04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重大気づき?

これは、もしかしたら重大気づきかも。

 あの、わたくすが言いたいのはですね(間違っとるかもしれんよ)

 水を抱え込んだときに、クロールなら背中、バックなら胸がぐうっと伸びていれば、
 あとは、水を押し込まなくても、勝手に押し込めちゃうんじゃないか、ということ。

 昨日、バックでそういう感じがしたんです。クロールではまだつかめてないけどね。家に帰ってから、陸上でイメージしただけですけど。

 大コーチは「腕の付け根が腰にある」ような意識で大きくリカバリーしましょうって、おっしゃっている。
 これはリカバリーだけでなく、ストローク全体、水中の掻きの部分にも言えることでは?
 
 脇がしっかりと伸びたリカバリーは見た目もきれいで、上級者っぽい。
 けど、脇が伸びるのは、リカバリー時に限らない。
 
 むしろ脇の伸びと開きのピークは、水を抱え込んだキャッチのときではないかと、昨日思ったんです。

 わたす、今まで、肘を張り出して、くの字に曲げたキャッチの形はできていたけど、腕だけくの字にしても、意味ないんじゃないか。
 このとき、クロールなら、背中の半分がカジモドのごとく、盛り上がっている感じになること。腕よりも、肩、脇、背中、つまり上体の伸びのほうが大事じゃないの?

 大コーチはそうはおっしゃってないんです。これ、わたくすが、昨日気づいたこと。なので、トンチンカンかもよ。けど、わたし、思うに、ここは、大コーチが意識化、言語化できてない部分じゃないのかな。自分ではそうやっていても、生徒(わたくし)に伝えきれてなかった部分じゃないかと思う。

 バタフライを泳いでいる時、よく感じるんですけど、脇を大きく開くと、脇が「締めてちょ」と言っているような気がするの。脇が締まりたがっているような感じ、というか。
 つまり、脇が開いた(伸びた)状態では、胸や背中が引っ張られて、Goswimのグレン・コーチの言葉を借りれば、背中にテンションがたまるような状態なんですよね。そのテンションをリリース(解放)してやると、勝手にフィニッシュができちゃう。勝手に水が掻けちゃうんじゃないか。

 体を使って掻く、というのは、腰の回転を使うとか、体全体のダイナミックな動きを使うということでもあると思うの。バタフライでは、わたすはこのところ、上体全体(キックも補助する)のダイナミックな動きに伴って、腕を回す感覚がつかめてきただすよ。

 クロール・バックでは、腰の回転を使うことに加えて、体幹の筋群をぐうっと伸ばして、フッと力を抜いて縮める、上体の柔らかな動きが加わることで、さらに大きな、躍動的なストロークになるんちゃう?

 推進力を生むのは、フィニッシュなんですけど、水を抱え込んだときに脇、背中が伸びていれば、あとは、テンションを抜けば(盛り上がっていた背中が平らになれば)、自然と掻けちゃうから、掻き終わりの手のひらの向きだけ注意すればいいんじゃないか。

 このこと、さらに研究してみます。フィニッシュがうまくできるようになるかも、かもかも。

 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。