FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バタフライは力いりまひぇん

 水に浮いた状態から(床や壁を蹴らない)、股関節を折ることを意識して、キックを打つと、
 わたしでも、6メートルちょい、前に滑っていきます。

 てことは、25m4掻きで行けちゃう?
 
 実際にはそうは行きませぬが、入水後のタイミングで、股関節を折って第一キックを入れるようにすると、グライドでスーッと滑っていき、掻き数が減らせる感じはあります。

 滑ってから、ゆるゆるゆると、力を入れずに肘を引く。
 らくに、顔も肩も出て、呼吸もリカバリーも、ストレスフリー。

 体の飛び出しにプルを使う意識はゼロでいい。
 基本的にシーソーのみで、体は十分飛び出す。
 ゆるゆるの掻きは、前に進むためにのみ使う。
 ゆるゆる引いてきても、勝手に加速してくれるので、自分の意識としては、やる気なさそーうに、てきとーに、肘を引けばいいです。

 グライド時は、胸を開き、肘を引くときに力を抜いて胸をすぼめる(胸をすぼめることで、肘が勝手に体側に近づいてくる)
 手を水上に抜き上げるときは、再び胸を開きますが、勝手に開くので、ここでは開く意識はもたないほうがいいかも(腰が反り過ぎるとよろしくないから)
 手が出たら、手のひらを水面に向けて、翼を広げるように前に戻す(このとき、胸はすぼまり、背中が広がる)、入水後にキックを入れると骨盤が前傾し、滑りながら、徐々に胸が開いていく。
 
 背中(胸)の動きと、頭(視線)が自然に連動します。胸椎/腰椎の動きに、頸椎が連動する、もしくは、頸椎の動きに胸椎/腰椎の動きが連動する。

 この一連の体の使い方は、どっこも難しくないです。
 腰が曲がってしまった人や、脊椎の一部に損傷があって神経が断たれている場合は、別途、何らかの工夫/発明が必要だと思いますが(その場合、新泳法発明王の大コーチにご相談ください)
 そうでない人は、柔軟性/筋力は関係なく、誰でもできます。
 力みと緊張がなければ、バタフライはすんごくラクな泳ぎです。

 わたし、すぐ力んじゃうから、まだ延々と反復できないけど、今まで思っていたよりもはるか楽に、感動的に進む感覚は体感しています。

 速い人は、このラクラク感が基礎にあるんだと思う。ゆったり泳いだ時に、こんだけラクなら、スピードも上げられるよねー、と思う。

 ものすごく疲れるのに、もたもたして、ちっとも進まないって、そりゃ、何かが間違っているんだよね。

 バタフライを練習していて、逆に、自分のクロール/背泳ぎは、まだまだ無駄に力を使っているなーと痛感する今日この頃です。

 バタフライのプルが、こんだけ力を抜いても、進むんだから、クロール/背泳ぎももっと力を使わずにスィーと進むんじゃないの?

 そう考えて、プールに行きました。

 今日のところは、
 クロールは、いつも気になっている右呼吸。左の呼吸のほうがストレスフリーですが、右のほうが慣れてるから、つい右で呼吸しちゃう。
 でも、左に比べて、右の呼吸を入れると、ストロークが乱れる感じがいつも気になっている。ここしばらく、タイミングを後ろにずらそうとしていたんだけど、それではうまく行かず、今日は頭のてっぺんを水に突っ込む意識で、低く呼吸してみたら、違和感が消えた!!
 口に水が入っちゃったりするけど、低く呼吸したほうがいい。ストレスがない。ストロークの乱れが気にならなくなる。千葉の2フリに向けて、自信がついた。もう大丈夫。

 背泳ぎは、やっぱり右のプルが気になるので、右の入水位置を外に、掻き始める位置を下に(頭の上から掻き始めている感じがあるので、肩のラインくらいから掻き始めるように)してみた。
 まだ、自分の求めている、リズミカルな、軽やかな背泳ぎにはなってないけど、ちょっと良くなったかな。

 ブレストは、いつもコーチがおっしゃっている「重心がどう移動するか」ということが、今日初めて体の感覚でちょっとわかった気がした。低いけど、体が少し前に飛び出す感覚があった。今まで、ブレストでは、体が前に出ていく感覚がなかったから、「重心がどう移動するか」と言われても、わかったような、わからないよーな、頭ではわかるけど、体感ではわからん、みたいな感じでした。

 ちょっと、わかったよ。

 なんだか、とっても嬉しい!!

