FC2ブログ
   
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

付け足し

 第一キックを蹴り下ろしたときに、体全体が、股関節から折れて、への字になる。
 このとき、腰が最も高い。膝は伸びて、脚はきれいにまっすぐ伸びている。

 次に、上体を起こすと、お尻は沈み、股関節が伸びて、頭から膝までが一直線になり、自然と膝が曲がる。
 よって、抜き上げ時に、自然と第二キックが入る。

 以上が、ビッキーさんのラクラク&エレガントバタフライ。

 股関節からへの字に折れて、腰を上げることだけ意識すれば、かずこもできるよ^^/

 あとは、なーんも、余計なことをしない。力使わない。流れに任せるのみにすれば、誰でもできる。

 
スポンサーサイト

No title

ビッキーさんのラクラク&エレガントバタフライには、もう一つ秘訣があると思います。ものすごく肩が柔らかいのです。肩が水上にほんのちょっとしか出ていないのに、水を引きづらずにリカバリーできている。。。これだけ柔らかいと、楽だよな~、と思います。女性の場合だと、肩が完全に水没しているのに、楽々腕を戻せる方もいますね。うらやましいかぎりです。

フェルプスのバタフライの正面画像ってよく見ると思います。あれは完全に肩が水上に出ていますよね。ほんとうに対照的な泳ぎですね。

Re: No title

うみのいえさん

ビッキーさん、「ものすごく」って言うほど肩が柔らかいかなー。私、このくらい肩と背中が出たら十分だと思いますが。。。もしかして、わたすも割に肩が柔らかいのかしら。普通だと思うけど。

うみのいえさん、頭の後ろでストリームライン組んで、肩と首に隙間ができないように肩甲骨をしっかり持ち上げて、なおかつ、指先から足先まで、まっすぐになれますか? 私はできます。肩が柔らかいからなの?

男性では、頭の後ろでストリームラインを組むと、頭を腕に押しつけられず、うつむいてしまって、胸のあたりから前に屈んでしまう人がいますよね。
男性はそういう人が多いのかなあ。筋肉がじゃまにしてる??? 関節の可動域の問題??

ビッキーさんくらい肩が出たら、誰でも、問題なくリカバリーできると思ってましたが。。。

年配の女性で、体が完全に水没して、体を反った状態でリカバリーしている人をたまに見掛けます。
あれは、見た目はよろしくないけど、本人は楽なのかしら???

抜き上げ時は、ちょっと肩甲骨が寄ってもいいと思うんです。私は、あまり寄せないほうがいいと思ってるけど(腰が反り過ぎるから)、ちょっとくらいは寄ってもいい。

でも、手を前に戻す時は、背中を広げないと(胸をすぼめる)、不自然で、やりにくいと思いますが。。。背中が広がるから、自翼が横に広がるように感じになって、自然と上腕が前に運ばれるので。

それが、体が反るような格好になり、お腹も落ちた状態で、腕を戻していると、なんか無理がある形だなーと、私は思いますが、人によって、感覚が違うかもですねー。

かなりいっぱい肩が上がらないと、肩の硬い人は、回しにくい???

ちょっとだけ肩が上がって、(クロールもそうですけど)背中の上のほうが、水上に出ているポジションになれば、それが一番自然な形ではと、私は思いますけど、肩が硬い男性はまた事情が違うのかもですね。

関節の可動域によって、感覚、違いますねー。

うみのいえさん、付け足しです。

うちのクラブで、私とよく話をする男性で、筋トレマニアで、すごく筋肉隆々なためか、以前は、肩甲骨周りがまったく動かず、ストリームラインも組めなかった人がいます(40代半ば)

「肩甲骨周りをほぐすよう、TVを見ているときなども、肩甲骨から肩回しをするといいよ」と言ったら、

近頃では、びしっと選手並みのストリームラインが組めるようになりました。
クロール泳いでいるのを見ると、まだ硬いなーとは思うけど、だいぶいい感じで回せるようになってきた。

肩関節の可動域というより、肩甲骨周りが凝っちゃってることが問題かもです。よく動かして、ほぐすとよいかも。

No title

バタフライ習い始めたときに、肩を水上に出すのがリカバリーの基本と習いましたよ~。胸が閉じていると肩が出にくいので、しっかり胸を開けって。。たぶん、男の場合は、ビッキーさんの泳ぎは無理です。。
ビッキーさんの映像の男の人も、しっかり肩が出ていますね。ノーブレのときには、肩が沈んでいるみたいですが、呼吸するときは、完全に肩が出ています。

