09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍さん情報

 蛍さん情報で、久々にTIのヨッシーコーチのブログをのぞいてみました。

 http://blog.goo.ne.jp/yappaumihaiiyone

 気をつけ個メキック

 この練習、すごくいいと思う。

 キックの練習というより、重心移動の練習として。

 わたし、この中で一番得意なのは、気をつけバタフライ。ヨッシーさんの説明も体の感覚でよくわかる。
 微妙かつ、丁寧、適切な説明は、地道にずっと取り組んできた人で、非常にうまくできる人ならではのもの。凄い!

 あとの3泳法にもトライしてみたいです。

 練習の中にとりいれる価値、大あり。

 蛍さん、ありがとね^^

*クロールは一時期やってた気をつけローリングキックドリルで、もっと体幹を柔らかく使う感じにすればいいのよね。焼き鳥回転じゃなく、気をつけでも、肩甲骨をちゃんと前に出して、胴体を使って重心移動する。背泳ぎもそうだね。この二つはできそうな気がする。
 難関はブレストだな。




頭の整理

 漠然とわかっているよーな、わかってないよーなだったことが、ハッキリわかった。

 バタフライは
(1)水中で大きくうねって進む泳法と
(2)水面近くの浅いところで、うねって進む泳法がある。

 (1)と(2)では第二キックのタイミングが違う。ちなみに、(1)は体が完全に水没する瞬間があるので、マスターズではOKですが、公式試合では泳法違反になります。
(1)もできるに越したことはないし、ドリルとしてやる価値あり。
(1)では、おへそをのぞきこんで、斜め下に潜る(このときは胸は開きません)
 前を見て、胸を開きながら浮上し、脚をぴしっと振り下ろす(膝を曲げない。キックするというより、振り下ろす。浮いた脚は自然に下りてくるので、ラストに足の甲で水を押さえつける感じ)
 飛び出しに合わせて、ぐるんと腕を回し、胸を開いて呼吸。

(2)は、沈み込むけど、斜め下に向かわず、すぐに胸を開いて前に滑っていく。
 滑ったらクロールの感覚で、すんなり肘を引いて(前のほうで肘を曲げちゃだめ。肘を伸ばしたまま引いてきて、腰の横あたりで肘を張り出して、曲げる。腰の横でアンカーをかける)、肘を引き切ったら(=アンカーをかけたら)、胸を開く。
*手がまだ前のほうにあるときに、胸を開いたら自滅します。必ず、肘を引き切ってから胸を開く。第二キックを打つ意識はいらない。胸を開く時(=フィニッシュ時)に勝手に入る。
 ただし、振り下ろしたときに、おまたをキュッと締める意識はもちましょう。飛び出し時に、お尻のお肉を内側に引き絞る。胸を開いて、おまたキュッ!よ。

 この通りにやったら、百発百中、ラクに体が飛び出して、呼吸/抜き上げがチョー余裕……というか勝手にできちゃいます。

(1)も(2)も、腕は終始リラックスしていること。スムーズに泳ぐためには力んで掻く必要はない(脱力したストロークが身についてから、速く泳ぐために、要所で力を使う練習をすべし。腕力頼みの泳ぎしかできないなら、泳げてないってことよ)

 以上は、5年8カ月にわたるワタクシの体を張った研究の成果。考えては、水中で試し、試しては考え、来る日も来る日も、取り憑かれたようにバタフライと格闘してきた。まだ終わりではない。格闘(研究)は続く。。。

 聞きかじりの生半可な知識とは違いまっせ。そこんとこ誤解しないでね。よろしくっ。



付け足し

 胸の横で、肘を立てるのは、ブレストだけだね。

 ブレストは、胸を開いたら、前腕を水面と垂直に垂らしてやって、一気に胸をすぼめて、上腕が胸につくくらい、脇を締めると、わたしがやっても、グンと進む。

 最近、プルでも進むようになった。胸を開いて、すぼめるようにしたら、ラクに力強い掻き込みができるようになったし、
 手先が合うまでは、脚を伸ばしたままにすることを意識したら、プルでちゃんと進むようになった。
 今まで、足の引きつけでブレーキをかけていたのね。

 本当は、手が完全に前に戻ってから蹴るようなタイミングにしたいけど、今はまだそれはできていない。手先が合うまで引きつけを待つのが精一杯。わたし、足の引きつけ動作をぴゃっと素早くやる癖があるから、理想のタイミングにできないのかも。なんにしても、ぴゃっとやっちゃう癖がある。リカバリーもぴゃっ。