 
 
 

 
スポンサーサイト

力が抜ける

力が抜けてからが本当の泳ぎにつながるような気がしますね

伸びしろがドンドン出てきます 、楽しんでバージョンアップしましょう

Re: 力が抜ける

rockyさん

> 力が抜けてからが本当の泳ぎにつながるような気がしますね

そうですねー。

私は今まで、バタフライのいわゆる「どんぶらこ泳ぎ」は、頭から突っ込むものだと思い込んでいました。
頭から突っ込んでいって、潜って、切り返して浮き上がり、浮上に合わせて、腕を回すのが、「どんぶらこ」だと。

でも、最近気づいたのは、普通のバタフライも、どんぶらこも、同じじゃないか、ということ。

頭から突っ込む、というより、骨盤を前傾させることで、腰を上げる。それによるシーソー(沈み込み/浮上)を使う。沈み込んだ上体が浮いてくる浮力(とくに空気の入った肺をムリヤリ水中に押し込んで、それが反動で浮いてくる力)を利用していますね。

頭を下げて、斜め下に深く潜れば、間延びして、お休み時間が長くなる(ただし、全身が水没するので、日本選手権などの競泳の公式試合では泳法違反になる。マスターズではok)

視線をあまり下げずに、沈み込みを浅くすれば、フラットなスイムになり、テンポを上げられる。

最新型の「究極のフラットバタフライ」はまた違うのかもしれませんが(たぶん、第一キックで股関節をさほど折らない、お尻を上げないのでしょう)

バタフライは、正しくシーソーを使ってやれば、一般に思われているよりも、はるかにラクな泳ぎですね。

肝心カナメのシーソーの動きを、「うねり」などと言うので、わかりにくい。

もちろん、ただ直線的にギッタンバッコンするのではなく、頸椎/胸椎/腰椎に動きが伝わっていき、背骨がカーブして動きますが、基本は、頭ー腰のシーソーです。頭の突っ込みで潜るのではなく、骨盤の前傾をきっかけとして、上体を押し込んでやる。腰上げがきっかけで、腰椎から胸椎、頸椎へと動きが伝わり(犯人姿勢になる)、沈み込み/浮上の一連の流れが生まれます。

たしかに、背骨は波のようなカーブを描くので、「うねり」と言いたくなるのは、わかるんですけど、
この表現が、「バタフライは難しい、柔軟性が要求される」という誤解のもとになっていると思います。

さらに、体が水上に飛び出すときの動きが、非常にパワフルに見えるので、「バタフライはパワーが必要だ」という誤解も生んでいる。

「自力で飛び出しているわけじゃないよ!!」と、私は世界中に叫んでまわりたいです。勝手に飛び出すんですよ、と。
体の持ち上げに力を使ったら、バタフライは、ものすごく疲れる泳ぎになってしまう。
何もたくさん持ち上げる必要はない。肩がちょっと出ればいい。その程度なら、シーソーの原理で、勝手に出るんですね。

ゆったり泳ぐぶんには、バタフライはとても、とてもラクな泳ぎであると、バタフライヤーたちが言っていることが、ようやく体感できるようになりました。

これで、わたすも、バタフライヤーのはしくれ? いえ、いえ、まだです。

バタフライ1年生に晴れて進級。これからです^^

他の泳ぎも、無駄に力んで何とか泳げているうちは、まだまだですね。
少しずつバージョンアップしていきたいです!!

Secret

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。