男女で柔軟性は全く違うので、マスターズ向けのガイドブックにも、その点の配慮が必要かもしれません。

私は、たぶん同年代では柔らかい方だと思います。もともとは硬かったのですが、水泳始めてストレッチに取り組み、かなり柔らかくなりました。立位の前屈では、手の平がぺったり床につきます。水泳始めた場なかりの頃は、指先が床につきませんでした >_<。
ストリームラインは、しっかり組んでも前かがみにはなりませんが、腰が少し壁から離れてしまいます。。。足・尻・腰・肩・頭・手先全部ぴったり壁につくようになったら、、、きっと速く泳げるようになりますよね。。がんばります。

Re: No title

うみのいえさん

私は、ビッキーさんの肩の出方と、スティーブン・ショーの肩の出方が、そんなに違うとは思いませんけど。

私が違うと思うのは、腰の高さ。もしくは、腰を高くキープしている時間の微妙な差かな。

基本的に、骨格の構造上自然な動きが、私はよろしいと思います。それについては、男女の違いはないのでは?

私は、ビッキーさんの楽な泳ぎの秘訣は、頭ー腰のシーソーを使って省エネを実現している点だと思います。
それは男女関係なく、採用できると思いますよ。

肩の出方が低いから、楽だとは思わいませぬが。
腰を沈めたら、頭(肩)は上がる。その程度に肩が上がれば、(肩が硬くても)腕は余裕で戻せる。

柔軟性よりも、男女で顕著に違うのは、筋力よ。従って、筋力頼みの泳ぎをしている男性コーチが、高齢女性を教える場合は、よく考える必要があります。もちろん、腰をうんと反ったり、肩をうんと後ろに引いたりできる女性コーチが、体の硬い男性にそれと同じことを求めるのも困りものですが。ていうか、そういう特殊な体の持ち主は、男性でもいるよ。フェルプスとか入江君とか。
ま、平均的に見たら、筋量が少ないぶん、女性のほうが関節の可動域が広い、ということは言えるかもですが。

いずれにせよ、究極は、骨格の構造上、自然な動き(理に叶った動き)に行き着くわけで、わたしはそこを求めていきたいと思います。

No title

ビッキーさんのリカバリーは、腕を跳ね上げることなく、脇を開いて前へ持ってくるだけなので(掌が水面向きで)、これなら肩が硬くてもできそうだなあと思って参考にさせてもらってますが、同じ映像を見てても、受け取り方が全然違うんですねえ

ところで、身体が柔らかい人は、かずんこさんは、ばんざい姿勢で腕と上体を一直線にして股関節を折って、どれくらい折れるものなんでしょうか?
気をつけ姿勢なら、最敬礼でも、それこそ直角でもいきますが、ばんざい姿勢では、せいぜい会釈くらいしか曲がりませんorz



Re: No title

金吉さん

> ビッキーさんのリカバリーは、腕を跳ね上げることなく、脇を開いて前へ持ってくるだけなので(掌が水面向きで)、これなら肩が硬くてもできそうだなあ

わたしもそう思います。かずんこ式「骨格の構造上自然な泳ぎ」セオリーでは、バタフライも、クロールも、鳥が翼を広げるようにリカバリーするのが、よろしいと思うんです。クロールは体が傾くので、肘が高い位置を通るため、重力で肘が曲がって腕が三角形になりますが、基本的には、バタフライと同じで、体の横を通します。

クロールも、バタフライも、肩を後ろに引いた形でリカバリーするのは、肩の故障の原因になるというのが、かずんこセオリーです。つまり、バタフライで、跳ね上げるようなリカバリーは、中高年向きではない、ということ。

ま、かずんこセオリーがどの程度当たっているかは、保証のかぎりではないですが。

バンザイで股関節を折って、どのくらい折れるかですが、わたしは腰椎のカーブがまっすぐになっているからか、腰をまっすぐにしたままだと、直角くらいですかね。それ以上深く折ろうとすると、背中がまるくなります。

しかし、ビッキーさんや、若い選手たちみたいに、腰椎が柔らかい人たちでも、バタフライを泳いでいるときは、せいぜい会釈程度にしか折っていませんよ。

前に書いたように、20度か15度くらい、折れたら十分です。それ以上深く折ると、頭が突っ込み過ぎてしまいます。
それと、今日、試してみましたが、わたしは自分の泳ぎをするときは、グライド時に手が高い位置にありますけど、肩が硬いつもりで、腕を下げて泳いでみたら、それでも、問題なく泳げました。

かずんこ式「骨格の構造上自然な泳ぎ」セオリーによれば、バタフライには、特別な柔軟性は要求されません。
肩がかなり硬い人でも、楽にきれいに泳げるはず。これについては、もう少し掘り下げて研究し、いずれ大々的に(?)世の中に発表したいと思います。って、マア、このブログに、まとめて書くくらいですけど。。。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。