07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見逃しやすいポイント

 昨日コーチに聞いて、へぇーと思った話ですけど、

 コーチは肘を骨折して、肘が回せない状態です。
 でも、泳いで見本を見せたりしていて、その中で、いろいろ発見があるそうです。

 バタフライは、肘が固定されていると、リカバリーがとてもやりにくい、いわゆるクワガタみたいになることに気づいた、と。
 コーチは、肘を動かさなくても、リカバリーできる方法を編み出したそうですが。水からほぼ垂直に(?)引き抜いて(引き上げるようにして)、そのまま前へ戻すというもの。

 わたしがよく言う、翼を広げるようなリカバリー。自然で、簡単なんですけど、この動作でも、たしかに前腕を回しています。手を抜き上げたら、前腕を回して、手のひらを水面に向けて、翼を広げる。
 前腕を回さず、手の甲が水面を向いたままだと、非常にやりにくい。肩がキツいし、水面に手を引きずってしまう。手が水上に出た時点で、手のひらを水面に向けると、非常に低い位置でも、水が引っ掛からずにスムーズに戻せます(ビッキーさんのリカバリー。肩の柔軟性は必要なし)。

 どうってことない動作が、うまくできない人は、何か小さなことで、違う体の使い方をしている場合があります。
 簡単な動作にも、肘の向きを変えるなど、ちょっとしたポイントがあって、たまたま、それができていないと、すごくやりにくくて苦戦する。

「あっ、この人は、肘の向きをちょっと変えれば、ラクなリカバリーができる」と見抜くのが名コーチなんでしょうけど、
 大コーチは「僕もわかっていないことがあります」とおっしゃっていました。

 何か困っていることがある場合、コーチと一緒に徹底的に体の使い方を研究すれば、解決策が見つかるかもです。

 
 

 
スポンサーサイト

No title

なかなか股関節が折れませんねえ
陸上では会釈程度ならできても、それは足で地面を押しているからで、支えのない水中では駄目ですねorz

夏休みに入ると子供さんの教室が始まって、泳ぐ時間が取りにくくなるので、その間、ストレッチに専念してみます

Re: No title

金吉さん

わたし、水中のほうが、やりやすい感じがしますが。。。

もしかしたら、金吉さん、難しく考え過ぎかもです。第一キックを振り下ろすとともに、カンチョーしてちょ、みたいにお尻を突き出すと、上体が前に(&斜め下に)押し出されるーーそう高度な技ではないです。

深く沈み込んで、腰をしっかり上げるには、顎をしっかりと引きつけます。最初は、深めに沈み込んだほうがわかりやすいと思います。顎の引きつけ加減(視線の下げ加減)で、沈み込む深さを調整できます。

夏場に泳げない時のストレッチですが、

壁に向かって犯人姿勢のストレッチは、やったほうがいいと思います。

あとはキャットバック。http://www.youtube.com/watch?v=sYa2CqDqyVw
この動画は、腰椎から頸椎まで、背骨を1個ずつ起こしていくようにやってます。

バタフライには、こんなに柔らかな、ネコ科の動物みたいな動きが求められるわけではないですが、このエクササイズは、スイマーは陸トレにとりいれて損はないです。
Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。