FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近頃思うこと

 掻きがへただから、推進力をうまく作れない、水を上手に掻けるようになりたい、と考えていたわたくすですが、
 体幹を中心に、体全体を使って大きく泳ぐこと、
 泳ぎとは、自然にスムーズに連動する、リズミカルな反復運動であるってことを忘れないようにして、
 ときにはゆったり、ときにはダッシュで泳ぎつつ、
 その中で、手のひらの向きや、おまたキュッにも注意を向けましょう、という結論になりますた、ハイ。

 泳ぎに大切なメリハリ(緩急)は、基本的に、手が鳩尾から上にあるときはゆったり、鳩尾から下はすばやく。
 これは考えてみれば難しいものではなく、自然なメリハリなんだよね。
 立った状態で、腕を上げて、体の前を通して下まで落とし、体の横を通して上に戻すという腕回し(クロールのストロークの基本的な動き)をやると、重力がかかるので、自然と、手が下に落ちた時が最大加速ポイントとなる。
 体を前屈みにして、泳いでいるときのような状態でやっても(この態勢では、重力による加速は生まれない)メリハリをつけることは簡単です。
 じゃ、なぜ水中でできないかと言えば、一つには水圧がかかるから。
 でも、それ以上に、腕が力んでいることが大きい。いきなり力んで腕を後ろに動かすから、そこで大きな抵抗がかかり、急ブレーキがかかってしまい、最大加速になるはずの掻き終わりで減速してしまう。

 キャッチで力まなければ、フィニッシュの加速は難しくない。
 キャッチでは、体幹の筋群に張りが出るけど、腕は力まない。力んで水を押しちゃだめある。
 キャッチで力んで押しさえしなければ、加速して振り抜く動作そのものは難しくない(手のひらの方向付けは、すぐにはできないけど)
 だから、大コーチがあんなに「前はどーでもいい、へのへのもへじでもいい」とおっしゃってたんだわ。
 前で、腕が力んで状態で水を押しちゃうと、フィニッシュの加速は絶対にできなくなる。私だけでなく、筋力がある男性でも同じ。そして、フィニッシュを加速して振り抜かないと、効率的に推進力は作れまっせん。推進力が生まれるのはフィニッシュ(鳩尾から下、股間まで)です。 まずは加速ができること(すばやく振り抜くこと)が第一、それができたら、手のひらの方向の調整だす。
 以上、終わりっ

 さて、みなしゃま、スポーツでは、「より高く、より強く、より速く」と申しますね。
 スポーツ、とくに競技においては、勝者(できるヤツ)と敗者(できないヤツ)がはっきりする。
 人間社会では、何かと自分を他人と比べて優劣をつけ、上下関係が生じやすいですけど、競技スポーツにおいては、顕著に勝ち組、負け組みが分かれる(特にタイムレースではね)
 できない人は、劣等感をもち、速いヤツは天狗になりがち。
 わたくし、体を動かすのは大好きですが、スポーツの上下関係や序列意識は非常に苦手でごわす。速いからって、天狗になるヤツは男でも女でも好かん。ちょっとぐらいどや顔するのは、人間だから、かわいげがあるというか、ま、いいけど、ある競技の上級者だからと言って、初心者の不器用さを見て優越感をもったりするのは人間として最低。
 私の中にも、もちろん、水泳に限らず、他の面でも、自分と他人を比べるさもしい根性はあります。一生なくならないと思う。悲しいかな、わたしもヒトという動物ですから。初心者を見て、ヒサンな格好になってるなーと思ったりもします、ハイ。自分もかつてはそうだったくせにね。
 少なくとも、そういう意識が自分の中にあることに気づいて、恥ずかしいと思わないと。強者がぶいぶい言わせている世界では、それを恥ずかしいと思うことまで忘れ去られ、ちょっと速いヤツがエラそうな顔をし(本当に速い人はたいがい謙虚である)、初心者が必要以上に卑屈になるのがイヤだ。こういう世界、好かん。卑屈もイヤ、ゴーマンもイヤ。

 優劣の意識にガチガチにとらわれていると、水泳に限らず、何でも楽しくないよね。幸せになれない。
 劣等感がバネになる、向上心につながることもあるかもしれないよ。頑張るエネルギーになることも。
 でも、いつかは、そういう段階を卒業しないとね。

 探究心が向上のエネルギーになる。世間の評価はどうでもよくなる。
 その境地に達すれば、何でも面白くなる、何でも楽しめるよ。

 スポーツでも、勝つことがすべてではなく、探究することがすべて、という取り組み方、楽しみ方があっていいと思う。

 マイ水泳ライフは、その境地に達しつつあるでごわす。楽しくなってきたぞ、ホイホイ、と踊っているのは、そのためでごわす。
 こういうスタンスで、スポーツを楽しんでいる人は、まだ少ない。

 勝つこと至上主義か(競技指向派)、さもなければ、ダイエットのため、またはストレス解消のために、ただ体を動かす(健康指向派)かの二つに分かれている。

 第三の道と申しましょーか、より良い動き、より効率的な動き、より気持ちよい動きを探究していく、体と向き合い、自分の中に眠っている未知の可能性を探り、発見していくーー
 そんなスポーツの楽しみ方もあるのでごわす。わたしが水泳に夢中になり、より良い泳ぎを探究することに夢中になっているのは、そのプロセスが面白いからでごわすごわす、というわけでごわした。



スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。