 肘を寝かして、まあるく掻いても、あまり進みませんよ。
 胸を開いたときに、胸の横というか、肩の横くらいで、肘を直角に曲げる感じにすると、よく進む。

 そこから、フィニッシュなしでも、キャッチだけでも進むじゃないか、という発想が出てきたのかもね。

 でも、フィニッシュがある泳ぎ(クロール、バタフライ、バック)では、胸の横で肘を立てなくても、すんなり肘を引いて、腰の横で肘を曲げる感じで、ラクに進むよ。どっちがどうか、筋力や用途によるんじゃないかな。

お試し三昧

 今日はいろんなお試しをしました。

 最近の重大発見ですが、

 結局のところ、わたしは、胸のあたりで、肘を曲げて、肘を固定する癖が、すべてに祟っていたのだと、気づきました。

 クロールは、そのために、フィニッシュがうまくできず、
 バタフライにいたっては、そのために、大変な苦労をしていた。

 すんなり肘を引いて、脇を締めればいい。

 脇をぐうっと広げて、脇を締める。
 
 脇を広げたら、肘が落ちることはない。

 脇を広げて、バランスボールを抱え込むようにして、体を前に出しながら、脇を締めて、バランスボールを後ろに送り出せばいいんじゃないか。

 ハイエルボーキャッチって、実はそういうことじゃないの?

 これなら、わたしにもできるさ、と思って、今日試してみました。いい感じだった。
 ただ、ダッシュでできるかは大いに疑問。

 それと、今日は、練習の終わり頃は、バテちゃったのか、バランスボールを抱え込めなくなった。慣れてないせいか、疲れる動作なのかはまだわからん。

 あと、背泳ぎでも同じイメージを試してみたけど、背泳ぎは、いいのかどうか、まだよくわからなかった。
 
 バタフライでは、バランスボールを抱え込む意識はもたなかったけど、
 脇をぐうっと広げて、脇を締めるっていう動作は、クロールと同じだと気づいた。

 結局、わたしがバタフライで、ボディドルフィンはできているのに(腕がなければラクに呼吸ができるのに)、腕回しとシーソーが同期せず、苦労してきたのは、
 クロールの癖で、胸のあたりで肘を曲げて、そのままの形で押すように、水を掻く意識が強すぎたからだと思う。コーチにはそう教わったわけじゃないのに、なぜか潜在意識にそういうイメージが刷り込まれていた。

 肘を張り出したほうが掻きやすいかも。
 ただ、張り出すのは、体の前のほうでなくて、腰の横あたりで肘を曲げ、肘を張り出すイメージをもつといいかも。
 肘を伸ばしたまま引いてきて、腰の横くらいで肘が曲がって、肘を張り出して、胸を開いてハの字。

 クロールもバタフライも、そして、たぶんバックも、体の前のほうで肘を曲げるイメージがあると、しかもそこで力んじゃうと、効率的な掻き方ができない。

 腰の横くらいで、アンカーかけるイメージがよろしい。

 そうすると、ラクで、よく進む。

 バタフライは、わたしが今練習中のゆったり泳ぎは、キックもプルも、とくに力を使いません。

 第一キックで、前にグライドして、肘を引き切ってから、しっかりと胸を開き、飛び出し時に、しっかりとお尻を締める(おまたキュッ)

 伸びてゆったりと泳ぐんだけど、潜っていかないで、前に滑っていく。

 それでですね、
 シーソーの角度が大きい(うねりが大きい)泳ぎは、かずんこ式楽々フライとは、タイミングが違うことに気づきました。
 おへそをのぞきこむようにして、深く潜って、斜めに上に向かって浮上するような泳ぎの場合は、掻く直前に、脚を振り下ろすと、ちょうど飛び出しに合わせて腕を回せる。
 フィニッシュ時ではなく、掻き始め、もしくは、掻く前に、第二キックを入れる感じ(あまり膝を曲げず、振り下ろす)

 この泳ぎの場合は、水中で、潜って浮上するときに進むので、プルは、呼吸して、腕を回すだけです。
 これは、これでラクな泳ぎ方ですが、わたしは体型的に潜水は不向きらしく、あまり好きじゃない。

 わたしの楽々バッタは、沈み込むと言っても、頭を下げて斜め下に潜っていかないので、
 第一キック後のグライドと、プルのフィニッシュで胸で水面を滑るように進むのと、2段階で進む。
 水中で斜め下から斜め上に進むのではなく、沈み込み時にまっすぐ前、飛び出し時にまっすぐ前に進む。
(こっちは、第二キックは、フィニッシュ時に入ります)

