FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現時点での私の背泳ぎ

 背泳ぎでは、私は今、ワイドに浅く掻くようにしています。
 入水後、手のひらをプールの後ろの壁に向ける(指先は横の壁に向く)
 羽ばたくように、サーッと掻く。若干深い所から水面に向かって掻く。
 そして、最近気づいたのは、最後まで手のひらを後方の壁に向けて掻き終えたら(腕が体側につくまで掻くと無駄になる。太腿から手が30センチ以上離れた所が掻き終わりです)
 手のひらを下に向けること。
 親指側が下になるように捻ったりせず、ただ素直に、水面に手を浮かべるように、下に向けて、そのまま抜き上げる。
 親指側に捻ると、手の甲に乗った水を持ち上げるような動作が入り、抜き上げがもたつきます。素直に、自然に、下に向けるようにして抜き上げたら、無駄がない。

 私は以前に、大コーチに教わって、カヌーというドリル(背浮きして、ビート板で水を掻いて進む)をやったときから、
「水を後方に押したあと、水門を開けてやると進む」と体感していました。
 ビート板を水に垂直に立てて、押してやったあと、ビート板を水面と平行に寝かしてやると、ビート板の後ろに集まっていた水が一気に流れて(水門を開けたように)、そのときに体がぐーんと進みます。
 押すことよりも、「塞き止めていた水を流す」ことのほうが大事かもしれないと思った。

 背泳ぎの掻き方でも、ラストに手のひらを下向きにすることで、水門が開いたように、手の甲で塞き止めていた水が後方に流れます。ここがミソではないかと、私は考えています。

 水泳の本などに書いてある、オーソドックスな背泳ぎの掻き方では、
 肘をしっかり曲げ、前腕を立てて、体の近くを掻き、最後にお尻の下に水を押し込みますね。
 このやり方では、抜き上げが難しい。
 抜き上げ時の手のひらの使い方で、さらに推進力を得る、などというセオリーもあるようです。
 できる人は、もちろん、トライすればいいと思います。

 しかし、私は、浅くワイドに羽ばたくように掻いて、手のひらを下に向けてあっさり抜き上げるやり方が、シンプルで自分に合っていると、今の段階では感じています。

 リカバリーの軌道は、私はもともと
 右手は、いったん中に入って(左に向かって)から、外に向かうようなラインを通し、
 左手は、体の外側を(両手でやれば)ハの字に開くように戻していました。
 これは、左腰が下になるときの体の傾きが大きく、逆側が浅いせいだと思います。
 体の傾きが大きい・小さいは、自分のやりやすいほうを選ぶなり、距離によって使い分けるなりすればいいと思いますが、
 今の段階では、私は長い距離でも、浅くワイドに掻きたいので、体の傾きを抑えたほうが好都合です。
 なので、左手のリカバリーの軌道は今まで通りで、右手のリカバリーを意識して外に開くようなラインに修正することで、左腰が下になるときのローリングも抑えようとしています。
 リカバリーの軌道に気をつけることで、入水直前に右肘が曲がる癖、右手の入水が中に入りがちな癖を修正できると考えています。

スポンサーサイト

No title

>肘をしっかり曲げ、前腕を立てて、体の近くを掻き、最後にお尻の下に水を押し込みますね。
>このやり方では、抜き上げが難しい。

腕を回すようにして抜くと、抜き上げが難しいかもしれません。
まず肩を水上に出して、注射針を抜くように引き抜くと抵抗がないですよ~。


Re: No title

うみのいえさん、私は、前腕を立てて体の近くを掻くオーソドックスなプルは、採用していません。お尻の下に押し込む意味がわかりません。何か、いいことあるのかな?

