FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は2部練でした。

 昨日は仕事が少なかったので、午前中の「めざ上」(於・月島)と、夜の「飛び込み練習会」(於・東体)、両方とも参加できた。
 うちに帰って、ビールを飲みながら、ごはんを作って食べたら、眠さマックスになって、ブログを書かずに寝てしまいました。

 「めざ上」は珍しく参加者が少なかったので、後半にバタフライ3本と平泳ぎ3本、クロール1本、合計7本、タイムをとって泳ぎを見てもらえた。

 バタフライは楽に泳げるようになってきたんだけど、力み/硬直癖が出ないか心配で心配で、はらはらドキドキ。
 私の場合、腕が力むことが自滅の元凶。
 
 以前は、(200M完泳をめざして)楽に泳ごうとして、キックをさぼっていた。キックが弱いから、無意識に腕に頼ろうとして、腕が力むのだと気づき、今はキックを普通に打っている。とくに第二キックがプルの補助になることに気づいて、第二キックは意識して入れている。
 私の場合は、第二キックを意識的に入れることで、プルが楽になった感じがある。でも、キックさぼり時代の癖で、ともすると腕が力んでしまう。腕が力むと、体が硬直して、第二キックが入らなくなり、地球上の70億人中、わたくししかできない左右いびつなイップス泳ぎになる。

 イップス泳ぎは封印したい(悲願)

 昨日はコーチと話し合いながら、プルのやり方を探ったけど、3本だけでは結論出ず。
 今日も研究して、木曜のレッスンのときにまた話し合ってみるつもり。

 昨日、わかったのは、掻きの前半ではなるべく水をとらえないよう、なるべく力を入れないようにしていても、普通にしていたら、肘が立って、水が掛かってしまうということ。
 それだと、掻きの前半で推進力を作っていて、後ろでは、無意識に水を切っていることがわかった。

 それでも、いいんですけどね。だけど、力んでいないうちはいいけど、掻きの前半で推進力を作るパターンだと、バテてくると、力みだして、イップス泳ぎになるばかりでなく、体が立ってしまう。

 私がフィニッシュで推進力を作るプルにこだわるのは、体が立たないようにするためなんです。

 なんで、こう悩むかと言えば、
●私の筋力はたかが知れている(中途半端に力があるから困るんだけど)
●25Mなら、別に問題はないのよ。
 ただ、50Mの後半、さらにその先、バテてきても、力まず(いや、ちょっと力んだとしても、立て直せて)、100Mを楽にスムーズに泳げるようになりたい。

 今のところ、バタフライでは、速く泳ぐことよりも、100Mを力まず、楽にスムーズに、というほうが、私には重要。それができてから、私なりにもう少し速く、をめざそうと思っています。

 この考え方は、すべての泳ぎに共通です。
 まず、楽にスムーズに泳げることが第一で、その次に、自分なりに(人と比べない)もうちょい速く泳げる方法を探る。他の3泳法は、第一目標をクリアしているけど、バタフライはなかなかクリアできませぬ。

 言い換えれば、10分くらいかかっていいから、4個メが、楽にスムーズに気持ち良く泳げたら、4泳法の基本はできたということで、その後は、それぞれの泳法を「自分なりにもうちょっと速く」泳ぐ方法を探る、つまり終わりなき探究の段階に入ることになる。
 わたす、10分かけたら4個メ泳げますが、バタフライだけは、100Mが楽に泳げたのは、今まで3回のみ。それ以外は、ラスト25なり、50なりが、根性泳ぎになった。まぐれの3回を「いつも」にしたい。
 そのために、ずっと悪戦苦闘しとるわけです。希望はほの見えておるのだが。。。

 平泳ぎは、終わりなき探究段階に入っております。
 自分なりにもうちょい速くの、自分なりレベルが、世間レベルに比べ、たいへん遅いけど。。。気にしないのだ。
 昨日は3本の中で、いろいろ気をつけたけど、3本目を泳ぎ終わったときに、コーチが「(何もアドバイスしていない)1本目の泳ぎが一番よかった」とおっしゃって、ずっこけた。

 ま、そりゃ、言われたことを意識して泳ぐと、すぐにはうまくはいかないわね(応用力のなさが露呈される)
 それでも、言われたことのうち、
 蹴り終わったとき、お尻(おまた)をキュッと締めることは、これからも忘れないようにしたい(すぐ忘れる) それと、もうちょい速くするためには、やはりリカバリーの抵抗減らしが、当面の課題だ。掻き込みがうまくできないのが悩みなので、そこを改善して、プルでも進むようになりたいと思っていたけど、それは難しいので、まずは、リカバリーの改善のほうが先決だ。

 飛び込みは、前回ファイアーファイターさんのアドバイスで、手先の向きを変えたら、ちょっと飛距離が延びた感じがあったけど、今回はそこまでできなかった。
 いつもながら、とっさに顎を強く引いてしまうので、深めに入ってしまうんだけど、「深く入ってもスムーズに浮き上がればいい」とコーチに言われた。フリーのときでも、ドルフィンキックを3回くらい打つか、バタ足で上がってきたほうがいいか、今度の日曜と、来週にも「飛び練」があるので、研究してみよう。
 飛距離をもうちょい延ばすのも課題だけど。深く入ってもいいじゃんという考えで、しばらくは浮き上がりにフォーカスしてみよう。
 
 
 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。