FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考えるスイマーかずこ

 私は、暇さえあれば、泳ぎのことを考えていて、考え過ぎじゃないの、なんて言われるんですけど、

 数年前に、考えて、わかって、実際にやってみたら、うまく行ったことがあります。

 夜おふとんの上で、背泳ぎのストロークについて、すごーく考えた。
 オーソドックスな背泳ぎのプルなら、おふとんの上に仰向けに寝た姿勢では、再現できません。手が畳にめりこまないかぎり。または、体を横にしないかぎり、おふとんの上でのエアスイムはできない。
 なぜなら、オーソドックスな背泳ぎのプルは、入水後、手のひらを下に向けて、うんと深く手を下げるから。
 そこから、手のひらを上に向け、前腕を持ち上げてきて、前腕を捻って、また下に押し込むという、立体的な軌道なので。

 でも、ワイドな浅い掻きは、平面的なプルなので、おふとんに寝た姿勢でも、再現できます。

 で、この姿勢で、手のひらが後ろの壁を向くようチェックして、「ああ、こうすればいいいんだ!」と思ったんです。

 その翌日、「めざ上」で、背泳ぎ専門の小川コーチと大コーチの二人コーチ体制で、タイムをとってもらったら、小川コーチウォッチで25M22秒前半、2本目は大コーチウォッチで22秒後半だった。
 大コーチはあっけにとられたような顔をしていた。
「何を変えたんですか」「ゆうべ、おふとんの上で悶々と考えたんです、それで、どうやったら手のひらがプールの後ろの壁を向くかわかりました」

 わたす、練習のタイムどりで、背泳ぎの25Mはダッシュしても27秒とかのときもあるの。よくて24秒台。それがいきなり22秒が出たんだから、コーチは驚くよね。

 おふとんスイムでの気づきは、どんびしゃりだったんです。

 ただ、残念ながら、その後また、右手がもとの掻き方に戻っちゃったみたいで、一時期「安定して23秒台が出るようになったね」などとコーチと話していたのに、そこからずるずる落ちて、最近は24秒台が出れば、赤飯炊いてお祝いするようなありさま。。。


 でも、この経験から、私は「やっぱ考えよう!」と思ったんです。
「あんた、考え過ぎじゃないの、考えているから、遅いんじゃないの」なんて言われるんだけど、人の言うことは気にしない。自分のやり方でやろう。

 もちろん、考えながら泳いでいたら、ぎくしゃくするし、うまく行きませんよ。
 でも、陸上で、手のひらの向きとか、体の使い方とか、徹底的に考えて、エアスイムをして、水中で試してみることは決して無駄ではないと、私は思う。

 ハズレのときもあります。最近では、クロールのプルで、体の外側をまっすぐ掻いたらいいんじゃないかと思って、やってみたら、呼吸が入ってないときはよかったんだけど、呼吸を入れたとたん、掻きの後半で、内側に水を押し込むようなことになり、「水を巻き込んでいる」とコーチに言われますた。
 これは失敗例。でも、この実験をやったおかげで、ハッキリわかった。
 バタフライは、体がずっと伏し浮き状態だから、体の外側をまっすぐ掻いても問題ないんだ、クロールは体が傾くことを考慮しないといけないんだ、と。

 以来、クロールは体の下をまっすぐ掻くようにしています。
 先日、平泳ぎのプルで、考えたこともハズレだった。で、さらに今、修正版を研究中。

 私は以前は、どうしたらうまく泳げるんだろうと、答えを求めて、水泳の本を読んだり、映像を見たりしていた。
 でも今は、そういうものは、多少参考にする程度。

 A選手の感覚ややり方、Bコーチの感覚や表現ややり方が、必ずしも自分に合うとは限らないことに気づいたからです。
 正解は、人に求めてもダメだってことに。
 速い人の感覚や言葉は参考にはなるけど、それが私にとっての正解じゃない。

 私は、平泳ぎでは、どうも自分にはアウトスウィープはいらないんじゃないか、と考え始めている。こいつをやるから、掻き込みができないんじゃないの、と。いったん外に開かず、いきなり肘を立てて、自分のほうに引いてきて、それも深く引かずに、ちょっとだけ肘を寄せたら、そのまま戻せばいいんじゃないのって試し始めたところ。
 わたすのオリジナル。でも、実際それで進む。あとは体の使い方によって、胸に水が当たって前方が波打っちゃうことがあるので、それをなくすのと、キックとのタイミングを探ること。

 こういう試行錯誤をやっていると、平泳ぎの練習が面白くて、気づいたら何本も泳いでましたってことになる。これが私の練習法です。25mを何本泳ぐってことが先ではない。探っているうちに、何本になっちゃいました、という感じ。納得が行くまで探ると、延々と時間が許すかぎりプールにいて、疲れ果ててしてしまうので、ある程度で切り上げますが。

