04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ

 泳ぎがスムーズで安定しているときと、自分でも凄く泳ぎにくくて困るとき、

 ここ一年以上、この2パターンがそのときどきで現れ、ちょっといいかなと思って(そういうときは、コーチにも「よくなった」と言われる)、めでたし、めでたしと思っていると、またどつぼる、の繰り返しで、何がスムーズに泳げる決め手かわからなかった。

 もちろん、究極は、リラックスしているかどうか、ですけど、リラックスしよう!と思っても、いい感じでリラックスできるときもあるけど(大コーチマジックが利いたときなど)、体のどこかが無意識に緊張してしまうときも多々あり。。。

 プルのやり方が決め手かなと思って、
 調子のいいときのプルを再現しようと思って泳ぐと、「あれれ? なんだか調子悪いよ??」だったりする。

 そういうときは、腕に意識が行ってるから、第二キックがばらけていたんですな。

 つまり、決め手は、プルのやり方ではなく、第二キックだったってこと。

 プルは、前に伸ばしている腕をそのまま下に下げてしまうと、腕全体に水が当たるので負荷が大きくなるから、後ろに引いて抜くようにすれば、水がちょっとしか当たらない(=楽に回せる)ちょっとでも水が当たれば、推進力は生まれるので、前に進む。つまり、プルは肘を曲げて後ろに引けばいいだけだ(少なくとも現段階ではね)

 私は何の泳ぎでも、プルを意識していると、必ずキックがお留守になる(最近は、お腹を意識していると、プルとキックが連動してくれる感じがあるけど、それはクロールと背泳ぎの場合であって、両手ものでは、まだそういう感覚はわからない)

 よって、プルは忘れて、キックに集中したほうが、確実に毎回スムーズな泳ぎが実現しやすいということだ。

 私の場合は、キックに集中していないと、第二キックが大きくばらける。集中していてもちょっとばらける。少なくとも、ちょっとばらける程度にしないと、スムーズに泳げないばかりか、泳法違反になる。リカバリーの手が左右で違ったりすることよりも、こっちのほうがルール上は問題だと、コーチはおっしゃる。バタ足を打っているように見えるから、と。

 だから、何にせよ、第二キックの大きなばらけは、直さないといかん。
 しかも、これを直せば、私なりのスムーズな泳ぎが実現するようだ。

 ただ、バランスが安定する、スムーズになる、と言っても、その泳ぎが100mもつかどうかは、保証の限りではない。

 バタフライは技術レベルが非常に高くても、体力がいる泳ぎだということだ。

 ただし、へたくそで体力をむやみに消耗している段階では、もっともっと楽に泳ぐことができるよ、ということ。

 男性では腕力で泳いじゃっている人も多いんだよね。それだと腕が疲れる。
 けど、どっかでは、力を使わないといけない。バタフライってそういう泳ぎなんだ。体重移動のために、何らかのインパクトというか、きっかけが必要なんだわ。だから、自分が力を発揮しやすいポイントで、惜しみなく使ってやる(と言っても、意外と小さい力でOKよ)のがコツだ。ただのゆるゆるではダメってこと。どこで力を発揮するかだ。そのポイントが人によって違うんだ。

 事情が見えてきた。
 まずは第二キックのばらけ抑えから、やっていきますよん。

スポンサーサイト

体調

バタフライは特に アップが完全にできていて体調が良い時は

本当に軽くスムーズに進みますが 体調が悪く アップもあまりやっ

てない状態では 泳ぎまで 変になりますので 日によってアレ???

と思われる事が多いと思います 私はドルフインキック 特に水中

ドルフインキックを やった後は 体がスムーズにうこくような感じがし

ます キックがまだ下手なせいかも?e-259

Re: 体調

大ベテランのrockyさんでも、そうなんですか。。。

たしかに、バタフライ専門のトップ選手でも、後半バテてからの泳ぎは別人のようにブザマ、ということがありますからね。
大コーチも、マスターズの大会で200mを泳いだときは、ラストにリカバリーの腕が上がらず、クワガタ虫みたいになったそうです。

とても泳ぎが上手な元選手に、「バタフライを泳いでみせて」と言ったら、「いや、今、バタフライはおかしくなっているから」と言われたことがあります。このレベルの人でも、泳ぎがへんになったりするんだなーと思いました。私は、しょっちゅう「バタフライがご病気ですぅ」の状態になってますが。

それだけ微妙なバランスが影響する泳ぎなんでしょうね。

未熟者のわたくしは、1つのことに注意すると、他が抜けてしまいがちで(泣)
昨日は、第二キック、第二キックと思って泳いでいたら、やたら忙しくて、そのうちハッと気づきました。第一キックを忘れていたんです。。。

やはり、第一、第二とも入れないといけませんね。

試しに、第一キックのみのワンキックフライも泳いでみましたが、掻き数少なく、ゆったりと泳ぐには、非常にラクな感じがしますね。ただ、潜水時間が長くなるので、私は、やはりこの泳ぎはしっくり来ません。たまに遊び感覚で泳ごうと思いますが。

第一、第二とも入れて、フラットに泳ぐと、軽いスムーズな泳ぎであっても、やはり長い距離は泳げませんね。

高齢者や女性が長距離を泳ぐには、第一キックのみで潜るか、または、何か特別な、その人独自の変わったバタフライを編み出すしかないな、と思いました。

私は、第一、第二とも入れて、フラットに、軽くスムーズに泳げるようになることをめざしたいです。
調子のいいときは、そこそこできているので、確実に身につけたいです。

やはりキックが課題かなと思っています。大コーチにもよく言われるのですが、森隆弘さんにも、「もっと膝を曲げて」、と言われました。でも、膝を曲げることを意識すると、抵抗が大きくなる感じもするので、自分に合ったキックを探るつもりです。これはフリー、バックにも共通です。

親指の端のみくっつけて、膝を曲げた時には、膝が割れ(離れて)、打ち下ろしたときに、太腿が閉じて、膝の裏側がしっかりと伸びるようなキックにしたいです。

あとは、第一キック〜伸び(浮上)は、無意識にできるので、
ストロークと第二キックの連動、そして、このときの体の使い方(胸の開き/すぼめ)
これを陸上でもしっかり練習し、水中で再現できるようにしていきたいです。
ただ、腕と脚の動きのタイミングを合わせる、というより、体幹の動きでリズムがとれるようにしたいと思っています。

長距離を泳ぐとか、短距離でテンポを上げるとか、それは今は置いといて、

まず、できかけている軽くスムーズな泳ぎ
この泳ぎを25m〜35m持続できること、試合でもこの泳ぎができること、
それを目標にします。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。