07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胴体だべさ

 青子さんにコメントいただいて、返信を書いているうちに気づいたんですけど、

 水を掻く動作も、ストローク全体の中で、自然にできちゃうことが望ましい。掻くことだけ意識したらおかしいよね。

 投球練習をするのに、前腕を振り込む動作だけ練習するおバカさんはいないでしょ。テイクバックして、半身になって、脚も開いて、トップで決めた動作から、体を使って振り抜くまで、一連の動きを練習するよね。
 たぶん、トップのときが、一番筋肉に張りが出ている、言い換えれば、力がみなぎった状態(力んでいるのとは違う)になっていると思う。
 水泳のストロークで言えば、これがキャッチに当たると思う。このとき、腕には力を入れる必要ない。腕を伸ばすのではなく、背中を伸ばす(バックなら、胸)

 バックのキャッチのとき、胸の奥のほうの筋肉がストレッチされる感じがして、気持ちがいいの。森隆弘さんに、バック用のストレッチを教わったんだけど、そのストレッチで伸ばされる筋肉が、キャッチで同じように伸ばされる。伸びるのは胸の筋肉であって、腕じゃない。

 大コーチが、末端はぶらぶらに力を抜けっておっしゃってたように、腕は、胴体の先についているだけで、胴体が動くから、それにつられて勝手に腕も動く。脚もそう。


 クロールで、上手に加速してフィニッシュして、足下に水が流れるようにするには、
 背中をぐうっと伸ばして、胴体の動きで腕がつられて動くようにストロークすればいい。水を押す意識なしでも、自然に加速できる。「あとは、ちょっと方向付けをしてやればいいだけ」って、大コーチがおっしゃってたのは、こういうことだったんだ。

 体を使って大きく泳ごうと思います。腕や脚は勝手についてくる。主役は胴体。

 手のひらの向きをちょっと調整したり、キックでおまたをキュッと締めれば、それだけで、またバランスが(ひいては速度が)変わってくる。
 そこまで神経が通うことも大事だけど、でも主客が転倒しないようにしないとね。おおもとは胴体の動き。

 体幹筋群をしっかり使うストロークができてきたら、キックのおまたキュッは、やっぱり意識するのとしないので、大違いだから、意識してやりましょう。

 手のひらの向きの調整は、すぐには上手にできないけど、胴体をしっかり動かして、ライオンやチータが走るように、背中を柔らかく使って、泳ごうと思います。





 
スポンサーサイト

No title

「泳ぎは腕じゃなく、体で進むんです。」と初心者の頃に聞いた事がありました。
その頃から、まったくさっぱり意味がわからなったのですが、少しずつ上達していく過程で時々思い出していたのは印象深かったからかもしれません。

私の腕だけの泳ぎ(キックに意識がない)でも、それなりで泳げて来ちゃうのが恐ろしい・・・。
足は動いていても、根元(胴体)から動かしていないから、大会でも「キックをもっと打ちましょう」とか「タイミングが早いです」とか・・・。
今にして、何度も指摘されてた事の理由が理解出来ました。

キックに対してまったくの無意識か意識のし過ぎで空回りで、根元(胴体)から動かせてなかったので、
自然にタイミングが合うはずないのです。(泣)
キックを自然に意識出来るようになってきて、体に纏う水が今までと違っていると感じます。
確かに体全体で進んでいる気がします。
意識のポイントが違うだけでこれほどに感覚が違うものかと驚きました。
まだ自分の泳ぎになっているとはいえないし、これで本当に良いのかもわかりませんが・・・。
私は器用じゃないので、これから一つ一ついっぱい失敗しながら段階を踏んで行ければいいなと思っています。

昨日の書き込みの、神奈マスじゃなかったです。(汗)
神奈マスは募集が始まったばかり・・・。
コナミの長水路でした。スミマセン。

Re: No title

青子さん

私も腕だけ泳ぎ派です。キック練習は得意なのに、泳ぎにキックを生かせないのが、長年の悩み。

腕の動きに意識を向けちゃってるから、脚は無意識に動いていはいるんだけど、バランスをとるだけになってて、しかも、バランスが悪いから、イレギュラーなキックの癖がついてしまい(泣)
ダッシュでは、キックに集中すると、ときたま自分でもアッと驚く練習ベストが出たりするんですけど、じゃ、またキックを利かしてベストを出すわよ、と思って、がんがん打つと、疲れるだけで遅かったり(号泣)

腕の動き、それも、肩から先だけ、あるいは肘から先だけの動きや形を気にしていると、泳ぎがぎくしゃくするんですねー。
ずっと前に高野先生(八尋コーチのそのまた師匠格)に、「仕事をするのは手、力を伝えるのは腕、力を出すのは体幹」と教わったのですが、
手と前腕が、すごく大事ではあるんだけど(仕事をする部分、水を掻く部分)、だからと言って、手と前腕に意識が行き過ぎて、力んでしまうと、すごーくぎこちなくなる。
末端が水に力を与えるんだけど(だから、指を開き過ぎないこととか、手のひらの向きとかは、すごく重要ではあるんですけど)、末端が緊張するとまったくダメで。

そこが水泳の難しさだなーとつくづく思います。

これからは、体全体の動き(反復する動き)をイメージして、体幹に意識を向けながら(「おおっ、今 脇から胸が気持ちよくストレッチされているぞ」とかね)、まずおおまかな連動をつくってから、気になっている細かなところ(掻き終わりの手のひらの向きとか、骨盤底の締めとか)に注意を向け、またおおまかな連動に戻り、というようにして、泳ぎの改善をめざそうと思っています。

ストロークに連動してキックが入ってくれるといいですよねー。私はとくに、背泳ぎで、ピクピク痙攣するような細かな無駄打ちキック(脚が沈んでくると、誰もが無意識に入れるキック)がイヤで、太腿から入ってほしいです。そこは結構気にしてます。でも、振り幅はあまり大きくしたくないので、骨盤底をキュッと締めると、進みが違ってくるし、バランスも改善されます。意識せずともできるといいんですけどねー、なかなか。。。
キックだけの練習ではとくに、おまたキュッや内転筋を締めることを心掛けようと思います。たぶん、その積み重ねで、スタイルも良くなると思うんです。ナイスバディ婆ちゃんになりたいので。

コナミ、私は、50m自由形・バタフライと、混合メドレーリレーの背泳ぎ担当です。
50mバタフライは懲りずに、全年代を通じて、男女すべての参加者の中で、ぶっちぎりのビリの座を今回もキープしたいと思います。
メドレーリレーで、八尋コーチに引き継ぐので、今はなんとかタッチを合わせたいと、練習中ですが、本番ではあほなことになりそうな予感。ま、コーチはわたくしの力量をよくご存知なので、そんなのは織り込み済みでしょうが。

会場で青子さんにお会いするのを楽しみにしていま〜す^^
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。