抜き上げにくいから採用していないのではなく、そもそもこのプルは、私には上手にできません。
マスターズスイマーで、このプルが上手にできている人、私は今までに一人しか見たことがないです(女性でめちゃくちゃ速い人)。ほとんどの人が、浅い所から深い所にまっすぐ押し込むような掻き方になっています。手をいったん深く下げて、前腕を持ち上げて、捻りながらまた下げてフィニッシュ……なんてことがちゃんとできている人は、まずいません。

私はとりあえず、ワイドに浅く掻くシンプルなプルが気に入っています。これなら、私にもコントロールできます。で、その中でも、無駄な動作をなるべくなくそうと思って、工夫しているしだいです。

今日の練習で気づいたのは、やっぱ大事なのはお腹だなってこと。
私はいつも、ししゃも姿勢を意識して、プールまで歩いて通っています。
背泳ぎでも、いつも姿勢を意識しているつもりだけど、今日はさらにお腹に意識を向けて、コアを締めてみたら(気持ちお尻を落とした舟底型になります)、プルとキックが自然に連動して、いきなり進みが良くなりました。やっぱり腕と脚はお腹でつながっている、お腹が結節点だなと、実感しました。
私はお腹で水が掻ける感じだと、一番しっくりきます。

うみのいえさんへ、追加

オーソドックスなプルだと、掻き終わりに、手がお尻の下(横)にあり、親指側が下になってるでしょ。
水中で手のひらをいったんクルッと返して、親指側を上に向けて、水を切って抜き上げますよね(もちろん、肩から上げる意識で)

掻き終わってから、水中で手のひらをクルッと回す動作、親指側から水を切って抜き上げる動作は、無駄じゃないの?と思ったんです。器用な人は、クルッと回す際に、さらに推進力を作るそうですが。

ま、私はそもそもオーソドックスなプルは、うまくできないんですけどネ。で、このプルはだいぶ前から却下してます。

ワイドな浅掻きだと、掻き終わりには、手は水面近くにあります(お尻の下に水を押し込まない)
そのとき、つい今までの癖で、前腕を捻って、親指側を下に向けていたんですけど、
捻らずに、手のひらをプールの底に向け、そのまま素直に上げたら、無駄がないし、さらに簡単だと気づいたというわけです。

今やわたすは、教わったことができないから、悩んでいる段階ではなく、
教わったことや常識にこだわらず、自分のできるやり方を採用し、
その上で、できるだけ力を使わずにできるだけうまく推進力を得ること、無駄をできるかぎりなくすことを考えている段階です。

背泳ぎ

こんにちは!

私もかずんこさんと同じように掻いています
ほんの2-3か月前に教わって、これまでプルでできなかった
こと(抜き上げが遅い、左右の深さが違う等)が解決しました。

今は練習中なのでずが、プルがシンプルな分、体幹に
神経を集中できて、いい感じになっています。

次はキックを改善しないといけないのですが
背泳ぎが楽しくなってきています。

レッスンの時に他人と比べて落ち込んだり、妙に得意に
なったりしてしまいます。
水泳は精神修行でもあるんだなーと思います

楽しく、少しずつ上手になれればと思っています

Re: 背泳ぎ

ひらりんさん、こんにちは!

ひらりんさんも、このやり方ですか。

これ、最近のはやりみたいです。今日、「めざ上」で八尋コーチがおっしゃってましたが、このやり方がフィットする人もいるし、従来のやり方で、ローリングの傾きが大きくても速い人もいるし、

要は、自分に合ったやり方でいいってことですよね^^

私は長年、体をしっかり傾けて、肘をしっかり曲げて、体の近くを搔こうとしていましたが、意識している右手はへたくそで、自然に搔いている左手のほうがよくて……苦心惨憺、試行錯誤の末、こっちを採用しました。

もちろん体は傾くけど、傾く角度が抑えられて、テンポも上げやすいし、
何より、シンプルで、コントロールしやすいのがいいですよねっ!! 気に入っています。

でも、タイムは。。。。
一回だけ、このワイドな浅い搔きで、夢の練習ベストがたてつづけに2本出たことがあって、私はこのプルのほうが速く泳げるっていう確信はあるんだけど、その後、なんだかなぁーのタイムが続いています。

でも、気にしない、気にしない。練習を続けていけば、体で何かをつかめるときがきっと来ると思います。

楽しく、少しずつ。
そうですよね!! 気長に、楽しくやっていきましょー^^
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。