07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体で泳ぐ

 わたくすの水泳研究もいよいよ佳境に入ってきますた。

 最近の重大気づきまとめ

●ストロークのメリハリ(緩急)は、手が鳩尾から上にあるときはスロー、鳩尾から下ではすばやく

 *掻き終わりに手が止まると、重心が後ろに残る。

●キャッチは、投球動作におけるトップと同じ。

 キャッチ時に背中、胸の筋肉および腱が最も引き伸ばされる。この腱のバネ(伸びたものが縮む)を使って水を掻く。
 キャッチ時には体幹の筋肉の張りを感じますが、ここで腕に力を込めて水を押してはいけまっせん。フィニッシュの加速ができなくなる=効率的に推進力を生めなくなる(ファイアーファイターさんが、キャッチでは「そっと水を抱え込む」と言っていたのは、このことである)

●ストローク動作全体を通じて、腕は終始リラックスしている。胴体の動きについてくるだけ。前腕で水を掻く意識をもたない。

 以上


 クロールは胴体の右半分/左半分が交互に前に出ていくイメージで泳ぐ。体で水面にかぶさっていくように。まさに這っている感覚。
 泳ぎながら、以前にもこういうイメージで練習したことがあると思い出した。やっぱ、これだね。
 胴体で泳ぐことで、腕が自然についてくれば、ほぼ私が掻きたいラインを、すばやく掻いて振り抜ける(細かな調整は、追々やるつもり)

 鳩尾から股間まで、前腕ですばやく水を掻くことによって、体が前に進む。
 しかし、前腕で水を掻く意識では、すばやく掻けない。
 意識は胴体に向けて、腕はリラックスさせること。

 普通のスピードでは、体を使って泳ぐことで、ストロークに伴って、キックがいい感じで入ってくれるようになった。
 ダッシュでも、爆裂キックが勝手に入るようになってくれたらいいんですけどね。
 今はまだダッシュでは、意識してキックを打ちまくっている。これが勝手に入ってくれるようになったら本物だ。

 クロール以外の3泳法も、体を使って(腕はリラックして)スムーズに泳げるようになりたし。
 
 バックは、胸のストレッチは気持ち良く感じるけど、スピードが上がったとか、掻き数が減った手応えはまだない。とくにダッシュは、依然としてモタモタ感がある。上半身と下半身が今いち噛み合ってない感じ。

 バタフライ、平泳ぎも、まだスムーズとは行きません。体を使うことを意識するあまり、ちょっと不自然な感じになっているかも。
 練習しているうちに、だんだんなじんでくると思う。
 

スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。