 フィニッシュでの進みは、呼吸を入れると、若干少なくなる。できたら1/2呼吸のほうがいいかも。毎回呼吸するなら、グライド時にしっかり進むこと。

 この楽々フライは、スプリントのフライにもつながると思います。

 この泳ぎ方で、ゆったり泳ぐ練習をすれば
●(角度の浅い)シーソーの動きを体で覚えられる
●力まないストロークを習慣づけられる
●アップキックで、しっかりと膝の裏側を伸ばす習慣がつく
●グライド時と飛び出し時に美しい姿勢をとる習慣がつく
●胸の開き/すぼめを使った、やわらかいストロークが身につく

 たぶん、この泳ぎを土台にして、キックを強く入れる意識をもてば、スピードアップできると思う。
 さらに、力まないストロークが身についたら、次の段階として、上手に力を使ったストロークでも推進力アップが可能になる。




 

体で覚えるということ

 近頃、壁蹴って出るのが、うまくなったとわれながら思う(傍から見たら、どうかわかんないけど)
 下向きでスタートするときは、潜る前に上体を上げて勢いをつけるようになったし、
 バックのときは、片手は水中で、もう一方の手を壁から離したら、頭の後ろで構えて、胸を張って、骨盤を前傾させて、壁を蹴るようになった。

 これは、別に意識してそうしているわけじゃなくて、何回も何回もやっているうちに、ふと気づいたら、そういうふうにやってる自分がいた。
 われながら、壁蹴りだけは、プロっぽいじゃんって思った。

 ただし、下向きスタートは、うまくできるのは床に足がつくプール限定。スカーリングで待ってて、壁を蹴る技はできないです(恥)

 壁蹴ってからのストリームライン姿勢はいつも意識しているけど、壁を蹴るときの態勢はとくに意識していなかったのに、いつのまにかプロっぽくなってた。

 ってことは、泳ぎも、考えて、意識して、作っていくんじゃなくて、魚になるほど泳げば、自然と体で良い泳ぎを覚えるものなのかもしれないね。わたしは、体の使い方を徹底的に考えるんですけど、案外、考えることがじゃまになっているかもと、ふと思った今日この頃。

 一筋縄ではいきませんねー。

 わたし、水泳始めて10年以上だけど、体が自然と覚えたのは、もしかして壁蹴りだけ?
 壁蹴り10年?

 気が遠くなる(- -;)

 魚になるほど泳ぐことと、考えて意識して、体の使い方を改善すること。そのどっちも必要なんだろーねー。

 近道はありませぬ。

 クロールは、kemoさんが書いてくださったように、
 脇腹を伸ばし、脇を広げて、水を抱え込むようにしてから、脇を締めるといいかも、と思いました。
 バックも同じかも。

 バタフライは、わたしとしては、とにかく、腕回しに余裕があれば、もう文句なしなんだけど、
 余裕がないときって、やっぱ下半身がお留守になっているみたいだ。掻き方を考え過ぎていると、慌ただしくなりがち。
 今日のわたしの感覚では、掻く前に足先でちょっと踏ん張ると、余裕が生まれるようでしたが、このあたりはもうちょっと研究してみます。
 掻きが慌ただしくなっても、最近は水が重くて大変ですってことはなくなり、慌てながらも泳げるんだけど、できれば、余裕のよっちゃんで行きたいです。

 神マスで、200mの背泳ぎに出るので(ゆったり完泳が目標よ)、近頃はターン練習も兼ねて、背泳ぎを200〜300mくらい、自分の泳ぎを観察して、いろいろ変えてみたりしながら、泳いでいる。
 ターンは、毎回クィックターンではなく、ひっくり返ってからのタッチターンをすることも多い。「最低3回はクイックターンを入れようね」をノルマにしている。レベル低いですけど、自分の力に合わせて、やってます。

 それでね、ラスト25mは、いつも上げることにしているの。
 それまでずっと、TI方式で、水しぶきを上げず、力まず、きれいに気持ち良く、プチ調整をしながら泳いでいて、ラストに、テンポをちょっとだけ上げて、パワーも使うと(タイムは見てないけど)、体感では、グングン進む感じで、気持ちいいです。

 わたしがやりたいのは、これだよねーって思う。
 つまり、らくーに、ゆったり、きれいに、泳ぎの調整をしながら、黙々と泳いで、その延長で、いい感じになってきたら、テンポを上げ、パワーも使って、
 それで速く泳げたら、気分は最高なんだよね。ま、実際は、大したタイムじゃないだろうけど。

 こういう練習が、バタフライでもできるようになったら、嬉しいなー。バッタは続けて泳がなくてもいいけど、ゆったりの25Mを何本か、調整しながら泳いで、いい感じになったら、飛ばしてみる。

 そんな感じの練習ができるようになったら、いーなー。



 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。