 頭で泳ぐんじゃない、体の感覚で泳ぐんだ、あれこれ語っているかずんこはバカだ、だからいつまで経ってもへたなんだ——

 という声も聞こえてきます。
 いいんですよ。そう思われてもいい。
 何をやっても、批判する人はいるんだから。
 
 自分がいいと思うやり方をつらぬこう。自分のやり方を、人にやれとは言わんよ。わたすは、わたすの道をゆく。
 かずんこ式練習法で、かずんこ式泳ぎを作って、かずんこ式に大会を楽しめばいいんじゃないでしょうか。

 
スポンサーサイト

(笑)(笑)(笑)
私もたった今フトンの上でストロークについて考えていたばかりです。水の中とは感覚が違いますが、どこに力を入れたらいいのかとか、どういう軌道がいいのかとか、あれやこれやフトンの上とか、全身鏡の前でとか、考えて、動かして、で、すごーく上達したつもりでプール行って、いつもと変わらない自分に幻滅したり、でも、たまに、明らかに感覚が変わって嬉しくて嬉しくて、でも、速くなってなかったり、その繰り返しですが、来週こそ半フリ大ベスト出る気がするんですよね〜(笑)明日も早よから横浜国際いってきま〜す(^-^)/

No title

しろえもさんに、勝手に親近感をもっているワタクシです。

しろさんは、あまり練習ができないのに、少ない練習で、着実に上達して速くなっているのは、考えているからだと思うの。

あっ、めざめた!と思ったら、あらららら。。。で。
でも、また、あっ、めざめた!があって、そんなんを繰り返しているうちに、ちょびっとずつ上達していく気がするのは、ただの気のせいかしら?

半フリ、大ベスト、近々出ると思いますよん!
また、かっこいいトニーのタッチ、決めてネ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

コメント、ありがとうございます。

少しでも参考になることがあったのでしたら、とっても嬉しいです。

課題はわたしもいろいろいっぱいあります。そのほうが開眼の楽しみがありますよね^^

No title

こんにちは。
かずんこさんがゆっくりされてるようでしたので、書き込みを控えていましたが、この前のコナミではお会い出来ず残念でした。

私も暇さえあれば考えます。
苦しい練習より、あれこれ考える方が数倍楽しくて、多分、泳ぐ事よりそのものより好きな気がします。(笑)

突然、「あ!」っと閃いて、やってみたら”い~じゃん!”な~んて事もありますが、私の場合、それは大体が自分の勘違いに気付いただけの事です。
気がついて思い返せば「いつも注意された事なのに~。」
思い込みってホントに恐ろしいです。(汗)

頭で理解しないと動けないのが大人だと思うのですが、
理解しても、そう簡単に動かせるようにならないのも大人。
結局、コツコツやるしかないのですね。

Re: No title

青子さん、お気遣い、ありがとうございます。

それほど深刻ではないですが、コナミの頃が、気分的に落ち込みマックスでした。
結果的に、今回は棄権してよかったかも、と思います。お金がもったいないけど。。。

私もよくずーーーっと間違った思い込みをしていて、そのために、できるはずのことができなかった、なーんてことがあります。
わざわざ、やりにくいことをしていた、とかね。気がついたら、なーんだ、そうだったの。コーチが「だから、僕がずっとそう言っていたでしょ」「そう言えば、そーですねー、たった今わかりましたぁ」そんな会話をよく交わします(大汗)

子供みたいに、感覚的にパッとつかんで、できちゃったら、いいんですけどねー。中高年は時間がかかりますよね。

森さんもそうだと思いますが、八尋コーチも、一つのやり方にはめこもうとせず、その人に合ったやり方を(ときには一緒に探す感じで)指導されるので助かります。

この間も、クラブの水泳教室で、平泳ぎのプルを教えているのを、横でちらっと見ていて、ああいうふうに教わったら、私は一生できないなぁーと思いました。
「横に開いて、すばやく掻き込んで、その勢いのまま前へ」というやり方で、間違ってないけど、力もいるし、人によっては結構難しい。教室では、70代の女性とかに、パドルをもたせて、そのプルをさせていましたが、横で見ていて、ちょっと気の毒な感じがしました。
森さんも、どの程度開くかは、人によって違うので、自分のやりやすい幅を探ってくださいっておっしゃってるでしょ。

画一的な指導をされたら、私なんか、永久に落ちこぼれのままだろうな、と思います。

選手のようなプルをマスターしようとしても無理なので、まず自分にできるプルを見つけて、そこからまた、もうちょっと推進力を上げるように、工夫を加えていけばいいんじゃないか。最近、そう思うようになりました。

