FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めざ上

 今日の「めざ上」は、於・月島スポーツプラザ
 有楽町線の月島駅を出てすぐです。中央区のプールは公営でも石鹸・シャンプー使用可なのが嬉すぃ。
 飛び込み禁止なのは悲すぃ。

 まあ、でも、ゆったりとネ。
 なごやかムードで練習しますた。

 前半は4泳法を共通テーマで。
 本日はキック。

 ブレは、わたくしは、蹴り終わったら、まっすぐ伸ばーす意識で。

 バタフライ、背泳ぎ、クロールは
 振り幅を調整

 足首の力は抜いて。
 足の甲で蹴りますが、足首はぶらぶらに脱力して、自然に内股気味になるように。

 根元から動かすと言っても、根元の動きが大きいと、末端の動きはさらに大きくなるので(ムチの原理。プラスチックの定規の端をもって、振ってみるとわかります。小さく動かしても、先端は速く大きく動く)

 根元はしっかりと固定する必要がある。と言っても、動かないわけじゃないです。

 骨盤を閉じ気味にして、内股気味に、骨盤底をキュッと締めて、振り幅狭く、
 軽く、すばやく、しなやかに。



 後半は、壁を蹴っての下からスタートでタイムどり&泳ぎを見てもらいまひた。

 クロール(あまり力まないように、ダッシュした)
 20秒5
 右手入水時に、足がぴたっと止まり、そのときに脚が開いてしまう癖。これが直らないなら、逆にこの動きを生かす方法を編み出したらどうかですか、と言われた。
 まずは、脚が開いていることに自分で気づくかどうか、自分の泳ぎを観察しなさい、と。

 そこで、2本目は、25mの半分まで、ダッシュしながら観察。そして、ふと気づいて、なんとなく感覚的に調節したら、スピードが出てきた感じで、「おっ、いいんじゃない?」と思って泳ぎ終わった。
 タイムは20秒9だったけど、コーチも、途中からの泳ぎはよかったとおっしゃった。


 あとで考えて気づいたんだけど、単純に、止まらずに動くようにしただけだと思う。
 たしかに、右手入水時に脚が一瞬ぴたっと止まる感じがあったので、そこで止まらず、動かした。
 そしたら、いい感じになりますた。

 教訓:止まらずに、動こう。

 今日は、どっちかと言えば、ストロークでリズムを作り、脚が勝手に動いてくれるよう(お祈りして)泳ぎました。上体に連動して、勝手によいキックが入ってくれるといいなぁーと、思っている今日この頃。
 しばらくこの線を追求するつもり。ただし、脚が止まらないようにすることだけは意識しよう。


 残り2本は背泳ぎにしますたが、てーんでダメ子だった。

 1本目はテンポを上げてがむしゃらに泳いだら、驚くほど遅かったので、
 2本目は若干落ち着いて泳いだところ、さらに遅かった(とほほ)

 この激遅ぶりは、壁蹴りスタートのせいと思いたい。先週は久々にタイムを戻したのに、今日の遅さはなんじゃらほい。

 コーチ評では、キックはよい、と。脚もよく浮いている、と。
 わたすも、キックはいいと思いまふ。
 プルが力んで棒搔きになり、手のひらの向きがものすごくあほらしいことになっておるらすぃ。

 練習のときは、プルでスィースィーと進んでおる(気がする)のだが、
 浅くワイドなプルに変えて、よくなったという手ごたえがあるんですけどねぃ、、、、

 どーも、速く泳ごうと思うと、背泳ぎのプルは極端に力んじゃうみたいだ。クロールは、体の下を通して回す感覚だから、テンポを上げても(「力まないようにしよう」と自分に言い聞かせていれば)、そうガチガチにはならないんだけど、

 背泳ぎは(今の私のプルでは)、腕を横に伸ばして、体の横をサーッと搔くので、ガチガチになりやすいみたいだ。急ごうと思うと、腕が頑張っちゃう。そして、腕が頑張っちゃうと、手の向きが悪くなり、疲れる割に遅くなる。

 コナミのリレーは、勇気をもって、ゆったり泳いだほうがいいかも。

 でも、ゆったり気持ちよく泳ぐと、ほーんとに遅かったりするから、それもまた怖いしぃー

 困った。

 慌てずに、なおかつ、のんびりし過ぎない、ちょううど良いテンポを見つけなきゃ。

 それと、速く泳ごうとするときも、腕がガチガチにならないように、テンポを上げても、いい泳ぎができるように(せめて、自分のクロールのダッシュ程度には)

 練習しなきゃねっ!!

スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。