04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だまされたと思って試してみなはれ

 話がごっちゃになるので、最初にことわっておきますが、

 このところわたしめが盛んに語っておるバタフライは、「フラットに、テンポよく、速く」泳ぐバタフライではござんせん。

 楽に、ゆったりと、優雅に泳ぐバタフライ。基本のバタフライ。

 それで、基本のバタフライには、

 柔軟性も
 パワーも

 いりまっしぇん!!! 男性でも女性でも、お年寄りでも、だいじょうぶ。

 必要なのは

●泳ぎのメカニズムを理解し、シーソーで進む体の使い方を体得する(これは難しくない)

●余計なことをしない。

●力まない(力んで水を掻かない、ムキになって蹴らない)

●潜水/浮上の流れに任せる。

 肩はちょっとだけ出ればいいです。出そうと思わなくても、勝手に出ます。

 肩が水没したリカバリーは(高齢女性にときどきいますが)、見た目も悪いし、わたしは不自然だと思っている。本人は楽だと思っているかもしれないけどね。クロールでも、本人が楽と感じているへんてこりん泳ぎはいろいろあるからね。人の泳ぎにケチはつけませんが、わたしゃ、そげなものは、めざさんよ。

 わたしがめざすのは、「骨格の構造上自然な、誰でもできる、ラクな泳ぎ」。さらに、プールサイドで見ている人も、「おおーっ、楽そうだなあー、優雅だなぁー、きれいだなー、なんて水と仲良しなんだ、あんなふうに泳ぎたい」と思うバタフライです。

 それはちっとも難しくない、というのが、かずんこの主張よ。

 ま、かずんこは、その泳ぎができかけてきた段階で、まだ200m泳いでませんが、その日は遠くない感じがしている。


 そのラクで優雅な泳ぎのカギは、Hips Up! であることに、あらためて気づいた。

 厳密に言えば、第一キックを振り下ろすときだね、このときに股関節を折る!! そうすれば、おケツが上がる!!!!!
 腰さえ上がれば、こっちのもん。あとは、余計なことをしなければ、なすがまま、本能のまま、体がしたいようにさせてあげれば、あーら、ラクチン!!!

 股関節を折って、骨盤が前傾した状態で(腰はまっすぐ!!)、上体を沈み込ませる。

 これが、ラクラクバタフライの秘訣やで!!!!!!(今日は、やたらと!が多いワタクシ)

 頭だけ突っ込んで潜っても、うまく行きませぬ。股関節を折ってのケツ上げ(どんどんお下品になるワタクシ)、骨盤を前傾させてのケツ上げが、バタフライのコツやで。

 いいですか、立った状態で、股関節を折って、お辞儀をすれば、骨盤は前傾する。
 ウエストから体を折り曲げれば(股関節は伸ばす)、骨盤は後傾する。
*深く体を倒す必要はないです。軽い会釈で十分よ。

 バタフライの沈み込みでは、骨盤を前傾させることが、非常に、非常に、重要です。シーソーをするためにな。

 男性は、腕力頼みで泳げちゃうので、水泳教室の人たちを見ていても、お尻が水面に出ている(ないしは、水面近くまで上がっている)人は、非常に少ない。
 お尻を上げずに泳ぐ人は、自力で体を持ち上げている=体力を消耗する。

 お尻を上げて、腰を伸ばして沈み込んで、シーソーを使えば、黙っていても、肩が出ます!!!! 肩が硬い人も余裕で腕を戻せる程度に、出ますっちゃ。

*うみのいえさん、横からの映像を撮ってもらって、シーソーを使えているかチェックしてみてください。頭と腰の位置関係に注目してね。とくに、第一キック後の腰の高さ。これが高くないと、バタフライは泳ぎにくよぉー、わたす、身をもって検証済み。イヤというほど経験しておりまする。

 人によっては、プルブイを挟んで泳げば、私が騒ぎまくっていることが、わかっていただけると思います。

 第一キック後に腰を高くして、沈み込むこと(意識としては、下に潜るというより、トコロテンで押されるように、前方に滑っていく感じでね)。
 これがすべてと言っても過言ではない。


追加:水面バサロも、股関節をちょっと意識すると、進みがいいようです。試してみてね^^

 

 



 
スポンサーサイト

ご指名に預かり、光栄です。肩を出す・出さない、またお会いする機会があったら、できればプールの中で議論しましょう。

ここのところ仕事が忙しくて、全然泳ぎに行けていません。プールシーズン到来なに。。。昨日ひさびさにプールにいけたので、陸の上の睡蓮で改造した平泳ぎキックを試してみました。これまで足の裏で押すイメージだったのを、くるぶしで押すイメージに変えたら、進みがよくなりました。

No title

うみのいえさん

はーい、機会がありましたら、ぜひプールで、あーでもない、こーでもない、やりましょう^^

くるぶしで押すって、マニアックですねー。
足の裏がしっかり突き出す形になったのかな。
なんにせよ、進みがよくなったのはいいですねぇー。

わたしは、ブレのキックは、蹴り終わりの骨盤底のキュッが決め手です。けど、それを意識したら、できても、プルに意識が行ってると、抜けちゃったりします。
いい感覚を得たら、次は無意識でもできるように定着させること。これまた、時間がかかります。。。

もとい。。。

足の裏が突き出す、じゃなくて、かかとが突き出すでした。。。

股関節

かずんこさん、試してみました~(^◇^)

治りきっていない足の捻挫でKickできるかな~??と、ちょっと怖かったけど、もう泳ぎたい!!禁断症状が出て^^;

ビート板使って、股関節から折り曲げると、骨盤前傾してお尻を突き出す、を意識してみたら、前より腰が痛くならずに、進んだ気がします!

うまく行く時と行かない時があって、まだ体得出来てないけど、
練習してみます!!

あ、プルブイも試してみますね~

いつも有益なヒントをありがとうございま~す(*^_^*)

Re: 股関節

kemoさん

足の捻挫の回復期にムリしないでくださしねー。

肘骨折の大コーチも(普段はとくに練習好きじゃないのに)、骨折で泳げないとなると、ムズムズするみたいで、片腕ブレストの名人になったり、バタフライの変わったリカバリーを発明したりしてるようですが。。。

プルブイスイムは、大コーチに、「プルブイでいい感触があったら、はずして泳いで、その感覚を再現するように。プルブイ頼みにならないよう、必ずスイムと組み合わせて、道具は上手に使いましょう」とおっしゃってました。

肩を後ろに引いて、腰が反っちゃうと、お腹が伸びて、へそ落ちしてしまうので、胸は開いても、肩甲骨は寄せず、股関節を折って骨盤を前傾させても、お腹を伸ばさないようにすると、いいんじゃないかと思います。

言葉で言うと、難しい感じがするけど、水中でやってみると、自然なグライド姿勢だなーと思います。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。