バタフライだったら、最低限まず、疲れずに腕が回ってくれないと困るので、体の動きと同期して自然に腕を回すコツをつかみ、それができたら、泳ぎながら、掻き終わりの手のひらの向きを注意してみようとか、少しずつ改善できると思うんです。泳げてもいないのに、いきなり「しっかりキャッチして、しっかりプッシュして、大きな推進力を生む」プルなんて、できるわけないですよね。

なので、近頃は、4泳法とも、なるべく簡単で、力を使わずにすむ、自分に合ったプルでを考案して、リズムで泳ぐ、体全体がうまく連動する感じで泳ぐ。そして、泳ぎながら、改良を加える方針をとってます^^

No title

人間、時には休む事も大切ですよね。

数日前のスレッドを続けてしまってすみません。
でも、かずんこさんのお返事に大きく頷いてしまったのでー。
私は今も通うスポーツクラブで泳ぎの”いろは”を習ったのですが、教えられるままにいたら、やっぱり、一生平泳ぎは泳げなかったと思っています。
プルは「横に開いて、掻き込んで、肘を脇で締めてから素早く前に出す。」。
キックは「引きつけたら、かかとを曲げてつま先開き、押して閉じる。」と教えられ、真面目に言われた通り頑張ったのですが、紆余曲折の末に「これじゃ絶対泳げるようにならない!」と悟りました。
「じゃ、どうするの?」って事でそれからは苦心惨憺。
でも、最初に教えられた事って、無意識に”枷”になってる事あるんですよね。

森さんは平泳ぎのプルに関して、ノーブレの泳ぎが基本だとおっしゃいます。
「自分で開く幅を決めないで、自然に腕が動くのに任せなさい」と。
ノーブレで自然まかせて掻くと腕は勝手に開いて前に戻るんですよね。
それはかずんこさんがバタフライで言われた「体の動きと同期して自然に腕を回すコツ」というものかもしれません。

私は競泳の録画映像や森さんの水中動画を見るのが大好きで、いつもコマ送りボタンを押し続けてます。(笑)
テレビで放映される決勝に残る競泳選手レベルでは、動きに大差ない(小差で決まるんですもんね。)んだなと最近思って、森さんに話した事があります。
(マスターズの大会では同じ泳ぎとは思えない程に動きが違う事も・・・。)
確かにマスターズスイマーには、競泳選手のような動きは可動域の違いもあり、難しいと思うのですが、
同じ人間で”人体の動き”という点では共通と思ってみれば、プルのあの反復動作をずっと続けられるコツがあるんじゃないかと思って、今日もコマ送りボタンを押す私です。(笑)

Re: No title

青子さん、コメントありがとうございます。参考になります。

八尋コーチもよく、ノーブレでプル練習というか、自分に合ったプル探りをさせます。

でも、実は私、あんまりやってません。ノーブレで泳ぐと、足が水面に出ちゃって、ちぃとも進まないの。なので、キック練習のときも、スカーリングで毎回呼吸を入れるし、板キックはやりません。
でも、ノーブレのプル練習、やっぱやろう。

「自分で開く幅を決めないで、自然に腕が動くのに任せなさい」

これ、なるほどぉーと思いました。この間から、八尋コーチと平泳ぎのプルについてああじゃ、こうじゃと話し合っていたんですけど、そうか、八尋コーチもそういうことをおっしゃっていたんだと、腑に落ちました。

私、このくらい開いて、こうやって、ああやってと、頭で考えて決めようとしていた。。。
だから、コーチが「そうじゃない」と。「かずんこさんのやりたいことはわかるけど、実際はこういう動きになっている」「ひょえー、そんなことに! ほんじゃ、どうやればいいんですかー」「いや、どうやればというものはない」「だって、どうやればいいか、わからんから、教えてくんろや」

てな会話が繰り返され、昨日は最後に、コーチ(肘を骨折中)がプールサイドでストロークをやってみせるので、私が「だ、だめですよ。肘を動かしたら。やってみせないでいいですから」と言ったら、「大丈夫ですよ。今朝も平泳ぎを泳いできた。平泳ぎでは、まったく痛くないんです。なぜだと思いますか」「肘を動かしてない?」「そういうことです」「じゃ、どこを動かしているの」
それで、体幹(胸)を使ってストロークしていることがわかったんです。で、胸の使い方を真似して泳いだら、やっと○をもらえました(△くらいかな)

私は、どの泳ぎでも、つい、腕をどう動かしたらいいのか、プルの軌道はどういう形かって、気になっちゃうんです。クロールのプルってどうやってやるんですかぁ、って。でも、八尋コーチは、プルの軌道は、まず教えない。

どの泳ぎでも、「自然に腕が動くに任せなさい」ということなんでしょうねー。

体幹の柔らかい動き、めりはり(リズム/タイミング)、体全体のバランス、重心移動……大事なのは、そっちなんですよねー。

自分に合った、自然な良い泳ぎ、身につけたいです!!
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。