07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスン

 バタフライ、見てもらいました。

 コーチが「おぉー、すばらしい!」と腰抜かすかと思ったけど、それほどの感動はないようでした。

「股関節を折る意識なら、もっと折ってみたら」と言われて、掻き数少なめに、ゆーったり。

「問題なし」とのこと。

 前から、心身ともに調子がいいときは、力まずに、こういう泳ぎができていたんでしょうけど、

 基本のバタフライの体の使い方がハッキリ理解できたことで、
「まぐれでうまく行く」が、「いつでも、どこでも、普通に泳げる」になったと、自分では思う。
 バテちゃったり、緊張すると、また、へんなことになるかもだけど、クロールだって、泳ぎがへん、ていうときもあるからね。


 コーチにアドバイスされたこと

●入水と同時ではなく、入水後に第一キックを入れる。
 言われて、すぐに泳いでみたときは、股関節を折ることと、入水後にキックを打つことの二つを意識するのは、大変だぁーと思ったけど、
 そのあと、落ち着いてゆったり泳いでいるうちに、ゆったり泳いだら、自然と入水後のタイミングで入ることに気づいた。同時になってしまったら、入水後にもう一回入れたらいいと思う。

●できたら1/2呼吸にすると良いかも、とも言われました。
「毎回呼吸を入れると、僕らでも腰が上がりにくくなる」と。

 呼吸を入れても、確実に入水後のタイミングでキックを入れたら、腰が上がるかもですけどねー。たしかに、連続して、呼吸を入れていると、腰が十分上がらなくなる感じはある。

 それと、やはり、シーソーだけでなく、プルも補助に使って体を上げているようで、呼吸なしのストロークのほうが進みがよいと言われた。無意識に、顔が上がりやすい方向に掻いているみたい。
 
 私自身も1/2呼吸のほうが、より省エネ泳ぎになる感じはしている。
 ただ、100mを泳ぎ切ることが目標なら、ウーマンズは毎回呼吸してもいいと、コーチはおっしゃってました。どっちがラクかと言えば、1/2のほうが体力的にはラクだけど、呼吸のタイミングとしては毎回のほうが慣れている。

 今の段階では、何が何でも1/2呼吸にしなきゃ、と思わず、毎回呼吸でもいいから、この泳ぎを完全に体に染み込ませることが先決だと思う。無意識に、それこそ惰性で、このストロークが反復できるようになれば、呼吸の調整もそう難しくないはず。

 ちなみに、「この泳ぎ」というのは、股関節を折って、出っ尻姿勢で上体を押し込んでグライドしたら、上体を起こして腰を沈めて、股関節を伸ばす動作(言葉で説明すると難しそうだけど、出っ尻で会釈した状態から、ただ体を起こすだけ)に伴って、自然とプルができてしまう、というもの(水を掻く意識はゼロ、よって、腕が力まない)

 沈み込みを浅くして(深さは調整できる)、テンポを上げ、呼吸回数も抑えたら、かずんこなりのスプリントの泳ぎにもなる。
 平泳ぎは、わたし、どうしても、テンポを上げることができませんが、バタフライは、今の基本のバタフライでも、テンポを変えられます。いずれは、短距離中心に出るつもりなので、泳ぎもさらに進化させたいけど。


他の3泳法
平泳ぎ ウーマンズの100mは「呼吸時に斜め前の水面を見る」ことをテーマにしたらよい、と。みんなに置いていかれても気にしない。周りがいっさい見えない状態で、自分の泳ぎに集中する。

背泳ぎ 神マスの200mは、姿勢をテーマに気持ち良く泳ぐといい、と。ほんの少し腰を落とす舟底型姿勢を意識していますが、コーチもそれで◎とのことでした。

クロール 前回言われた「肘から抜く」。当面は、このワンポイントに絞って、練習する方針でよいとのこと。

 4泳法とも、今の調子で練習あるのみってとこかな。



 あと、わたしの中で気になっているのは、ターン。ターン動作そのものはできているけど、決定的に練習不足。

 続けて長く泳ぐ練習をする人は、ターンのたびに集中すれば、何回も練習できて上達するけど、わたし、基本的に25/50単位の練習ばっかりだし、たまに長く泳ぐときは、気を抜いて、だらだらで、ターンも集中してまひぇん。これでは、うまくなりようがない。。。

 とりあえずは、サクラの2個メで、ターンをちゃんと成功させたい。反対側の壁がコンクリで滑るんですけどねー。
 短水路2個メでは7回、それも、各種ターンがあるから、取り組み甲斐がありまする。

 まだ先だけど、ぼつぼつやっておかなきゃ。




 
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

間違えて 管理人だけに表示を許可する にチェックが入ったようです

Re: No title

やはりそうでしたか。rockyさんは、重要情報でもライバルに惜しみなく提供されるので、公開してもよい内容だろうな、と思いました。

ここに公開します。rockyさんから最初にいただいたコメント

第一キックのタイミング

>
> ドクター河合も書いてます 
>
> かずんこさんのブログに書きましたが 私もあのビデオの 第一キックのタイミングを見て 上手いなあ!!と思ったのですよ
>
> 同時に打ってしまえば スピードは半減してしまうような気がします


 わたしも今日、レッスンを受けて、そこがミソだと体感しました。

 たしかに、入水後にキックを入れないと、腰もしっかり上がらないし、トコロテン式に押されてスーッと進む感覚も得られません。
 このときの推進力は、スピードを出すためだけでなく、楽に泳ぐ上でも、非常に重要だと感じました。

 大コーチは、わたしの3キックフライがいいと、一貫して言ってこられたのですが(実際、前半3キックで泳いだ100mは比較的スムーズで練習ベストでした)、それも、入水後の段階でキックが入るからじゃないかと思いました。

 2キックのときも、入水してからキック、というタイミングを意識しようと思います。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。