FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライ続きの続き

 これはバタフライにかぎらず
 基本の姿勢(わたすが、ししゃも姿勢と言っとるやつ)ができていれば、水中でも体が安定するので、手足の動作をコントロールしやすくなります。

 基本の姿勢は、人によって、しっくり来る表現が違うと思うけど、いろいろ言い方を変えれば
●頭頂部にヒモがついていて、空から引っ張り上げられるような感じ
●横隔膜をもちあげる
●肋骨と骨盤の間を広げる
●骨盤を立てる
●(尿意を我慢するように)骨盤底筋群をキュッと締める

 肩はいからせないでね。肩を下げてリラックス。お腹に力を入れて、お腹を引っ込めるのとは違います。お尻の筋肉をぎゅっと締めるわけでもない。
 アウターマッスルには力を入れません。
 リラックスして、自然に、すっと背筋を伸ばした良い姿勢。

 どんな運動でも、これが基本だと思う。水中では、この姿勢をとることで、体が安定して浮きます。

 これができたら、次の課題は、ストロークのめりはり(リズム/タイミング)だと、私は思うの。
 私はずっと、めりはりができていなかった。
 どうやら、アクセントは後ろ(掻き終わり)にあるようだ。そこが最大加速になる。
 なのに、私は掻き始めにガッと力を入れるから、肝心なところで減速してしまう。

 クロール、背泳ぎ、平泳ぎも、めりはりができていないと、無駄な力を使わずに速く泳ぐことはできない。

 でも、この3泳法は、めりはりができてなくても、マア、泳げる。無駄な力をいっぱい使えば、そこそこ速く泳げるし、バランスが崩れた、へんてこりん泳ぎでよければ、いくらでも長く泳げる。

 しかし、バタフライは、よほどユニークな泳法を編み出さないかぎり、めりはりができていないと(タイミング、リズムが合っていないと)、やたらと頑張らなければ、泳げません。

 ただし、ひとつの方法として、第一キックで深めに潜って、浮力を使って泳ぐ場合は、ストロークのめりはりができてなくても、浮上に合わせて一気に掻いちゃっても、大丈夫。潜水時間が長いことが気にならないなら、この泳法は楽だと思う。

 つまり、どんぶらこ泳ぎを採用するか、さもなくば、力任せで疲れる泳ぎをやり続けるか、はたまた、非常に変わった独自の両手両足同時/水上リカバリー泳ぎを作るか、

 さもなくば、めりはりを身につけることだ。

 わたす、そう思ったの。

 で、今日初めてですね、いつも陸上でエアスイムでやっているバタフライを、水中でそっくりそのまま再現してみました。初の試み。

 今まで、エアスイム(正式名称シャドースイム)をさんざんやってたのに、水中ではそれを再現しようと試みたことがなかった。

 そんな余裕はなかったの。バタフライではね。

 陸上でやっていることを水中で再現するのは、結構難しい。わたし、だいぶ自分のイメージしたことが水中でできるようになってきたけど、クロールだって、陸上でやってみたストロークを水中で同じようにやるのは、難しいよ。

 バタフライは、なにしろ、わりと最近まで自分の体がどうなっているかわかりましぇ〜ん状態でしたから、
 コントロールもへったくれもなかったの。ま、部分的に、意識して何かをやることはありましたが。

 ともあれ、ようやくエアスイムを水中で再現できる段階になった。そして、やってみた。

 めりはりが、できた!! 
 楽に泳げたさ。
 今日のところは、ノンブレスで12.5Mですが。顔が出るから、呼吸はやろうと思えばできるんだけど、まだその余裕はない。

 で、私のエアスイムはどんなものかと言いますとね、
 いーーーーち、にぃーーーいいで、リズムをとる。陸上ではキックの代わりに膝の曲げ伸ばしをします。

 いーーーーちは、ストレッチタイム。胸を気持ち良く広げます(腰は反らない) スーパーマンのようになります。
 にぃーーーいいで、腕を回すんだけど、
「にぃーーーいい」のうち、「にぃーーー」の間に、
 開いていた胸をすぼめ、手と膝を近づけるように、体が小さく縮こまるような感じで、肘を腰の横まで引いてきます。
「にぃーーーいい」の「いい」のとこ、ここがアクセント、ここがすばやくやるとこ、「にぃーーー」の間は、脱力よ、力使わないのよ、「いい」も力は使わないけど、「いい」ですばやく抜き上げると同時に、おまたをキュッと締めて、膝を伸ばします。

 つまりですね、「にぃーーーいい」のめりはり/緩急
 こいつができたら、楽にスムーズに泳げるってこと。

「に」のところで、力を入れちゃうから、すごく疲れる。腕力があれば、「にぃーーーいい」の全体に力を入れっぱなしでも、泳げることは泳げると思う。今日もプールで水泳部らしきお兄さんがそうやって泳いでいた。見た目カッコいいけど、やっぱ無駄な力を使っている泳ぎだ。わたしゃ、あのお兄さんのような力はないから、「にぃーーーいい」の全部に力を入れるわけにはいかない。

「いい」で、確実に、加速して、確実に、おまたキュッ!で膝が伸びないと、スムーズにラクにカッコよく泳ぐことはできませぬよ。

 これが、私のバタフライ研究の結論。

「にぃーーーいい」のめりはりを確実に体に染み込ませること。
 それしか、かずこが上手にバタフライを泳ぐ道はない。 もちろん、これが身についたら、キックのばらけも解消します。
スポンサーサイト
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。