FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン

 バタフライお悩み相談室みたいなレッスンとあいなりました。てか、毎回そうなんだけどね。

 なんで堂々巡りをしてるのか……って話になって、
 いっそ、しばらくバタフライの練習をやめてみたらどうですか? なんて話も出ました。

 で、結論。

 やめませぬよ。練習したいし。泳ぎたいもの。でも、考え過ぎはやめる。とりあえず、プルはもう悩めば悩むほど、底なし沼にはまるばかりだから、プルについては当面いっさい考えない。

 コーチといろいろ検討した結果、やはり私は、第二キックをしっかり踏み込むこと、これがカギ。

 自分では、掻き始めに膝を曲げればいいと思ってたけど、それでは十分ではないことがわかった。
 以前は伸びたまま突っ張っていた右脚が、今度は膝が曲がったまま、じっとしている状態になっていた。。。

 しっかり踏み込まないといかん。
 相当しっかり踏み込む意識でも、まだ右脚は十分動いていないらしい。
 でも、まあ、私なりにしっかり踏み込めば、全体的に泳ぎはよい感じになる。
 膝を緩めることより、むしろ、振り下ろして、膝をしっかり伸ばすことを意識したほうがよい。

 ピシィッ!! これだけ。
 ストロークのフィニッシュのシャッとかは、今は考えない。
 ピシィッ!!ピシィッ!!と心の中で叫びながら泳ぐべし。

 第一キックを腰を使って大きく打つ意識でも泳いでみたけど、私の場合は、第二キック中心のほうがしっくり来る。体がやや立ち気味のポジションになるけど、ピシィッ!!がしっかりできていれば、バランスも安定する。

 人によって違うと思います。第一キックを大きく打ったほうがいい場合もあるし、第二キックを強く打ったほうがいい人、プル中心のほうがいい人、用途(短距離か中距離か)によって、また体型、感覚、はたまた好みその他によって、フィットする泳ぎは千差万別。

 だから、Aコーチは第一キックを強く打てと言うし、Bコーチは第二キックを強くと言うし、もう何がなんだか、わかりませんってことになりがちだけど、どれが正解ということはないのよね。

 人によって違う。その人に合った泳ぎ方がある。

 ワタクシの場合は、第二キックです。こいつが、ばらけておったから、いろいろ大変だったので、相当意識しても、まだばらけるんだけど、とりあえずピシィッ!!ってやれば、だいぶまともな感じになる。
 コーチが「その泳ぎなら、安心して見ていられる」って今日もラストにおっしゃった。
 この台詞、今までに何回も言われていますが、そう言われて、一週間後にまた、あらあらあら……ガックリ、みたいな堂々巡り。

 今度こそは、次のレッスンでも、あらあらあら、ガックリはなしにしたい。
 次のレッスンって、来週ですけど。また「安心して見ていられる」と言ってもらおうじゃないのさっ(鼻息)。
 って、気負うと、またどつぼるんだけど。

 バタフライは、クロールや平泳ぎとは違う、やはりハードな泳ぎだって、割り切ったほうがいいってことも、今日コーチと話して思いました。いつでも、どこでも、余裕で100m200m泳ぐというようには、まずならない。100m200m泳ぐにはある程度覚悟がいる。そういう泳ぎなんだよね。

 ま、だけども、わたすのバタフライについては、もっと楽に泳げるようになる余地があると思うよ。

 第二キックのピシィッ!!が板についてくれば、だいぶ楽になるんじゃないかと思う。
 そしたら、「へただけど泳げますよん」ってことになる。てか、今でも、泳げますよん、なんだよね。理想が高過ぎるだけで。泳げてはおる。100mも150mも、ぼろ雑巾のようになりながら、泳いだ。200mはまだよ。一生ないかもよ。あるかも。わからん。

 決死の覚悟さえあれば泳ぎ切ることはできるんだから、また100mも出ようっと。ぼろぼろになってもいいじゃん。
 大コーチも、100mのラスト10mくらいは、いつも腕が上がらなくなるらしい。
 ラスト15、10mに恐ろしい事態になることは、織り込み済みでないと、バタフライは泳げないってことだね。
 そのとき、それこそ、エネルギーの備蓄というか、体力の余力がものを言う。それは誰だってあるんだから、「もうだめだ」と思っても、意外と最後まで持ちこたえられるものなんですよね。わたすのような根性なしでも、恐ろしい事態に何度も遭いながら、乗り切ってきたではないの。世間体は非常に悪いけど、考えてみたら、そんなもん気にすることないわね。誰も私がバタフライの達人だなんて思っていませんよ。何を気にしていたんだろ、わたし。

 ともかく、ピシィッ!!で、がむばります。

 で、あとちょっとの残り時間、昨日練習した平泳ぎを見てもらったら、苦笑された。。。

 私が、こうやったら、脇が締まって、カッコよく体が持ち上がるんじゃない?って思ってたことは、ハズレでした。

 でも、「ブレストは悪くないよ」とも言われた。
 たいへん遅いんだけど、ま、水泳教室のおばさんスイマーレベルでは、そんなにへたくそじゃないみたいで。バタ王様にも、何年も前に、「平泳ぎはへんな癖がなくて素直でいい」と言われたし、ブレスト専門家の草野コーチにも、去年の習志野の半ブレは「きれいに泳げていた」と言われたし。。。
 マスターズの平泳ぎおばさんたちと比べると、ぶっちぎりに遅いんだけど、懲りずに出続けよう。
 忘れた頃に、何かをつかんで速くなるかもだし。速くならなくても、出たいから出ようっと。

 今日のレッスンの教訓 平泳ぎのプルも、形にとらわれないこと。「水着が違うだけで、バランスが変わって、調整が必要になるから、形にこだわらないほうがいい」と、コーチに言われました。

 平泳ぎは、基本、伸びとキックが私の持ち味(キックの威力が今いちなのは悲しいですが)

 バタフライは、第二キックのピシィッ!!で泳ごう。


 

 
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。