかっていないのだけど^^;
かずんこさんが言う、伸ばしたら自然と~っていうのは、
そういうことかな~って思って、コメントしました!

頭で考えまくったガチガチの泳ぎより、
自然に~の方が、ラクに泳げるのかな~。

Re: 伸ばす~

kemoさん、ブログのぞいたのに、コメントもせずに失礼しました。

仕事中に、ちょこっと訪問者リストをのぞいて、あっ、kemoさんのブログだ!と思って、のぞきに行きました。kemoさんのお仕事、初めて知りました。私と娘の憧れの仕事で〜す^^ 実際は大変だと思うけどね。

ユスラウメのジュースとジャム、おいしそうだなーって思いました。

そう、伸長反射ですよね。なので、伸ばすほうだけ意識して、縮めるほうは勝手に縮めばいいと思います。地面でジャンプするときなんかは、縮んだあと、反動でまた勝手に伸びるので、伸びるほうも意識しなくていいけど、水中だと、重力がかからないし、水圧を受けるので、伸びるほうだけは意識してやらないと、です。

私みたいなへっぽこスイマーでも(もしかしたら、へっぽこだからこそ?)、こんなに水泳にのめりこんでいるので、kemoさんが水泳に夢中になるのは当然です。水泳部出身の人でも、パワー派の人もいるけど、kemoさんは、センス派というかテクニック派だと思う。速い人やコーチをしている人たちでも、「あっ、この人、うまいな、センスがあるな」って思う人は少ないんですけど、kemoさんは私が今までに見た数少ないお魚人間の一人。八尋コーチとあとで話しているときに、「バタフライがうまい子」って言ったら、一発でわかっていました。

kemoさんはお若いので、これから忙しくなって、水泳から離れる時期もあるかもしれないけど、途中ブランクがあっても、ずっと続けて、この先何十年もマスターズの大会でお会いできたら嬉しいなと思っています。

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。